1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Wed, October 26, 2011 10:41:45

RocTrip

テーマ:クライミング
昨日から
ロックトリップ参加のため中国来てます
今は貴陽からバスで会場の格凸河に向かってますが
昨日からずっと移動なので
ちょっと疲れた~
まだ3時間以上あるし…

天気はビミョーですよ~

爆睡中のN田くん
photo:01




iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Mon, September 12, 2011 22:11:18

北鎌尾根

テーマ:登山

またしても

放置してますが


別に引き籠っていた訳でもなく

いろいろ遊んでました


中途半端に終わってるヨーロッパの画像とかいっぱいありますが

とりあえずは近いところから

片付けていく事にしま~す


いちばん最近のは

先日行ってた槍ヶ岳



自分は高校から山をやってますが

高校時代は貧乏だったせいもあり

行った山は比較的近い南アルプスばかりでした


そうこうしている間に

クライミングが面白くなり

山から遠のいてしまったので

実は槍ヶ岳に登ったのは結構最近のことです

といっても

1999年位の事なので

そんな最近でもないなぁ(^▽^;)


そのころは国体の山岳競技に縦走なるものが有った時代で

選手だった自分は東京のD工さんとトレランって感じで

高瀬ダムから西穂まで行って上高地に降りる

なんてのをやったのが最初です

初日に三俣山荘まで行って次の日は穂高岳山荘

山小屋に泊まったのも初めてで

しかも当時

両小屋とも夕飯はフレンチ風で

食事前にシェフがメニューの内容を説明するという

ちょっと驚きのものでした


そのあと

またD工さんと南アルプスに走りに行った事が有りますが

小屋の夕食の内容が雲泥の差でがっかりした記憶が有ります

北アルプスすげえ!

って思ったものですが

今はそうでもないようですかね~

自分的には赤岳鉱泉が一番いいや



前置きが長くなりましたが

槍ヶ岳

今回は北鎌尾根に行ってきました


今回のメンバーは自分と連れ

そして連れのツイッター仲間やんまぁ君の3人でした


9月9日金曜日

6:00沢渡駐車場集合

前夜の到着が遅れたのもあり

なんだかんだで出発は7時近く
PEEP WALL
夜中に雨が降ってショボンとなりますが

なんとか晴れて虹が出ました!

直ぐにバスに乗って上高地に移動


PEEP WALL
晴れると思ったら

…降ってきやがりました(ノ_-。)

まあ今日はそれほどたいした行程じゃないし

ってことで気楽に進みます


PEEP WALL
PEEP WALL
PEEP WALL
明神 徳沢 横尾

横尾では太陽が出てきて

ちょっと期待させられます


PEEP WALL

PEEP WALL
どんどん進み


PEEP WALL
槍沢ロッジに着いたと思ったら

雨は本降りになってしまいました(´・ω・`)


小屋内で休憩するも

雨は弱まる気配が無く

正直かなりやる気をなくしましたが

まあ水俣乗越までいってみましょうと

雨の中出発


濡れるの覚悟でしたが

何気に雨は止んでしまい

このあとはずっと降りませんでした


PEEP WALL
テン場を超えて

PEEP WALL
槍沢大曲り到着

ここからパッと見すぐの尾根に向かって登りだします


PEEP WALL
途中フィンランドから来たという男性と日本人女性のカップルが下ってきましたが

昨日までは最高の天気で

今日はいきなり天気が悪くて槍に行かずに帰るとの事でした

気の毒ですが

また来りゃいいじゃん!


PEEP WALL
近いと思ってたら意外と遠く

1時間15分ほどかけて15:25水俣乗越到着

連れは結構きてます…

まこの後は下りだけだし大丈夫!


10分位休憩して

いざ北鎌沢までGO!

PEEP WALL
…画像じゃ分かり辛いですが

みんな使う道なのに

なんかとっても道が悪い

自然ペースはゆっくりに…

1時間くらいで着くかもって思ってましたが

ちょっと無理?


PEEP WALL
急で場所によってはガラガラな下り

なかなか進まないです


PEEP WALL
だーいぶ降りた後にふりかえると

なんかあんまり進んでない??

