ゆーすけのブログ

KYOSHO/Muchmore/SANWA/X-GEAR/Brain Speed Graphix/RC
ADVISER CHAMP/CHAMP STADIUM/You Design


テーマ:
今回は前回の続きで、ギヤボックス周りの補足説明について書いていこうと思います!

前回組み上がったデフを準備します。
{4A450959-D17D-4AC4-9147-E67783EFF280:01}

ギヤボックスの形式としては、土などの低グリップでは4ギア、人工芝やグリップの高い場所なら3ギヤを使用しています。
(駆動形式はミッドシップです。3ギヤを用いる場合はアンプの設定でモーターの回転を逆方向にしています)

4ギアの方が、トラクションの掛かり方がスムーズなイメージで、低グリップでも安心して加速させる事が出来ます。

対して3ギヤは、トラクションの掛かり方がピーキーなので、人工芝やグリップが高い場合に強いトラクションを発生させる事が出来ます。

4ギアを使用する場合は、ドライブギヤの一つをアルミ製に替えています。
4ギアの場合はギヤに負担が多く掛かるので、ドライブギヤの破損が起こりがちです。
ここを一つアルミ製にする事で耐久性を確実に上げる事ができます。
{05A7CBE3-2FAC-4EA7-BD34-722BCF73D2DE:01}
VVCアルミドライブギヤ(UMW718)

また、ここでの注意はギヤの位置です。
写真の位置にアルミドライブギヤを装着する様にしてください。
樹脂と金属が交互になる様にするのがポイントです。

ギヤの噛み合いに使用しているグリスは、前回紹介したKYOSHO製ボールデフグリスを使用しています。


次に、モータープレートの取り付けについてご紹介します。

モータープレートを固定する際に、ネジを強く締め過ぎるとギヤボックスが潰れて駆動が重くなってしまう事があります。

なので、必ずモータープレート部分にロックタイトを使用して、強く締めすぎず、ネジの面がモータープレート面と一致する程度にして下さい。

ダメな例❌
{23C39168-6787-478D-B13B-E04024C732D0:01}
締めすぎです。ネジが飛び出ています。

良い例⭕️
{5A6803C5-1790-4FF8-B77D-F358BF6F1BF5:01}
ネジの面とモータープレートの面が一致しています。

最後にスリッパーについて。

細かい事ですが、スリッパーパッドの新品はあまり使いません。
中古で使ったものをカッターで削り、面を出して使用しています。
{E501D33D-84F2-4AD4-B2D9-08D42533F018:01}
注意するのはカッターの面を使ってうまくテカっている部分を削る事です。
傷をつけない様にするのがポイントですが、かなり経験が必要ですね。

もちろん新品でも適正な締め具合ならばしっかり走ります!

また、次も細かいですが、スパーギヤは毎回同じ向きで使用しています。
{00829EE9-2153-448F-AF74-CFD04FFE706F:01}
僕の場合、数字が見える方を必ずオモテ面にしています。

ナットの締め具合は、大体面と同じからスタートします。
スリッパー調整は車に取り付けてから細かく行います。

{F61A4739-0FEF-4204-B337-30DE2547AA2F:01}

これでギヤボックスは完成です!!

車に取り付けてからは、ボールデフとスリッパーの滑り具合を調整します。

ボールデフもスリッパーも滑りすぎず、また締めすぎない様な調整が必要です。


次は走行前の細かい調整の仕方について説明していきます!


では~😎✨
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回はKyosho RB6のギヤボックス(ボールデフ)の組み方について自分なりの方法を書いていきます😎

まず、パーツクリーナーを用いて全ての金属部品を脱脂します。
もちろん、新品でも脱脂は必ずします。
ベアリングは元々潤滑オイルが入っているので、脱脂しないで下さい。
{D5AD597E-3D8C-436E-BE8C-A9D9A4435B89:01}

次にボールデフを作っていきます。

まず初めにナットをプラのケースにはめて、スプリングを中に入れると思います。
ここでの注意はスプリングを必ずペンチなどで一回潰しきる事です。
ここで潰す事によってスプリングの最初の"硬さ"が消え、途中で効きが変わってしまうなどの症状を抑える事が出来ます。

