1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2012-05-27 18:30:39

日本ダービー

テーマ:ブログ
こんばんは☆


土日の競馬が終わりました!皆さん、お疲れ様でしたニコニコ




さて、今日の日本ダービー。
まずは、自分のレース回顧から。

ベールドインパクトは、パドックでは落ち着いていて、良い状態に感じました。

馬場入場から、返し馬での感触も良かったのですが、皐月賞の時と比べると、仕上がりが良い分、うるさい面も見せていました。

発走前のファンファーレでは、かなり気合いを表に出していましたし、ゲート内でも、いつもよりチャカついていました。

レース前のプランとしては、折り合いに不安がないので、ある程度ゲートから出して行って、流れに乗ったレースをしようと考えていました。

ゼロスとトーセンの1、2番手はスンナリ決まると考えていたので、その直後かもう1列後ろ辺りが理想的なポジションかなと予想していました。

そして、スタート。
幾分、出負け気味でしたが、押して先行しようとしました。
ただ、思ったほど行き脚がつかなかったのと、1コーナーから、ペースが速くなると感じたので、ムリに深追いせず、ベールドのリズムで追走することにしました。

向正面に入っても、2400にしてはペースも落ちなかったですし、ゴールドシップとワールドエースが目の前にいたので、良い流れだなと感じていました。

ただ、ワールドエースの後ろからでは勝つのは厳しいと考えていたので、やはりもう少し前に付けたかったのが本音です。


そして、3コーナーから4コーナー。
内目で非常に手応え良く運べていましたし、後方に位置していた馬が、外に進路を取ろうとしている馬が多かったので、イタズラに動かずに直線にかけて、内を突きました。

いざ直線。
追い出した時点で、かなり反応が良かったので、進路を探しながら必死に追いました。
ただ、坂に差し掛かった辺りで、若干苦しそうな素振りを見せていました。

正直、今日のペースなら、もう少し前が止まると感じていたのですが、なかなか差が詰まらず、ベールドは精一杯の脚を使ってくれましたが、9着でした。

時計や、上位馬の結果を見ると、やはりもう少し先行する形の方が、チャンスは大きかったと思います。



ただ、ベールド自身は、経験を積んできて、かなりレースがしやすくなってきましたし、タフな展開でもしっかりした上がりを使ってくれました。

折り合いに不安がないので、秋には菊花賞を目指す事になると思います。

まだまだ成長途上の馬ですし、良い夏を過ごして、無事に秋を迎えて欲しいです。

僕自身も、ダービーに騎乗させていただいた経験をムダにせず、大きな舞台でも、もっともっと「勝つこと」を意識したレースができるように、精進したいと思います。





そして、勝ったディープブリランテ。
縦長の好位という、一見折り合って運びやすいように見える位置取りでしたが、馬が納得していなければ、確実にリズムを崩していたと思います。

課題をきっちりと修正して、自信を持ってレースを作り、能力を出し切ってのハナ差の勝利。

ダービー馬の称号に、ふさわしいレースだったと思います。

関係者の皆様、本当におめでとうございます!!






来週からは、また新馬戦が始まります馬

去年、新馬戦の後に、矢作先生と「ついに大物が出ましたね!」と話していたのが、ディープブリランテでした。

やはり、デビュー前からクラシックを意識している馬を、依頼されるようなジョッキーにならなければと、強く感じています。

その為には、日々の積み重ねですよね。
もっと貪欲に、やれる事をやっていきます!!!


また応援よろしくお願いします!!
いいね!した人  |  コメント(61)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み