でも1時間くらい降りた所なんですが…


この後は危険も道の迷いも無いと判断して

テントを張るために先に行きましたが

テント張った後に連れを迎えに行って

戻ったのは18:00位でした

寝不足もあり

ご飯食べてとっとと就寝


9月10日土曜日

5:00には出発するつもりで3:30に起きるはずが

あろうことか2度寝してしまい

起きたのは4:20頃 (;´Д`)ノ

PEEP WALL
急いで準備するも

結局出発は5:20でした


PEEP WALL
昨日とは違い

イイ天気の予感です!


PEEP WALL
北鎌沢は最初一本で

途中から右俣と左俣に分かれる感じです

左俣の方が若干広いので

分岐には注意が必要です

迷ったら右ってとこですか

左股に行ってどうなるかは知らないけど…


沢は苔むしている感じではないですが

気持ちのいい登りってわけではないですね~


PEEP WALL
この日北鎌に入ったパーティは

出合にテントを張っていたのが4組?

他に貧乏沢を降りてきた2組の

6組でしょうか

後ろに見えるのは

唯一自分たちより遅かった高齢者のパーティですが

無事に槍までたどり着けたのでしょうか…


PEEP WALL
最後の水場

…て言うか北鎌のコル近くまで水が出てました

ハイドレーションの水が勿体ないので

ここでいっぱい水分補給!


PEEP WALL
コルまでもうちょっと

この辺まで来ると

だいぶ明るい雰囲気です


PEEP WALL
北鎌のコルには7:40頃着

ここには4人用テントが張れそうなくらいの平らなスペース

水もちょっと下にあるので

ここまで来て泊まるってのもありかもです


PEEP WALL
尾根に出てもしばらくは樹林の中を進みます

奥秩父とかとなんら変わりません


PEEP WALL
なんて思いながら登っていると

開けた場所に出ました

向こうに見えるのは独標ですかね

結構遠いです


にしても

とってもイイ天気です!


PEEP WALL
9:10 P8到着

ようやく見通しの良い所に出ました


PEEP WALL
でもまだ槍ヶ岳は全然見えません

独標が見えるのみ


PEEP WALL
ちょっと進んで天狗の腰掛

立っている所の向こうは空間で

下までスッパリ切れてます


PEEP WALL
ここの先にもテント張れるスペースが

こんな感じのが結構あります


PEEP WALL
道はだんだんクライミングっぽい要素が出てきます

ま簡単なのでロープとかはいらないかな

ちなみに今回

ロープとか持って行ったけど

結局使いませんでした


PEEP WALL
北鎌には

基本目印のペイントも鎖もありませんが

所々古っぽいフィックスが残っています

正直回収してほしい


PEEP WALL

PEEP WALL
独標へは右巻きにトラバースして行き

途中から上を目指す

てな事何かで読みましたが

気が付いたら終始巻いてたようです


PEEP WALL

PEEP WALL
こんな感じの道が続きます

インカトレイルみたい


PEEP WALL

PEEP WALL
岩場っぽいポイント

やんまぁ君はコーナーになんとかラインを見出そうとしてますが

結局ゴボウに


PEEP WALL
上から見た図

実は左から3級程度のクライミングで抜けられます

でも靴の性能で全然体感グレードは違うでしょう


今回自分と連れは

ファイブテンのガイドテニーで来たのですが


PEEP WALL
ゴムのフリクションは最高だけど

歩きには全然向いてません

前回飛騨尾根に行った時に初めて使ってみて

やけに足が疲れると思って

スーパーフィートを購入して入れたのに

…それでも駄目でした

歩きならトレランシューズの方が遥かにマシです

でクライミングはと言うと

全体に柔らかすぎるので

歩きを考えたサイズだとつま先が負けてしまって

これまた疲れます

実はおかげで足底筋膜炎が悪化してしまいましたo(TωT )


買った時は最高だと思っていたのですが

ちょっと…もう山では使いたくありません

来年は

ガンダルフでも買うかなあ



て事で

クライミングは問題なく

積極的に岩場を通りたい訳ですが

やんまぁ君は普通の登山靴

結果歩けるラインを探して進みました


PEEP WALL
見ると大した事ないクライムダウン

足が遠くてちょっとヤラシイ


PEEP WALL
岩から葉っぱが

きれい


PEEP WALL
だいぶ進んで

上にあがって行くとコルに出て

更に進むとちょっとしたピークに着きました


PEEP WALL
独標が後ろに!

