安達優人のヒトリゴト置き場

仙台の3ピースポップスバンド「ソライロブランケット」でギターボーカルをやってます、安達優人です。


テーマ:

起きれば身に覚えのないお尻の筋肉痛。

 

…そうだ、昨日のライブ。

ミラクル☆3兄弟の出番に出演者みんなでタオル回すという冷やかしがあったんだけど、それで調子乗ってタオルで縄跳びの動作をしたんだ。

おそらく、それ、なんで尻にきた。

 

昨日のライブは楽しかったのは勿論、手応えを感じました。

唄を聞いてくれてるみんなの表情が「そのままでいいんだ」っていうことを教えてくれました。

ずっと応援してくれてる人も、初めましての人も、いい唄歌ってるのでそのままずっと見ていてください。

 

さて。

『夏のアクセル』がリリースされてから1ヶ月が経ちました。

ミュージックビデオもみんなに見てもらって、CDもみんなの手に渡ってきて、そろそろ少しずつ馴染んできた頃かなと思います。

 

この曲を書いたのは今年の3月。

6月にリリースをすることは決めていたから、夏らしい曲が欲しいねっていう話になっていた。

自分の夏の思い出を記憶の引き出しから引っ張り出して、綴っていきました。

 

どちらかというと恋愛体質。

それでも過去を思い出すと想いを馳せていた経験は夏ばかり。

わからないけど、無性に心が騒いだのかな、青いな。(笑)

そんな若かりしエピソードを歌詞に込めました。

 

1コーラスができてメンバーに聞かせた時に、2人ともすごく気に入ってくれて。

中でもはちやが絶賛してました。

 

自分の中で、曲を書いていい曲になるかどうかははちやにかかっていると思っている。

はちやにOKを出されるまで歌詞を書き直したり、推敲します。

この曲の大きなアレンジの方針ははちやが決めました。

ミュージックビデオの構図、大まかなストーリー等の監督もはちやです。

 

僕が曲を書くキーマンははちやです。

きっとこれからもそうでしょう。

 

彼が激推ししたこのナンバー。

みんなにはどう聞こえていますか?

 

 

この傑作をひっさげて今夏、色んなところでライブして色んなところで歌っていきます。

 

 

安達優人

AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ああ、ようやくブログが書ける。

もう2週間も経過してしまったわけだ。

 

空色日和もめでたく7回目を迎えた。

見返してみたらvol.2まではサブタイトルはなく、それ以降はリリース音源やイベント趣旨になぞらえたサブタイトルをつけていた。

『生きててよかった』リリース時には「今日も明日も生きていく」とか、ワンマンの時には「決意の朝に」なんて遍歴。

 

「七回裏の攻撃」は僕が名付けました。

つまりは、ホーム戦ラッキーセブンの攻撃ってこと。

つまりのつまり、イチバンゲキアツな攻撃ってこと。

 

今の自分、なんだかムテキなんだよね、MUTEKI。

迷いはないけど決してネガティブでもないし。

やりたいことをすればきっといいことに繋がる、それだけ考えられてるんです(いいんだか悪いんだか)。

 

だから今こそ逆転の時、反撃の時だって思って、これから迎える灼熱のシーズンのスポーツに関連づけました。

メンバー全員野球経験者ってのもあるし。

 

肝心のライブといえば、もう最高に"楽しかった"。

そう、なにが重要かって楽しかったことなんだよ。

いいライブができた?CDが売れた?

もちろん大事なことなんだけど、全ては"楽しかった"っていう感情に集約されていくんだ。

 

楽しかった要因の大きなところは、対バンだった。

一緒にやりたいって思い一つで声がけした仲間たちが刹那もなく快諾してくれた。

だし、彼らのライブに奮い立たせられた。

彼らがヒット、ヒットと続いてくれたおかげで最高の形で僕らに打順が回ってきた。

 

そして、本当に嘘なんかじゃなくステージから見えたあのみんなのキラキラした目、僕を見る目が後押しになった。

だからあの日の僕たちのステージはグランドスラムになり得た。

 

去年までの劣勢をはね退け、見事4点追加。

だけどまだ逆転とは言いたくない。

 

僕らはまだやれる、もっともっと点を重ねていける。

そう願って今のスコアボードは"同点"にしたい。

 

ゲームセットはいつだ?どこだ?

