最近友人とはまっている神保町にある居酒屋“酔の助”です。何が良いって安くて美味しいこと。日本酒も結構いろいろ揃っているのも◎。しかし、ここは安くて美味しい店の常で、早めの時間に行かないと入れない。早い時間から、良い感じに赤ら顔の年配男性客が多いのは、周辺の会社のサラリーマンOBとかが来ているのじゃないかな…と私は密かに思っているのですが…。


L'art de Vivre-ロールおにぎり2
 ま、そんな私の思い込みはさておき、今夜もいろいろ頼みながら日本酒を2、3杯飲み、そろそろ焼酎に行こうか…とメニューを見ていたら、??? 「サンマのげんこつロールおにぎり」ですと。限定10食、時間は30分ぐらいかかる…。何だろう、これ…。ま、とにかくオーダーしてみよう。


L'art de Vivre-ロールおにぎり1
 で、待つこと30分。出てきたのがこれです。醤油味の炊き込みごはんに巻き付いているのがサンマの焼いたの。そして、何と三つ葉にアラレ、お出汁まで付いてきました。つまり、これはあれですよ。鰻のひつまぶしみたいに、そのまま食べても良いし、お出汁をかけて食べても良い。いや~、びっくりしたな~。こんなフツーの居酒屋さんで日本料理店みたいなメニューに出会うとはね。しかも1人前500円也。ええ、美味しいですよ。〆のつもりだったのに、また日本酒行きたくなっちゃうぐらいに(笑)。

AD

 苦楽を共にした以前の仕事仲間と久しぶりの飲み会。歌舞伎町の怪しげな一角にある中華料理店です。え? ここ行くの? というような路地裏に入ると、ここは日本じゃない!? 不思議な空間が広がってました。これはきっとアタリに違いない。だってこの空気、フツーじゃないもの。狭い間口の扉を開けば、「イラッシャーイ」と明るい女性の声。お店の人はみんな中国人のようで、この女性(店主?)だけが日本語を話せるらしいです。


L'art de Vivre-上海小吃2

L'art de Vivre-上海小吃3

L'art de Vivre-上海小吃4

L'art de Vivre-上海小吃5

 最初に干し豆腐の細切り、蛤の甘辛いために揚げパン(この組み合わせは定番らしい)を頼んだ後は、お店のお任せに。酔青蟹と茄子の炒め、マコモダケとレバーの炒め、金針花と黄ニラと豚肉の炒め、鳥の辛炒め(赤唐辛子いっぱい!)麻婆豆腐、点心などをいただき首の下まで満腹~! 紹興酒は何本開けたんだかわからない…。この仲間たちはみんな食べるし飲むので毎回凄いんです。だから、中華は相当楽しめます。考えてみたら、今までも、このメンツで集まるときは中華が

AD

酒肴三昧@神保町・嘉門

テーマ:

今日は親しくさせていただいている年上のお姉様とのお食事(飲み)会です。神保町に良い居酒屋があるとのことで向かったのは大通りからちょっと入った路地裏風。のれんをくぐって扉を開ければ、カウンターにテーブル1つのみのこぢんまりとしたお店です。ご主人が1人でやっておられるとかで、メニューはおまかせ酒肴4000円のみ。これで今夜は8品いただきました。


L'art de Vivre-嘉門1
揚げ蓮根にアンチョビソースが絡めてあってオリーブオイルとチーズ。


L'art de Vivre-嘉門2
タコはスダチと塩で。

L'art de Vivre-嘉門3
鯨刺し。トロリと旨い!


L'art de Vivre-嘉門4
穴子の天ぷら@私の大好物

L'art de Vivre-嘉門5
温泉卵の上にウニと何かのジュレ。これってフレンチ?


L'art de Vivre-嘉門6
豆腐の上にピータンソース。ねっとりとしたソースが旨い。

L'art de Vivre-嘉門7
アサリの酒蒸し(?)。こんな大きいアサリ、初めて見ました。

L'art de Vivre-嘉門8
豆腐の茗荷餡。旬の茗荷たっぷりで大人の味。


 まず、最初の蓮根にガツンとやられました。和風かと思っていたら、アンチョビにオリーブオイル、パルメザンチーズ(たぶん)が振りかけられていました。これでビールをグビグビ。刺身は塩で食べるのが好きな私には嬉しいタコ。さっきも書いたように、ご主人がお一人でやってらっしゃるお店なので、料理が出るのはゆっくりです。でも、それが何とも良い感じなのですよね(せっかちな人はたぶんダメだと思います)。というわけで、タコが出たら日本酒が欲しくなります…。頃合いを見計らって(ご主人が厨房から出てきたときに)オーダー。銘柄は指定しません。料理に合う1杯を出してくれますので。これも日本酒にうるさい向きには……なのかもしれませんが、私は全くOK。って言うのも、出されたお酒はみんな私の好みに合っていたから。日高見、陸奥八仙、杉勇など、普段あまり目にしないラインナップです。肴が美味しくてついつい飲み過ぎちゃいそうになるのを抑えながら、静かに夜は更けて行くのでした…。いやいやホント、このお店では時間の過ぎ方が違うんですよ。神保町の名店です。良い店に連れて行っていただいて感謝。

AD

 その美味しさとコストパフォーマンスの良さから、1年先まで予約で一杯という伝説(?)のお店“やまちゃん”を、友人のお誘いで訪問することに。ありがとう、Kさん! 実は、誘っていただいたのは、半年ぐらい前のこと。「ずいぶん先なんですけど、○月○日空いてますか?」と問われて、そんな先のことわからないよ~と思ったけれど、店の評判を聞けば、万難を排して行くしかないでしょう! と、私のスケジュール帳には力強く“やまちゃん”の名前が刻まれていたのでした。


L'art de Vivre-やまちゃん1  L'art de Vivre-やまちゃん3

 で、満を持しての訪問。5800円でおまかせ料理(築地直送の新鮮魚が一杯)+日本酒飲み放題と聞いてましたが、まずはビールから。東京はいきなり梅雨明けしたかと思えば、連日の猛暑。飲まなきゃやってられない!


