比べる…

テーマ:



おはようございます

飽きもせず、毎日の朝陽を楽しんでいる陽だまりです

最近、大量の執筆作業のため、ブログの更新まで手が回りません
手が回らないというか、気が回らないというか…


時折、

「最近、ブログの更新されていませんが、お元気ですか?」

とご心配いただきますが、

そこは陽だまり。おかげさまで元氣にドタバタしております



もうイベントや執筆、打ち合わせやカウンセリングですでにお盆まで予定がビッシリ

それも全て自分のやりたいことのみ

ってどんだけ幸せ

な~んて思うとき、やはり私に関わって下さるたくさんの方に感謝の気持ちでいっぱいになります




さて…お題の

「比べる」


ダイエットする時でも、誰かと比べて

「自分がデブだから、痩せなきゃ

んでもって

「痩せたら、自分にもっと自信が持てると思うんです。」



子育てしていても、誰かと比べて

「私は親としてちゃんと出来ていないんです。」

んでもって

「私がもっとちゃんとできたら、この子も…」



それ、なんか違うと思う。


痩せたら痩せたで、また誰かと比べてメイクが下手だの、髪の質がどうだの…って言うでしょ

親として理想の子育てをやったら、やったで、疲れるだの、精神的に…って言うでしょ




もうさ…

誰かと比べるのやめたら、すっごく楽しくなるって気がつこうよ。

太っていることを推奨するワケじゃないけどさ…

年中ダイエットダイエットって辛そうな顔してるよりも、ちゃんとした知識をつけて色んなことを楽しむって決めた方がいいと思う。


子育てだって、どんなママでも子どもにとっては無条件で愛おしいママなの。
絶対、必要な存在なの。


SNSとかで、身ぎれいにしてきれいで美味しそうな食事をアップしているママと自分を比べて凹む必要ある

子どもはそんなことで凹んだママよりも、不器用でもオシャレじゃなくても笑顔いっぱいのママの方が好きだと思わないかな

どんなママでも子どもにとっては、かけがえのない存在だって気がつこうよ。

「これじゃダメ

って思うとすっごく息苦しくなる。

でもさ…

そう感じたら

「もっとこの子と一緒に笑顔で過ごせる時間を増やすためには、どうしたらいいかな

って考えた方が楽しくないかな。


1歳の子どものママはママ歴1年の新人さんなわけ。
入社1年目の新入社員にいきなり、完璧な仕事求めないでしょ

「育児は“育自”」っていつも言うけど、子どもと一緒に成長すれば他の誰とも比べる必要もないと思う。



体形も子育ても…

どうしても何かと比べたくなったら、他の誰かじゃなくて、3か月前、半年前、一年前の自分と比べてみたら、ちょっと優しく自分を認めてあげることが出来るんじゃないかな





比べると言えば…

このところ執筆作業が大幅に増えたおかげで、間もなく始まるアホみたいにドッタバタの毎日への体力が心配になった陽だまり。

そこでちょっと本気でトレーニング再開

…と言っても、これまでみたいに筋トレをガッツリやったら

「俺、嫁の腹が仮面ライダーみたい!とか言いたくない

って熊さんがクレームつけるから、ちょっとやり方考えてみた。


朝、熊さんを送り出してから、とりあえず90分ほど執筆作業。

それから、猫のトイレ掃除から洗濯しながら部屋の掃除。
掃除機かける時に大きく体を動かすことで、ストレッチになる

でもって、ごくごく軽めの筋トレをちょぴっとしてからの縄跳び

からのシャワー


最近このルーティンがお気に入り


食事も引きこもりの執筆作業で家から出ない日は、そんなに食べる必要もない。
でも料理は作るのも食べるのも好き

…で気が付いた

食べることを楽しむ=空腹が苦痛ではない

ということ。

食べることを楽しむように、空腹も楽しんでしまえ


最近、空腹感が気持ちよくなってきた(≧◇≦)



そんなことをしていたら、あっという間に体脂肪3%減体重も2㎏減


私が痩せるといつも熊さんは、ジンを引き合いに出す



実は陽だまり、肋骨の厚みがあるため痩せると肋骨のある部分とない部分の差が激しいのです

それでいつも痩せると

「ジンより骨が出ちょう」って(-.-)

比較対象が犬ってどうよ



そんな陽だまりですが、昨日は珍しく(本当に年に2~3回程度)ラーメンが食べたくなって
夕食は筑豊ラーメンの【山小屋】へ連れて行ってもらいました






お店に向かう途中、原付が右折のため私たちの車の前を横切ると

熊さん 「おっ!あれは俺ら世代の乗り方やね

私 「ん 何が違うと

熊さん 「勢いが違う 俺ら世代は『車やら前に行かすっかって乗り方やきね~」

私 「そうなん 私のイメージは『アンタ、どんだけ股関節柔らかいん』ってくらい足を
開いて乗るイメージやけど…」

熊さん 「あれは危ない

私 「ん なし(なんで)

熊さん 「すり抜けする時、電柱で思いっきり膝を打つき


思わず、熊さんが大股開きで原付に乗って、車と電柱の間をすり抜け、思いっきり膝を電柱にぶつける姿を想像して大爆笑


なんかツボにハマってしまい、お店につくまで笑い続けていました(≧◇≦)



まぁそんなこんなで笑いの絶えない毎日。
仕事も充実した毎日に感謝感謝の私「陽だまり」でしたぁ。。。

AD