口パク、やめました。

テーマ:

 

これまでほとんどMV(MUSIC VIDEO)を作らなかったSTARMARIEが、

「ヘブンズ・ウェディング」のMVを公開しました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=QIS3owk7sU8

 

 

これには、意味があります。

 

 

2015年の6月に武道館宣言をしてから、早2年。

結論、我々にとっては、武道館は2年でできるほど甘くはなかった。

 

敗北ではありません。

それだけ途方もない作業だということです。

 

 

以前、ツイッターで武道館をやるためには、

資金面が一番ハードルが高いと書きました。

 

それと同時に、取り組まなければならないことは、

”本物”にならなければいけないということです。

 

小手先のショーでは、

1万人のハートはつかめないと考えました。

 

 

それまでは、ライブのカラオケ全てに歌が入っていました。

歌をかぶせる、とか、なんとか都合の良い言葉はいくつかありますが、

いわゆる世間的には、"口パク"の類です。

 

 

パフォーマンスを重視するため、

テーマパークのSHOWのように、

歌に重きは置いてきませんでした。

 

 

これは、僕の間違いでした。

 

 

それが、彼女たちの成長を止めていました。

 

 

いきなりすべてを変えることは難しいし、

口パクを否定しているわけではありません。

 

リスクを減らしたり、良く見せるための1つの手法だし、

ファンが喜ぶなら全然ありだと思う。

 

0か100ではなく、50くらいいれておく、

という手法もあります。

 

 

今回の「ヘブンズ・ウェディング」は、

ライブで使うカラオケには、コーラス1つ入っておらず、すべて生で歌っています。

横浜ではピアノ1本で歌いました。

 

当たり前のことが、

やっとできるようになってきました。

 

 

「ヘブンズ・ウェディング」は、

とても難しい歌です。

 

最初、曲をいただいた時は、

こんなに難しい曲は無理だと思いました。

 

しかも、歌詞は全然できませんでした。

季節が何度も変わりました・・・汗

 

 

でも、何かの拍子に、

やってみようと思いました。

 

 

そんな時に、考えたことがウェディングソング。

STARMARIEなりのウェディングソング。

 

 

亡くなってしまった母が、

娘の結婚式を天国から見守る、という物語です。

 

 

お恥ずかしいのですが、

初めて自分で歌詞を書きながら涙しました。

 

気に入っているところは、

一番サビの「そして何より 自分のこと一番に」というフレーズです。

 

最近は、相手を思いやることがスタンダードすぎて、

息苦しい世の中です。

 

 

きっと親なら、

誰よりも自分の子供の幸せを願います。

 

でも、自分で自分を傷つけてしまうことがあります。

それからは、誰も守ることができません。

 

自己肯定をして、しっかり生きて欲しい。

不器用でもいい。

 

 

この2年で、

STARMARIE 彼女たちは、めきめき歌の力をつけてきました。

 

いきなりMayJさんみたいになれない。

でもね、いいんです。

 

歌は心だと思うんです。

 

心が心に触れるから感動すると思うんです。

 

感動は共鳴します。膨らみます。

 

1万人に広がります。

 

 

「ヘブンズ・ウェディング」は、

いわば、2年間のSTARMARIEの挑戦・可能性の結晶です。

 

彼女たちは、くじけながら、

自己肯定を少しずつ覚えて、歩きだしました。

それは、評価してくださるファンの皆様のおかげです。

 

まだまだ武道館は遠い。

 

けど、信じる。

 

そういった意味が、この作品には込められています。

是非、聞いてください。

 

AD

●扉を開こう

 

 

STARMARIEのライブは、とにかく激しい。

メンバーが、とにかく激しい。

でも、泣ける。

曲が泣ける。

ダンスが泣ける。

10年近くやってるから、そのストーリーに、また泣ける。

あなたは、いろんなことを忘れて、世界観に没頭する。

 

●スケジュール

 

http://starmarie.com/ から、スケジュールをチェック!

