ゆとりクリエイト ~千葉松戸・ 整理収納アドバイザー とみやすかおり ~

主体性としなやかさを持って自分の人生を生きたいと願うあなたのためのブログです。
そんな想いを込めて、片づけの仕事や夫の町工場のサポートのこと、日々の暮らしの中で感じたことを綴ります。

【セミナー・講座情報】

◆整理収納アドバイザー2級認定講座 受講者募集中!!!
・2017年3月12日(日)10~17時 ※残席3
  場所:千葉県松戸市(栴檀家松戸シティホテル)JR・新京成電鉄 松戸駅西口徒歩7分

【お問合せ&お申込み】こちらまで→★

こんばんは。

あなたの「いつも」を大切にする整理収納アドバイザー
&整理の力で主体性を取り戻すステージアップインストラクターの冨安嘉織です。
 
先日、とあるイベントを観に行ってきました。
有名な海外ブランドの職人さんが来日し、その仕事ぶりを見ることができる、というもの。
 
道具はもちろん、自分の仕事に徹底的にこだわり抜く姿勢に感銘を受けました。
また、モノづくりを仕事にしていない人たちにも一見の価値があるな、と。
 
しかし残念なことも。
会場では職人さんが時折説明しながら技を公開してくださるのですが、如何せん外国人。
日本語以外話せない私にはチンプンカンプン(笑)
なので、職人さん一人一人に通訳の方が付いています。
 
が、通訳の声が小さ過ぎる。
会場は平日にもかかわらず行列&人だかり。
職人さんは皆さん大きな声で伝えようとしてくれていました。
しかし残念なことに、通訳の声はその声よりも遥かに小さくて。
もちろん、全員に聞こえるようになんてのは無理。
ですが、伝えようとする気持ちが伝わってこない。どこで仕込まれたか、笑顔だけは立派。
 
通訳の仕事は「異なる言語を使う人たちの間に立ち、話し手の言葉を聞き手が使う言語に変換する」 こと。
また、この仕事は「接客業」であるとも捉えることができ、語学力のほかに対人スキルが求められます。つまり、コミュニケーション能力、伝える力が重要なのです。
しかし・・・残念ながら伝わってはきませんでした。
幸い、職人さんの意気込みは仕事ぶりやチンプンカンプンの言葉から伝わってきましたけどね。
 
他にも、フランス語が堪能な来場者が直接職人さんと会話をしていると。
通訳の方はニコニコ笑顔で立っているだけ。
私たち、チンプンカンプンじゃーん!
 
私もそうですが、人前に出る仕事の場合、自分はエンターテイナーであるというくらいの意識を持つ必要があります。
それこそがプロ。
 
ま、それ以前に、いかなる時も相手のことを慮り、おもてなしの心だけは忘れたくはないですね。
 
 
 

◆個人さま向けメニュー◆

特別な日ではなく、いつもの暮らしをもっと快適にしたい方に向けた「整理収納お片づけサポート」をご提供しています。    
モノに振り回されない、自分の暮らしを選び取る力を身に付けることができます。  
モノの片づけを通して手に入れた整理力はあなたの暮らしを自在にデザインしていく力となります。 
   
詳しくはホームページをご確認ください。

 

◆セミナー・講座のご案内◆

☘ 整理収納アドバイザー2級認定講座@千葉・松戸    
・4月29日(土・祝)10~17時    
駅チカで便利ですよ!
   
詳しくはホームページをご確認ください。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ    
にほんブログ村    
↑↑↑    
応援のクリックをお願いします(^人^)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)