友人がソムリエールとして働いている桜新町の“しがらき”さんを久しぶりに訪問。たぶん前回は去年のGWではなかったかと。え? そうすると、もう1年近くたっちゃってるのか…。月日の経つのは早いものです。



L'art de Vivre-しがらき1


L'art de Vivre-しがらき2

 ニンジンと鶏ささみのサラダ(オレンジとミントがいい香り)、豚舌とモツの塩煮込み(ゴボウと豆腐入り。しみじみと美味しい)、あと何かの煮込み系(何だか忘れた…。パプリカがしゃきしゃきと美味しくて、クミンが効いてた…)、そしてサーモンのフェットチーネで締め。飲み物は、生ビールで乾杯したあと、白ワインをグラスで1杯いただき、赤はボトルで。このワイン、エチケットが面白かったのです。葡萄の木の下に女の人の首だけ。一見ギョットするイラストではあるけれど、何か意味があるんでしょう(その後、ネットなどで検索してみましたが、残念ながら解明できてません)。


L'art de Vivre-しがらき3


L'art de Vivre-しがらき4

夜も更けてくるにつれ、お客が多くなってくるこのお店。地元の常連さんで賑わっているようでした。生憎、私は東京の反対方向から来ているので、あまり長居は出来ませんでしたが、それでもワインもお食事も堪能して満足満足な1夜でした。Nさん、ありがとう!

AD

 前回家飲み率が高くなったと書きましたが、というのも最近引っ越した部屋の近くによい酒屋さんを見つけたのです。ある日、飲んで帰った夜に、ふらりと立ち寄ってみたら、むむむ!!!という日本酒のラインナップなのですよ。で、どれにしようかな~といろいろ眺めていたら(っていっても、もちろんその日帰ってから飲むためではなくて!!!)、店主の方から話しかけられて、にごり酒が好きと言ったらオススメされたのがこれ。活性にごり酒「雪もよう」です。瓶詰めされてからも酵母が生き続けているので、開栓の際には絶対に(!)吹きこぼれるというもの。ひゃ~、怖いな、大丈夫かな? 飲もうと思ったら、全部吹きこぼれちゃった…なんてことはない?

L'art de Vivre-雪もよう  というわけで、怖々開栓してみました。まず、台所のシンクの中に持って行って、栓をかちりとひねる。完全には開けずに、空気を逃がすのみ。そうしたら、シュワ~~~~っと言って、下の方に沈殿していたにごりが、どんどん上に上がってきて、中のお酒がかき回された状態になりました。飲んでみると、確かにこれは旨い。どちらかというと食中酒というより、食前酒、食後酒にふさわしい感じ。こんな旨いお酒をおすすめしていただいて感謝。


 ちなみに、このお店、正午に開店して夜中まで営業しているようです。酔っぱらって帰りについつい寄ってしまうところができてしまった感じ。あぶないあぶない(笑)。

AD

家飲みは居酒屋チックに

テーマ:

L'art de Vivre-ワンプレート  常備菜がいろいろあると、こんな感じにワンプレート(笑)にして飲むのが好き。ちなみに今夜は、キムチ2種(普通の白菜のキムチと蕪のキムチ)、大根のぬか漬け(実は、冷蔵庫でぬか漬けも作ってます。って、どれだけ漬け物好きなんだ!?)、厚揚げの焼いたの、菜の花のからし和え、豆もやしのナムル。お供は、まずはビール。そして日本酒へ…と。つまみはこれだけだとちょっと物足りない感じなので、ビールを飲んで漬け物類をつまみながら、メインを作って行きます。これが、私の標準的家飲みスタイルです。居酒屋さんに行っても、頼むものはこれと大差ない。だったら、化学調味料なし、素材も安心の家飲みの方がいいじゃない?なあんて、最近家飲み率の上がっている私でした。
AD

最近、韓国ネタが多くて自分でも??な日々です。でも、基本はお酒に合って美味しければ何でも好き! というわけで、今夜はワイン。朝からの雨がみぞれに変わり、お店の最寄り駅に降り立った頃は、雪になってました。こんな悪天候のせいもあるのか、当日夕方に予約の電話をしたのにもかかわらず、席が取れてラッキー。何てったって、ジャスト2900円のプリフィクスのみのリーズナブルな人気フレンチ・ビストロですから。

L'art de Vivre-ルマルカッサン1


L'art de Vivre-ルマルカッサン2

この日のメニューとして私がチョイスしたのは、
前菜:ホタテのテリーヌ+うにクリームソース添え
メイン:牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
デザート:アマレットのアイスクリーム

友人は、
前菜:肉のテリーヌと砂肝のコンフィ
メイン:鴨肉のロースト
デザート:クルミといちじくのタルト


まずは、スパークリングワインで乾杯して(実は本日、私の誕生日★)、バケット薄切りにレバーペーストをのせたものをつまみながら、お料理が出てくるのを待つ…。このお店、実はシェフがお一人で作るのからサーブまでなさってるんですよ。これは驚愕! でも、きめ細やかな気配りで、飲み物がなくなったらすぐ次を聞いてもらえるし、パンがなくなったら足してもらえるしで、サービスも上等。店員が何人いても、気遣いが足りないお店があることを思えば、これは奇跡に近い? というわけで、お料理も美味しくいただき、デザートは、タルトにアマレット・アイスクリームを(勝手に)載せていただき(この組み合わせが美味しかった!)、大満足の誕生日ディナーとなりました~。