お蕎麦を食べた後は、この日のメインイベント『日光東照宮』へ。

世界遺産って海外に見にいくもんだと思ってたけど、ちゃんと日本にもあるんですよね。はーと


あいにくのお天気だったけど、それでもたくさんの観光客。

木々に囲まれた広い表参道を抜けると見えてくるのが一ノ鳥居。

高さ9mもある立派な鳥居なの。sei


『日光東照宮』は徳川家康公の墓所があるところ。

どこを見ても立派な装飾。想像以上の豪華絢爛な様にびっくり。

日本の遺産でこんなに美しくて立派なところがあったなんてと、少し日本を誇らしく感じちゃいました。sei


表門をくぐり神輿舎には有名な三猿の彫刻。

『見ざる、言わざる、聞かざる』。

実はこれは彫刻の一部。

猿の彫刻は左から右へ8つの彫刻で人の一生を表していているんだとか。



日光東照宮のシンボル陽明門。

2階建てで508体もの彫刻が施された楼門。

1日中眺めても飽きないことから『日暮門』とも呼ばれてるんだって。


こんなに細かいところまでしっかり装飾されてるんだよ。

旦那に呼ばれなければほんとにじ~~~っくり見入っちゃいそうでした。


東回廊の奥社へ続く参道入り口にある眠り猫。

見る角度によって表情が違うとか。裏には雀の遊ぶ姿が彫られていて平和の象徴と言われてるそう。

ほんとに小さな装飾だったから探してたのにはじめは気づかずに通り過ぎちゃったの。sei

見に行く人は気をつけてね。


ここから奥社へいく207段の石段がきつかったぁ。
マイナスイオンいっぱいのキレイなとこなんだけど、207段って。。。
私できつかったから、ゆなちゃんを抱っこで上った旦那さんはホントにお疲れさまでした。
途中の休憩スポットではゆなちゃん、この笑顔。
得意のニコニコポーズだけど目線あってないしね。aya


この奥社が家康公の墓所。

願いが叶うという杉が立ってたのでしっかりお願いしてきました。


その後は東照宮の中心の本社にある拝殿を鑑賞。カメラは禁止。

本地堂まで戻って『鳴龍』を見てきました。

天井一面に描かれた鳴龍の下で拍子木を打つと「キーン」と龍の鳴き声が聞こえる不思議な部屋なの。sei



お天気がよければ、もう一周したいくらい立派だったけど時間の関係で『日光東照宮』はここまで。
まぁ一応全部みたしね。
記念に願いの叶う鈴を買ったよ。♥akn♥

帰りには車から神橋もパチリ。
奈良時代の末に、神秘的な伝承によって架けられたこの橋は神聖な橋として尊ばれ、寛永13年に現在のような神橋に造り替えられてから、もっぱら神事・将軍社参・勅使・幣帛供進使などが参向のときのみ使用され、一般の通行は下流に仮橋(日光橋)を架けて通行することとなりました。(日光二荒山神社サイトより)





ペタしてね


主婦クラブ『シュフル』 主婦ブログランキングへ


************************
日光東照宮
栃木県日光市山内2301
TEL:0288-54-0560
************************
日光二荒山神社で結婚式をするときは花嫁行列で通ることができるみたいだけど、そんなステキな結婚式見てみたいなぁ。ハート
AD

コメント(10)