2ヶ月前くらいから予定が発表される。

チケットは通常のプレイガイドで購入する他に、HPのフォーム http://starmarie.com/calendar#ticket から予約できる公演もある。

 

初心者のあなたには、チケットレスのFREE LIVE(観覧無料)が狙い目だ。

月に数回、催されている。

 

 

●ライブ当日

 

50曲近くあるレパートリーから、何を披露するかは分からない。

あなたが聞きたい曲が、聞けない日も(よく)ある。

でも、安心して欲しい。外れ曲は1曲もない。

すべての楽曲にストーリーがあり、スタマリワールドを堪能できる。

楽しみ方は、自由だ。

 

●ライブハウスはちょっと・・・。

 

小さなライブハウスでは、危険な行為がないように、

すべてのファンがストレスがないように努めている。

マリスト(スタマリファン)は良い人が多い。

分からないことを聞くと、とても親切に教えてくれる。

もちろんスタッフにも聞いて欲しい。

 

「それでもちょっとライブハウスは・・・。」と、あなたが思う時は、

無理しないで欲しい。

中野サンプラザ(8月30日)や、椅子席のライブにご来場あれ。

イベント、ワンマン、様々なスタイルで公演を行なっているのもスタマリの特徴だ。

 

 

●Greeting

 

公演の終演後には、Greetingを行う。

グッズ購入者様を対象にした特典会にメンバーが登場する。

あなたは、ライブとは違う!?メンバーの魅力に触れることになる。

 

●ファンクラブ

 

スタマリは知れば知るほど楽しい!

歴史?メンバーのキャラクター?「中根もにゃ」って本名?

ファンクラブも発足から1年が経ち、イベントも充実してきた。

ライブに足を運んだら、次はファンクラブ加入をお勧めしたい!

 

 

*2017/7/1

*内容はアップグレードするかもしれません。

AD

2017年5月1日。

独立して、10年目が始まった。

 

24歳の時にコネクション0で上京してきて、

アルバイト、ライブハウスでの社員を経て、独立。

 

起業するなんて考えてもなかったけど、

気がつけば10年。もうすぐ37歳。

 

 

騙されて会社がつぶれそうになった時もあったし、

お金がまわらなくてため息をつく日なんて、何度もあった。

 

でも、眠れない夜はなかった。

それが続けられた秘訣かもしれない。

 

 

良い思い出はたくさんある。

 

 

1番の思い出は昨日の横浜アリーナだ。

 

 

そして、横浜アリーナを更新する出来事がすぐに起きるはずだ。

 

 

 

良いスタッフにも、仲間にも恵まれた。家族にも恵まれた。

 

悪人も、ほどよく登場して試練をくれる。

でも恨んだりしない。

 

 

思いっきり悔しがる。

 

些細なことで傷つく。

 

 

自分の限界を決めない。

 

他人の限界を決めない。

 

楽な方にはいかない。

 

自分に嘘をつかない。

 

他人には、たまに嘘はつく。。

 

 

 

素晴らしい歌を作る。

 

素晴らしいライブを作る。

 

 

 

 

僕が一番成長する。

 

 

昨日より今日。

今日より明日がベストであれば、どこまでもいける。

 

 

 

武道館にふさわしいチームを作る。

 

武道館を行うための予算を準備する。

 

 

必ず連れていく。夢みたいなステージに。

 

 

 

最後に、

このブログをご覧いただいているあなたに感謝を伝えます。

 

ありがとうございます。

 

これからも仲良くしてください。

厳しく指導してください。

何より、あなたも健康で、幸せでいてください!

 

いけたら一杯いきましょう。

どうぞ10年目も、よろしくお願いします。

 

 

2017年5月1日 株式会社M-SMILE  高谷祐介

AD

昨年、中野サンプラザ後に書いたblog。

http://ameblo.jp/yusuketakatani/entry-12232384123.html

<以下抜粋>

しかし、次の単独公演は白紙です。

背伸びして、疲れたつま先を少し休めて。

今年行なった4回をしっかり分析し、検証し、

最も適切な時期に、適切な会場で行ないます。

その1つか2つ先に武道館です。

武道館を発表することが目標じゃなく。

武道館をやれる状態にもっていくことが、2017年上半期の目標です。

ーーーーーここまでーーーーーー

 

4月4日、最高の1日。

皆様にすごく喜んでいただけて、本当に嬉しかった。

ありがとうございました。

 

僕たちは、チケットを無料で配ってまでライブに来て欲しくないんだ。

 

それが、ずっと言えなかった。

言えずにいた。怖かった。

 

きっと甘えていたんです。

環境に。ファンの皆様に。

 

 

発表しました。

8/30 水曜日!