アンパイアはどこにもいない、続いてく日々という試合はまだまだ幕を下ろしそうにない。

 

 

 

 

はあ、これで僕の6月16日はようやく終わった。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

時間は、年は、過ぎていくんだなあ。

めでたく?本日誕生日を迎えまして、24歳になりました。

あの子が好きで好きで、2回も告白してフラれてから中学2年生から10年も経つわけですね。

 

そんなこと言ったって「まだ若いんだから」って言われたりもするわけだけれども。

 

そしたら気づいたら30代にでもなっちゃうよ!

時間はあるようでないんだ!

 

って心の中でちょっとした反論しつつ「そうですね〜」なんて言ったりしてます。

 

そうだ、いまできることをしなくてはいけない。

いまやりたいことをしなくてはいけない。

 

なんだか不思議と迷いがないんだよね。

歌っていれば、それでうまくいく気がするんだ。

 

明後日はレコ発。

楽しみでしかないんだ。

 

 

チケット予約もまだ、間に合う。

見に来てくれ、すっげえの見せるから。

 

 

安達優人

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

ご報告が遅くなってしまったけれど、6月16日金曜日に「空色日和 vol.7〜七回裏の攻撃〜」が開催されます。

拍手〜ぱちぱち〜。

 

毎回サブタイトルをつけるんだけど、今回は自分のアイデアが採用になりました。

 

6月、もうすぐ夏、夏といえば球児たちが奮闘しあう季節。

そう、野球。

メンバー全員野球経験者で、ちなんだ名前にしたいと思っていました。

 

何度も話題にはあがってるけど去年は休止を強いられたりして、今年こそって想いを強く持って歌ってました。

大逆転の一年にしたい、いわゆる"ラッキーセブン"の攻撃です。

 

いつも以上に攻めたステージにできればなあと今から色々と構想を練っています。

 

今回は対バンイベントにしたんだけど、野球は一人じゃできないし出演者全員がチーム一丸となってやっていこうと思ってます。

 

 

6月16日、仙台MACANAに集合。

 

あ、ブログタイトル変えました。

いかが?

 

 

安達優人

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

今日は久しぶりに福島にライブをしに行く。

 

早くライブがしたい。

ステージに立ちたい。

歌いたい。

ギターを弾きたい。

メンバーとニヤニヤしながら見つめ合いたい。

 

なんだか今日はたまらない気分だぜ。

明日の俺らは一味違うゼ。

 

 

安達優人

 |  リブログ(0)

テーマ:

すっかり春めいたけど、暖かかったり寒かったり。

油断したら身体がやられてしまいそうです。

 

それに対して、精神的には現在僕はスーパーマリオで言うところの"スター状態"。

 

こないだ、いつも通りのファミレスでメンバーとミーティングをしていままでのこと、これからのこと、根掘り葉掘り話した。

そこですごく色んなことを思い直すことができた。

メンバーがそれに気づかせてくれた、というか目を覚まさせてくれました。

 

基本的に自分に自信がなくて、メニューを決められない優柔不断でテレビ通販とかに惹かれやすくてすぐ人に騙されやすい僕。

だけど今、自分が「これだ!」と思うことをやり続けていればきっと芽が出て花が咲く気がしてならないのです。

 

歌だってそう。

自分がいい曲だと思う曲を描き続ければ、絶対にそれはいい曲になると思うんです。

他の人に求められて曲を描くことも勿論できたほうがいいけど、今の僕にはちょっと違う。

これがようやくわかりました。

 

音楽に優劣はありません。

でも、仙台のバンドのどこにも負けねえ、東京のバンドのどこにも負けねえ、全国のバンドのどこにも負けねえ。

こんな無鉄砲なことさえ言えちゃう気がします、波風立てたくないけど。

 

自信はないけど、迷いはない。

僕の唄を聴きに来てください、めっちゃいい唄歌います。

 

 

安達優人

 |  リブログ(0)

テーマ:

ツイッターにて、ブログを更新しますと言っておきながら伸びてしまって申し訳ないです。

 

そしてなんと半年近くも更新していなかったという。

なにが安達優人の"日常"だ、日々の記録のクソもないじゃないか。

 

---

 

さてさて、先日は「空色日和 vol.6」を開催、そしてお越しいただいた皆さんありがとうございました。

結成3周年ということで、なんとしてもこのタイミングでイベントを開催しなければと思ってせかせかと準備して参りました。

 

3rd single『日和』も無事にリリースして皆さんの手元に渡り始めてます。

前回の『こころ』をリリースしてから1年3ヶ月も経つんですって。

録りの時点から気づいてたけど、なんだか懐かしい感覚を覚えたと思ったらこんなにも時間が経ってたみたい。

 

