野蒜のキムチ  今夜は、美味しいもの好き。しかも、美容にも関心大の女性2名との宴なので、身体に優しい韓国料理“文家”へ。コラーゲンたっぷりの“タッハンマリ”ももちろん絶品だけど、ま、今夜は女性3名だし、春の山菜メニューがあると聞いていたので、アラカルトでいくことにしました。



ナムル  まずは、季節のオススメメニューから、ノビルのキムチ、野ぜり・山わさび・たんぽぽの葉のナムルをオーダー。正直言うと、この季節のオススメメニュー、右から左まで一気に頼みたいような、そんな気分になっちゃいました。ま、そこはおさえておさえて…。その他に、人参のジョン、タンピョンチェ(緑豆をゼリー状に固めたもの和え物)の後、今夜の一番びっくりメニュー、大豆をすりつぶしたスープ(?)にキノコ類、豚キムチなどを煮込んだ鍋(名前忘れました。「こんびち鍋」だったっけ?)。


とんびち鍋  これが、本当に美味しかったんです。見た目には赤いけど、大豆の甘さがそれを緩和してる。こういうお鍋って、出汁が気になりますが、私の予想では、たぶん、これといった出汁は使ってなくて、大豆に、豚とキノコの醸し出す自然な旨味なんじゃないかな。そんな、ただただ女3人、ため息つきながらいただくような美味でした~。 その後、タッカルビ(鶏肉の甘辛煮)などをいただいて、デザートで〆。タッカルビも、甘辛煮といいながら、びっくりするような上品さ。甘いおかずが苦手な私もとても美味しくいただけました。同行の2名も大満足。美味しさに舌もなめらかになってかどうかはわからないけれど、なんだかオシゴトでも新しい展開ができそうな予感もあったりして!? ごちそうさまでした~。

AD

久々のCAVE BARで。

テーマ:

真鯛のカルパッチョ  珍しく、3月は1回しか行けなかったCAVE BARを訪問。昼間はポカポカ陽気だったから、今夜は何となくさっぱり行きたい区分で選んだのは真鯛のカルパッチョ。タマネギとトマトの彩りがキレイ。鯛ももっちりと歯ごたえ十分で旨い~。そのほか、まぁいつものチョイスではあるけれど、鴨のローストとかトリッパの煮込みなどを食べたところに、マスターから嬉しい差し入れ(バレンタインデーのお返しだそうです。ありがとう!)。

 枝付き干しぶどうとチョコレート。よく友人には笑われるのだけど、干しぶどうは枝付きじゃないとダメなんです、私。自分でも変だとは思うけど、なんか普通の干しぶどうって甘ったるくて口の中で残る感じ。でも、枝付きは、甘酸っぱくて美味しい。特に今日もらったのは、種が入ったままのもので、種ごと食べられちゃうのが、またさらに感動。葡萄から作ったワインにあわないわけがない。ご馳走さまでした! それから、パン好きの私のためにもう1ついただいたイチヂクのジャムは、また今度レビューいたしますね。「プロヴァンス風」のジャムらしいです。楽しみ~。
AD