なんと通り過ぎていました

どこかで上に登らなくちゃならなかった訳ですね~

確かに

登れば簡単そうな所はいくらでもあって

その方がむしろ安全で楽しかった気もしますが…

まあこれはこれでOKです


で正面を見てみると


PEEP WALL
なんかいろんな人のブログとかで見たような

かっこいい槍ヶ岳が目の前に!


昨日の時点では

今回こんな景色は見れないと思っていたので

嬉しいo(^▽^)o

先行パーティも見えましたが写ってるかな?


到着したのは11:35くらいだったので

ここで昼食にしました


PEEP WALL
寂しい昼食

いや十分十分


PEEP WALL
横に目をやると

昨日通って来た水俣乗越からのガレも良く見えます

…意外と長い


この場所には(多分P11)1時間近く居て

12:30頃出発

PEEP WALL
て言うか

頂上まだ随分遠くにあるような…

一応今日は肩のキャンプ場まで行く予定ですが

連れの消耗が激しくスピードがでないので

時間次第では北鎌平泊も視野に入れて進みます


PEEP WALL
トレースは実はいろいろな所にあって

どれが正しいとは言い切れないっぽいですが

一応一番易しそうなところを進みます

こんなボロいガリーも

まあ慎重に下れば問題なしですわ


PEEP WALL
で 結構下ったりします


PEEP WALL

PEEP WALL
振り返ると

独標も結構むこうになってきました


PEEP WALL
向こうに見える

見るからにザレた部分…の手前か

今回通った中で一番悪かったかもしれません


PEEP WALL
この部分ですかねえ

多分通常は

ちょっと右に進んでちょろっとクライミング

てな感じだと思うのですが

左から回って行けるようだったので

行ってみました


PEEP WALL
が…

まず下に降りる所の岩が脆い…

更にトラバースの足場がグズグズで

崩れて落ちて行ってしまいそう

な感じで

妙に悪かったです


全員無事に通れたので

問題無いっちゃあ問題無いですけどね~


PEEP WALL
登りもこんなで

ボロくて嫌でした


ここを過ぎたらトレースもはっきりしてきて

迷うことなく進めました

PEEP WALL

PEEP WALL
道に飛び出す岩をパスする必要があるのですが

右っ側が切れてて

結構躊躇してました

スタンスあるから簡単なのに

いろいろ考えると怖くなっちゃうんだよな~


PEEP WALL
途中雷鳥の親子?がいました

以前剣岳行った時のように

口でギーギー鳴いたら

超見てました

また惚れられたか( ̄▽+ ̄*)


PEEP WALL
トレースはずっとトラバースするように付いています

インカトレイル~


PEEP WALL
そのままトレース沿いに進みますが

気が付いたら北鎌平さえも巻いてしまい

西鎌尾根に出てしまいそうな勢いだったので

岩がゴロゴロしているあたりで尾根に向かいました


PEEP WALL
実は北鎌尾根は

迷ったら尾根筋が正解だったようです

楽しそうなところを

何気に結構パスしてきた気がします


で尾根に出たら北鎌平でした

時間は16:30

進めば小屋まで辿り着きそうですが

こんないい天気の土曜日

小屋のキャンプ場はいっぱいで場所を探すのが大変であろうと推測できる点

更に到着は日没後であろう点

なにより連れの消耗が激しい点等考え

水分が十分な量有ったのもあり

ここに宿泊する事にしました


PEEP WALL
北鎌平は

雪が有ればいっぱいテント張れそうだけど

夏は4張り位が限度っぽいです


テントを張っている時

下から登って来る人が2人いて

聞いたら今朝中房温泉から入って槍の小屋まで行くんだとか

で更に良く聞いたら

一人はライターさんで実はやりとりしている人

もう一人は信越5岳に出るランナー(実は山岳ガイド?)で

相当速い感じでした

二人ともちょっと休憩したら

そのまま頂上を目指して登って行きました


帰ってから岳人見たら

何気に表紙に出てましたね~

この二人はいつも一緒に登ってるっぽいです


PEEP WALL
ワインの向こうに写っているハズですが

わかんねーや


ちょっと酔っぱらって

19:00頃就寝

あすは天気が良ければ

日の出を待つ人々の中

頂上にたどり着くハズです

でも天気崩れるとかつぶやいてる人がいて

ちょっと雨の覚悟も…

まあなるようにしかならないのです!