ライブのMCでも話してたんだけど…。

ちょうど1年前くらいにワンマンをやって、活動を休止したかと思ったらメンバーが抜けて3人になって、活動再開を予告してた日も前倒して。

自分たちが全てやったことだってことを前提にして言うけど、本当にぶっ壊れた1年だった。

 

活動を再開しても久し振りのバンド"活動"に戸惑ってしまったし、俺らの音楽を待っていてくれる人が確実に少なくなっていったことだって、実は肌で感じていました。

そんなに僕はバカじゃない。

 

それでもなんとかしなきゃって、なにをすればいいのか、なにが敵か、わかってないのに必死に戦ってきた。

でも今思えば、空気をひたすら殴っていたような気がする。

 

こないだの空色日和で自分自身のせいで起こした、長い冬眠からようやく覚めました。

 

今すべきことは、なんなのか。

なんとなくわかっている。

あとはそれが正しいのか、俺は2人と答え合わせをする。

俺には2人のメンバーがいる。

だからこそバンド。

 

---

 

独り言のように殴り書きました。

なにも整理整頓しないままの言葉です。

 

つまりは、新しいMVをどうぞ見てください。

 

ソライロブランケット『日和』MusicVideo

https://www.youtube.com/watch?v=ty1UdqlGJSQ&index=1&list=LLyG9K9kPt-ASG0At5DVsWtQ&t=2s

 

また近々書きます。(戒め)

 

 

安達優人

 |  リブログ(0)

テーマ:
本音を言うと、早く売れたいです。

早く歌うことだけしてたいです。

周りを見れば見る程、どこからか"焦燥"に駆られます。

でもそのための今です。

一つずつ、一歩ずつ、ゆっくりとゆくのです。


安達優人
 |  リブログ(0)

テーマ:
最近よく言われます、のでここに堂々と公言します。





「痩せました。」







先日公開になったアー写です。
うん、よい写真。

体重も2桁目が変わるくらいには落としました。
やれば案外できるもんだね。

やったことと言えば、
①生活習慣の改善
②食生活の改善
③適度な筋トレ・運動
です。
自分的には①が一番でかいと思います。
②や③もわりかし継続していましたが、昼夜逆転を直してからは効果バツグンでした。

なんでダイエットをしようかと思ったのかというと、りょーたさんの脱退と同じ理由です。

ある出来事があって、今の自分を変えなきゃならないと決心しました。
りょーたさんも必死に考えて、苦渋の決断だったろうにバンドを抜けることを選んだ。
俺も強い意志があるなら今の自分を変えていかなくちゃ、そう思って地道にやってきました。

その結果、ライブもできないでみんなとは直接会えていないけれど、画面を通じて俺の変化に気づいてくれた人がいてすごく嬉しいです。
ライブも決まってきて、みんなと会える機会ができました。
直接会って、ぜひ僕に声をかけてくれたらなーと思います。

このまま徐々にでいいから、前進していこう。

「ソライロブランケット season3」始まります。



P.S.まだまだ体絞りたいです。


安達優人

 |  リブログ(0)

テーマ:
先週発表があった通り、キーボードの担当の菅野涼太がソライロブランケットから脱退しました。
それぞれが考えました、本当に色々なことを。

そして涼太さんは僕らに夢を託してくれました。
違う夢なんかじゃなく、叶えたかった同じ夢を自分で叶える代わりに俺らに預けた。
残された僕らは、自分の分と涼太さんの分、2人分の夢を背負っていくんです。
重いかもしれないけど、ただただ重いんじゃないんだ。
中身がぎっしりと詰まってるから重いんだ。
それが僕らの夢です。

つまりは本気です。
僕らは変わってしまったけれど、どうか変わらず励ましの声をください。

-----

そんな僕の近況、小学6年生のクラスで作ったタイムカプセルを開けました。
本当は高校卒業の時に集まって開けるはずだったみたいなんだけど、タイミングを逃したまま今日まで来てしまいました。

カプセル、といってもただの段ボール。
でも開けてみれば中には時間が止まった思い出たちがたくさん溢れていました。

そして、自分が自分に宛てた手紙が。



音楽活動は懲りずに、飽きずに、やっているよ。
ゲームは最近あんまりしないかな。
野球部はやめてから8年くらいは経っているよ。
石川とは全然連絡とってないなあ、何してるかなあ。
というか、自分のこと安達って呼ぶんだね。

なんか、安心した。
やりたいこと、好きな事はずっと変わってなかった。

これから僕は、自分、涼太さん、12歳の安達少年の3つの夢を背負って歌っていきます。


安達優人

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。