中野サンプラザ。

 

全席指定席。

 

ここで真っ向勝負に切り替えなければ到底、武道館は、ない。

 

 

そんな中、披露した新曲 ヘブンズ・ウェディング。

とっても難しい曲。

しかも同期なしの選択を選びました。

*同期というのは一般的で、あらかじめ用意したカラオケ・トラックに合わせて弾くこと。(口パクも可能になる。)

 

全部生演奏。

真っ向勝負です。

 

結果は、昨日ご覧になった皆様がご判断ください。

 

他にも、新しいSTARMARIE、

メンバー個々のレベルアップ・挑戦、ファン層の拡大のための作戦・実験。

いろいろやりました。

 

実は特別なことは何もない、潜在能力を呼び覚ますことで、飛躍的に進歩できる。

これは、人は誰にもあてはまるんじゃないでしょうか。

強い個の集合が、強いチームになる。

 

決して自分の限界を、自分で決めない。

(ましてや他人が決めない。)

 

STARMARIEは8/30に2000名入れます。

約束します。

 

客観的には、これを達成したら大きな事件なのでしょう。

一泡吹かせてやりましょう。(誰に?ですが。。)

 

小さなSTARMARIEが、

大きなものをバッタバッタ倒していくさまを。

 

 

そして、改めて。

 

恥ずかしくないグループでい続けるから、

ずっと飽きさせないから、

曲とメンバーと、夢についてきてください。

 

好きでいてくれる人たちがいる。

好きでもない人に媚びる作業は、もうやめた。

 

もっとたくさん好きになってもらえるように頑張ります。

 

さぁ、新しい幕が上がる。真っ向勝負でいこう。

 

渋谷マルイのショーウィンドウ!

 

 

12月の中野サンプラザが終わって、

1月から3月は考える時間にしました。

 

どうすれば武道館を成功させ、且つ、この仕事を続けられるか、

STARMARIEが続けられるか。

 

 

主な答えは、

 

● 目立つ

● 魅力を拡張する

 

目立つ、は、

もっと名前が目につくようにする。

 

アイドルのファンだけではホールは埋まらない。

かと言って、漠然と大海原に出るのもよくない。

 

STARMARIEを好きになってくれそうな人に、どうやって見てもらうか。

ポケモンで例えるなら、STARMARIEの属性(フィールド)で戦えるか否か。

 

魅力を拡張する、は、

パフォーマンス良いよね、とか、

歌詞が面白いよね、とか、なんだかふわっとしたものを、

もっと追求することと、もっと分かりやすく伝えること、映像化、言語化すること。

 

 

2月19日。TOKYO FM HALL。

 

スタッフ、メンバーでアイデアを出し合った時間は、

実に有意義でした。

to doの会議はどうしてもうまくいかない。

ありきで始まることで、発想に制限が生まれるから。

 

 

アイデアがたくさん出た後、一番大事なこと。

それは、プロデューサーの指揮。

 

以前から、重要性を語って来ました。

 

もっと客呼べとか、もっと練習しろとか、偉そうに言うプロデューサー。

 

少しは大事なのかもしれませんが、

お前が一番頑張れ!

 

 

と。自分に言う。

 

アイデア、戦略。人間性、資金力。

 

常に、自分が成長し続けないといけない。

 

 

 

武道館?本当にできるのかな、って思っちゃいけない。

(たまに思っちゃうのよ)

 

絶対できると思うから、できるわけで、

そうやって、成長のチャンスを自分自身で生み出していく。

 

越えていこう。

 

 

 

3月20日。

先日のマルイ屋上ライブは、ある種、これらの集約で、

とても手応えを感じました。

 

 

内容は、もっとやりたいことあるし、悔しい部分もあったけど、

たくさんの人たちが見にきてくれて、嬉しかったです!

 

目立ちました。

 

 

 

2017年、春。

目立つこと。

拡張すること。

 

 

最近もう一つ、自分の中で加えたことがあります。

 

"楽しみだな"って思ってもらえるSTARMARIEでいること。

 

 

 

僕は、プロデューサーだけど、

失敗たくさんするし、調子の良い嘘もついたりする。

自分が嫌いになるときもある。

 

 

でも、いつか、この先、

満点の星空の下とか、

海の上とか、まだ発見されていない惑星とかで、LIVEがしたいな。