L'art de Vivre-やまちゃん2


L'art de Vivre-やまちゃん4  L'art de Vivre-やまちゃん5

L'art de Vivre-やまちゃん7

L'art de Vivre-やまちゃん8 L'art de Vivre-やまちゃん9

 魚はまずは、氷の上にドーンと盛られたエビちゃんから。殻を外して醤油をチョン。頭はミソが詰まっているのでチュチュッと吸い込んじゃいます。う~ん、新鮮。そして甘い! 旨いな~とビールがすぐに干されて次は日本酒に。銘柄を言うと、冷蔵ケースから一升瓶がどーんと出されます。みんなで、コレが美味しい、あれが美味しいと言いながら、一升瓶が巡回するという凄い光景! しかも今夜は女性客だけ。これもまたスゴいな~、日本酒女子。ポン女? なぁんてオヤジしている場合じゃない。岩牡蠣に生海苔、トキシラズ、カマスなどなど…、そして〆はご飯! これがお鍋で炊いていて超美味。このままでもいけますが、日本人ならTKG(卵かけご飯)。ひゃ~、大満足でした。日本酒も、いったい何種類飲んだんだか…、もう今となっては分かりません。また行きたい! しかし、予約が取れないのでいつになるやら……。

土用干し中…

テーマ:

 梅干しは、そのまま食べても美味しいし、煮物(鰯の梅煮)とかドレッシングにしてもいい。ってことはわかっているのだけど、美味しい梅干し(国産梅、無添加)を買おうとすると結構値が張ります。しかし、自家製には、手間がかかるし、カビなどが心配…。と言っていたら、友人曰く、減塩しなければ、カビはほとんど心配ないとのこと。なので、今年は一念発起して梅干しを自家製することにしました。


 まずは、南高梅を買ってきましたが、ちょっと青い梅などもあったので、新聞紙に広げて熟れるのを待つ…。これがまた良い香りなんですよね。部屋に広がる甘酸っぱい香り。幸せな瞬間です。黄色く熟したら塩漬けして、梅酢が上がったら、赤紫蘇を仕込んで梅雨明けを待つ…。そして、この海の日を迎えた三連休、晴天続きの3日はまさに土用干し日和。ホームセンターで大きなざるを買ってきてベランダに干しました。


L'art de Vivre-土用干し  この何週間か、固唾を呑んで見守ってきた梅たちは、こうしてみると何だか愛おしい気分になってしまうのは、親ばか?(笑) これからしばらく、梅干し自体はもちろんのこと、梅酢、赤紫蘇などいろいろに楽しめると思うと、手間のかかる梅仕事もやりがいがあるな~と。

 焼き肉は年に一度ぐらいの私です。肉は嫌いじゃないし、焼き鳥はしょっちゅう行くけど、あのガッツリ肉!肉!肉!肉そのもの~!!というのにあまり食指が動かないのです…。固形物は量が食べられないっていうのもある(つまり液体ならOKってことですが…w)。でも、今日は急に「ホルモン食べたい!」モードになっちゃったんですね~。何故かというと「悶々ホルモン」という本を読んでしまったから。

以下、出版社のサイトでの紹介文。
==============
「煮込みにレバ刺し、ガツたれ焼き、それから熱燗一本、お願いしまーす」20代にして一人焼き肉常連の女子が、ホッピー片手に究極のモツ焼き屋を探して、昨日は立ち飲み、明日は老舗、そして今夜はどの店へ!? おいしくてヘルシー、オヤジにも女子にも人気の禁断の味。この本を道連れに、今日からあなたもホルモニアン!
===============

 ここでは、「ホルモニアン」と記載されてますが、本の中ではホルモン好きの女子は「ホルモンヌ」と命名されてます(これって言い得て妙)。この著者のホルモンへの愛に溢れた文章にすっかり魅了されてしまった私は、肉好きの友人に早速メール。「あのね、ホルモン食べたいんだけど…」。いきなりのラブコール(といってもホルモンへの…だけど)にびっくりしながらも、友人はよさげなお店をチョイスしてくれました。早速予約を入れて訪問。


L'art de Vivre-恵比寿ホルモン1

L'art de Vivre-恵比寿ホルモン2
 ネットでメニューを検索して、絶対にオーダーしようと思っていた刺身盛り合わせからスタート。モツ刺しと言えば、ごま油に塩などが調味料の定番ですが、この盛り合わせは、ものによって味付けが違うのが、いいな~。
ぷるぷるこぷちゃんの酢モツは、想像に反して温かいメニューでした。「酢」と言えば、冷たいものと思い込みがちでしたが、これもなかなか美味。


 それからは、友人に見繕ってもらって焼き物を何種類か。焼きも奉行の友人にお任せ。何もかもやってもらって今夜の私は大満足でした~。しかし! 何とホルモンを食べてると、飲みがあまり進まないってことを発見。この酒飲みの私が、ハイボールばっかり飲んでた…。というわけで、お腹は一杯だけど、肝臓はだいぶ余裕ありの私たちは、2軒目へGO!!