タルトフランベ  久しぶりの更新です(^_^;) と思ったらもう2007年も終わりですね~。いやはやびっくり。この間お正月について書いたような気がしてたのに…っていうのはいささか誇張だけど、それほど大げさな感じでもない。というわけで、やっぱり年の終わりのカウントダウンが近づけば、さて年内のCAVE BAR訪問はいつが最後となってしまうのか…。それを決めるのは私なんだけれども、大食漢ではない私は、できれば1人訪問は避けたいところ。で、本日は、こんな時期なのに幸運にも相棒に恵まれ07年最後のCAVE BARです。


 どれをオーダーしても美味しいお店だけど、今夜は実はMUST MENUがあった。それは、私たちが大好きな作家近藤史恵さんの近刊『タルトタタンの夢』に登場する“タルトフランベ”をいただくことでした。というのも、この小説の舞台となる“パ・マル”は、著者の近藤さんが、近所に是非あって欲しいと思いながら描いたフレンチビストロ。私は、思いましたよ、これを読んで即座に。こ、こ、これは!! まさにCAVE BARじゃないの?? いや、確かにね、CAVE BARは、ビストロではなくワインバーですが、この「近所に欲しい我が家のダイニングバー感」を実現できるお店は、なかなかないっすよ。というわけで、友人がプレゼントした本を読んだシェフが何とメニューに加えてくれたのが、アルザスの郷土料理、ワインとの相性も最高の“タルトフランベ”だったのでした。


パン生地を薄くのばし、そこにフロマージュブランとタマネギやベーコンを載せて、オーブンでかりかりになるまで焼く。アルザス地方では、前菜だけではなく、スナックとして食べることも多いらしい。(近藤史恵『タルト・タタンの夢』東京創元社 より)


 そう、これはピザではないのです。タルトとは言え、もちろんお菓子ではない。さくっと軽い生地の上に乗ったオニオンとベーコンが、チーズ味の優しいソースの中で解け合って、確かにワインとの相性は最高! 生地も軽いから“おつまみ”向きなのですよ。う~ん、美味しい! よかった、近所じゃないけど、こんなお店が身近にあって。

AD