「タクティールケア」とは?

テーマ:

「タクティールケア」は「福祉大国であるスウェーデン発祥のタッチケアです。

1960年代に未熟児のケアを担当していた看護師が、未熟児に毎日タッチケアを行うことで乳児の体温が安定し、体重の増加が見られたという経験に基づき考案されています。

タクティールの考え方の根底はタッチセラピーにあって、優しく触れられたいという人間が本来持つ願望が満たされることで乳児はもとより、大人や高齢者にも精神的不安の解消や、痛覚を抑制する効用があります。

 

このような効用の背景にあるのが「オキシトシン」です。オキシトシンは「愛情ホルモン」、「癒しホルモン」とも呼ばれ、脳の視床下部で産出されますが、ストレスや不安を軽減することが研究によって明らかにされていますウインク

 

肌に触れられることで触覚が刺激を受け、オキシトシンが血液中に分泌され、それが体内に広がることでストレスや不安を和らげ、脊髄にある痛みを脳に伝えるゲートを閉じる働きもあり、痛みを感じにくくさせることも分かってきました。更には、タクティールケアを施す側にもオキシトシンは分泌され、相手との相互の信頼感が生まれるという事例もありますびっくり

 

導入している介護現場では、受けての不安な気持ちや表情が少しづつ和らいでいくのがわかると同時に、自分の気持ちも穏やかになる、受けた人は体がポカポカし、深い呼吸に変わり、気分が落ち着き、かつ心地よい眠りに入る、といった声も出ています照れ

 

タクティールケアは、脳の活性化に働きかけることができ、認知症の中核症状やBPSD(行動・心理症状)にも一定の効果をもたらすことが分かってきました。

 

鍼灸治療では実際に肌に触れてツボ(経穴)の状態や、寒熱の状態などを診る「切診」も重要です。また「小児はり」では、現在では基本的に経絡に沿ってさすることが中心の治療となっています。これらも、この「タクティールケア」のスタンスから考えれば、ストレスを軽減したり、気分を落ち着ける作用があると言えるでしょう。

 

AD

今週はずいぶん寒くなりそうですね! 瀬戸内でも雪雪になりそうです。

 

二十四節気の「小寒」は1月5日から1月19日までですが、次の節気の「大寒」までの約30日間は「寒(寒中・寒の内)」と呼ばれ、暦の上で寒さが最も厳しくなる時季です。

 

寒が始まる最初の日、小寒は「寒の入り」と呼ばれ、「寒中水泳」や「寒稽古」なども、寒に行われます。「寒中見舞い」を送るのもこの時季で、厳寒期に相手の健康を気遣うための便りですニコニコ また、喪中により年賀状を出せなかった人が、年賀状の返答として寒中見舞いを送るケースも多くあります。

 

正月の松飾り(門松)を立てておく期間「松の内」は、地域によって異なります。関東では元日から1月7日の地域が多く、関西では15日までを松の内とする地域が多いようです。

松の内を過ぎたら、年神様にお供えしていた鏡餅を下げて食べる「鏡開き」を行います。もっともこの時期(日)は近年ではだいたい1月11日に行う場合が多いようです。鏡開きは元々は武家社会の行事で、「具足開き」と言い、兜や鎧にお供えした餅を雑煮などにして食べていました。そのため「切る」ことが避けられ、手や木槌で割って「開いた」わけですびっくり

 

また、五節句の一つである「人日(じんじつ)」の1月7日の朝には、「七草粥」を食べます。春の七草などが入るこの粥は、新たな一年の無病息災を願うほか、正月のご馳走、祝酒などで弱った胃腸を休める目的がありますウインク

 

もう仕事も始まり、ほとんど門松も取り払われて、七草粥の時季も過ぎましたから、さすがにお正月気分はほとんど無いかとは思いますが、、、お休みはあっという間で早いですねしょぼん 暦のとおりの「寒」の折、インフルエンザや風邪を引かないように、体調管理には十分気をつけて過ごしましょう照れ

AD

今年もお世話になりました!

テーマ:

今年の営業も本日で終了!

明日から1月3日までお休みですヽ(´▽`)/

ご縁があったいろいろな方に感謝おねがい

来年もよろしくお願いします。

(*写真は治療院に置いてある、アドラー心理学の日めくりカレンダーより、愛をこめて(笑) )

AD