9月11日 日曜日

今日はきっちり3:20起床!
PEEP WALL
まだ暗い中準備開始です

天気は

とってもイイっぽい!


PEEP WALL
急いで準備開始です


PEEP WALL
出発は4:30頃

こんな時間からヘッドランプ頼りに登るなんて

…マッターホルンみた~い (・∀・)


PEEP WALL


PEEP WALL
ちょっとクライミングっぽくなりますが

ここいらは岩も硬く

快適です!


PEEP WALL
日の出前の空

なんか光が神々しい(ノ゚ο゚)ノ


PEEP WALL
多分この登りの核心部

と言っても3級程度ですが…

下も平らで

落ちてきても受けとめられる感じ


PEEP WALL
コーナーよりも

右のフェースの方が楽しいっぽかったですよ


PEEP WALL
頂上はもうすぐ!

思ったより北鎌平からは楽勝でした


PEEP WALL
頂上着は5:08

日の出にはちょっと早かった


にしても素晴らしい天気です!

ウルトラセブンの後ろは

登って来た北鎌尾根が伸びてます
PEEP WALL
北鎌平が意外に遠い

逆に独標が近く見えるなあ


PEEP WALL
最後に3人で記念撮影して

日の出を待たずに下りました


PEEP WALL
穂高方面を見ながら下降

先々週行った奥穂も良く見えます

ジャンダルムも見えますね


PEEP WALL
小屋の前にはご来光を見る人が…

でもそんなに多くない??


PEEP WALL
一応太陽が見えるところで撮影

雲海がずーっと広がってます


PEEP WALL
小屋まで降りて

朝食にしました

丁度焼き立てパンが出来ていて

連れと2人で3つほど食べました

クロワッサン超美味しい!

けど高い~


PEEP WALL
やんまぁ君は穂高で知り合いに合うとかで

朝食後急いで歩いて行きました

彼はこの後穂高岳山荘まで行って

でも知り合いに会う事は…できたのかな?

最終のバスにはなんとか間に合ったようです


PEEP WALL
自分たちは

足が痛いのもあり

そのままお気楽に下山しました


PEEP WALL
槍沢ロッジで水分補給

一昨日は雨だったけど今日は晴れ!

今回初にして最後のビールでした~

酔っぱらって

この後の下りがちょっと辛かった(-。-;)


PEEP WALL
昼食は徳沢で

昼時で混み合っていました


PEEP WALL
カレーライスと


PEEP WALL
高菜チャーハン

どちらもいけてました!

てか店の中はチャーハンの良いにおいがしてて

お腹すいた人にはたまりません


PEEP WALL
店の窓から表の景色

徳沢良いとこですな


PEEP WALL
デザートに名物のソフトクリームを食べて

ゆっくりゆっくり

上高地に向かいました


PEEP WALL
人がいっぱい!って思ったら

ちょっと少ない??

そんな気がします


PEEP WALL
振り返ったら奥穂は雲の中

河原にはいっぱい観光客が入ってました

昔来た時は大腸菌がどうたらで

誰も入って無かったのを考えれば

環境が改善されて良くなったものですねえ


PEEP WALL
下山後はコーラで締め

やっぱクライマーはコーラでしょう!



北鎌尾根

正直行くまでは

西穂~奥穂みたいなラインだと思っていたのですが

全然違いました

残置が圧倒的に少なく…って言うか基本無く

コースを示す目印も無くて

登山道と比べると段違いに悪かったです

でも

ライン取りとか考える楽しみがあって

今まで行った歩きのコースでは一番面白かったです


こんどは

雪の有る時にでも来ようかな

そんな風に思いました




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Thu, July 21, 2011 13:08:24

アルコ

テーマ:ブログ
昨日の夜にアルコに移動して
ただ今観戦中
photo:01


佐千完登~

ていうか暑いー(-_-;)
こんな感じの観戦です
photo:04




一応今朝は
観光って言うか城見に行っときました
photo:02


街並み綺麗っすな
photo:03







iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, July 20, 2011 10:47:36

ツールドフランス

テーマ:ブログ
ツェルマットから移動して
ツールドフランス17ステージの会場
SESTRIEREに来てます
photo:01


この後
こっちの時間で14:10位に
選手が通過します
…3時間以上あるな^^;

周りは観戦客でいっぱいになってきたー

早く来ないかな~♪



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Tue, July 19, 2011 06:11:18

マッターホルン断念orz

テーマ:ブログ
昨日は晴れたものの
一昨日の雨と
更に今日明日と天気悪く
どう考えても無理なので
マッターホルンは諦めました(/ _ ; )

昨日の最後のマッターホルン
photo:01


初日のと同んなじぢゃん…

昨日ブライトホルンのハーフトラバース行った近◯ガイドの話だと
ベルグラで今迄で一番悪かった
らしいので
この後晴れたとしても無理だったようです
気難しい山ですねー

という訳で
今ジュネーブに向かう電車の中です
ツェルマットは物価が高く(日本の倍と思ってください)
経済的に厳しいのもあり
他の観光に切り替えることにしました

アルコにでも行ってみますよー

おまけ
昨日行ったリッフェルゼーでのマッターホルン
photo:02


一応昨日はリッフェルホルンでクライミングだったのです
天気良くて楽しかった~

iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, July 17, 2011 16:13:46

レスト日

テーマ:ブログ
今日は休養日
天気が良ければリッフェルゼーにでも行こうと思ってたのですが
photo:01


雨ザンザン降ってます(T . T)

仕方ないので
街中散策したり
昼からいいモノ食べたりしてます
photo:02


スイス風ユッケ
しっかり味付いてて
パンに乗っけて食べます
…食中毒大丈夫か(ーー;)

でマッターホルンミュージアム行って
ちっと疲れたのでホテルに戻って
ツールドフランス見てます
photo:03


こんな日も以外と悪くないかも^^;


て言うか
この先結構天気悪そうで
考え直す必要があるかもです…(-_-;)



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, July 16, 2011 17:13:12

ブライトホルン

テーマ:登山
ブライトホルンの標高は4164m
マッターホルン4478mの高所順応として十分な上に
ロープウェイで3883mまで行けてしまうので
手軽さという点でも申し分ありません

そういった訳で
到着早々登ってみた訳ですが

連れの調子が思わしくなく
いきなりロープウェイ終点
マッターホルン・グレーシャー・パラダイスにあるレストランで
1時間位待機(ーー;)
photo:02


高山病…って感じです

でも休んだらちょっと元気になったので
じゃ行くか!って出発しました

3000m以上の部分はスキー場が営業していて
スキー場を200m程進んだ所に登山口?があります
若干降りるのですが
それでも高低差300m程度の楽勝登りです
photo:03


登山者とかガイドツアーとか大量にいて
イメージはGWの立山って感じです
ただ山を滑る人は少なく
4人ぐらい見たかな…
雪はカチンコチンなので
正直面白くなさそう

で登って行きますが
やはり連れの調子が思わしくなく
匍匐前進か?って思うほどのスピードで
後から来た全員に抜かれ
降りて来たガイドに「帰れ」みたいな事言われたりもしましたが
なんとか頑張って
3時間近くかけて頂上に着きました( ´ ▽ ` )ノ

まあ
順応は順調?かな?

明日はレストで明後日からマッターホルンです





iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, July 16, 2011 07:48:46

ツェルマット到着

テーマ:ブログ
無事にツェルマットに着きました( ´ ▽ ` )ノ
これからブライトホルン登ります

途中のマッターホルン
photo:01



こっちは昨晩撮ったの
photo:02



夕飯はラクレットでしたよー
photo:03





iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, July 15, 2011 17:35:03

スイス到着

テーマ:ブログ
現地時間15:00頃
ジュネーブに着きました( ´ ▽ ` )ノ

今は電車でツェルマットに向け移動中
photo:01


着いたらホテルチェックインして
夕飯に繰り出すって感じかなー

ちなみに天気は良くて
ちょっと期待!
photo:02





iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, July 15, 2011 05:12:43

マッターホルン向かってます

テーマ:ブログ
14日夜のフライトで
スイスに向かってます

今回エミレーツ航空だったので
今ドバイで接続待ち中
photo:01



あと3時間位ある~(ーー;)


金持ちエミレーツだけに
機内食とかちょっと期待しましたが
JALとの共同便ってのもあったのか
わりと普通~でした

空港も普通な感じ~



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。