また、プラのケースはデフカップにはまり難いので、細いドライバーなどでしっかり奥まで押し込む事も必要です。


次にスラスト部分を作っていきます。
スラストを作る際、使用するピンセットやデザインナイフなどは必ず脱脂してください。
使っているグリスはX-GEARの黄色です。
{146A2019-A463-4CF4-9CAE-33F17A220B0A:01}

(写真の左側。右はスラストには使いません)

まず、スラストボールを乗せるリングをシャフトに差し込み、3角形になる様にグリスを塗ります。
{9CA80040-4792-4B7B-8650-AC115471201F:01}

その後、スラストボールを8つ乗せ、上からリングを被せます。玉が外に溢れてしまうのでデザインナイフなどを用いて玉を押し込みます。
{95D98690-06E2-4B3F-BCB7-B33356DF0912:01}

これをデフカップに差し込み、次は中央のボール周りを組んでいきます。

ここで注意すべきは、使うグリスが変わるという事です。先程紹介した写真右側のボールデフグリスを使用します。
グリスの種類が変わる為、ここでも手や工具はしっかりと清掃し直します。
ここで、2つのグリスが混ざってしまうと、デフがかなり滑り易くなってしまいます。

清掃後、カップにグリスを塗っていきます。
{99EECFCC-C13C-4410-93D7-112989E1121F:01}

写真ではかなり厚めにグリスが塗ってあります。 
グリスは節約せず、多めに使うのもポイントです。

そのあと、上からデフリングを置き、その上にもグリスをたっぷり塗ります。

{3A9835AF-A21C-4CE8-A04D-EA3BF194EB52:01}

ここでも注意が一つあります。
このデフリングには表裏があり、角に丸みを帯びている方がボール側となります。

また、中古を組む際はリングに付いている溝にも注意します。写真のように溝が深くなっている場合は、正しく組んでも良いデフが作れない可能性があります。なので、あえてデフリングを裏向きに付けて組む事もあります。
{A7382C66-0657-4FFF-8D03-1DF0B92E2469:01}

次にボールが入るギヤを取り付けます。、
{9D05DF58-9899-4A3F-BD5E-8D1FEA7C0356:01}
スラストと逆側のカップにギヤをはめて、ボールの入る位置にグリスを入れていきます。新品のギヤはベアリング周りに少しバリが残っている時があるので、必ずカッターなどで処理して下さい。

最後にシャフトを締め込みます。
{9CA3CBFB-F8DF-4988-B679-5E85EB3ABE40:01}

ここで重要なのは、一気に全て締め込むのではなく、少しずつ馴染ませながら締め込む事です。また、少し締め込んでデフが重くなったら電動ドライバーを用いて高速で回します。
{06B875CB-BBA5-4688-8326-98B25A14D1F3:01}

10秒ほど回すとデフが少し軽くなるので、また1/4ほど締め込んで同じ様な作業をしていきます。

重くなってから3/4回転程、締め込みをして電動ドライバーでの慣らしが終わったら作業は終了です。


また、車に取り付けてからもデフの慣らしは行います。

次はギヤボックス周り(ギヤ、スリッパーなど)についてご紹介します!


では~😎✨

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんばんは!

今回はフランス旅行で訪れた、ここめっちゃ感動した!的な場所を写真付きで紹介したいと思います。ラジコンとは少し離れますが、、、笑



まずは何と言ってもパリ!

エッフェル塔や凱旋門、シャンゼリゼ通りなど日本でも有名な物が沢山ありました!

中でもシャンゼリゼ通りには世界中の様々なお店があり、車メーカーの場所にはレースカーなども展示してあるので車好きの僕にピッタリでした!

{C20CBF2E-BEA2-4F45-B2C0-24911369A53F:01}

{CAEDBFB6-72B2-4C32-B7AF-90098CBE4703:01}

路上にも高級車が多く止まってます
{7149D660-9F35-4E13-B9D5-06AB27B315B3:01}

しかし、パリではテロや犯罪の危険性もまた多くあったので、本当に本当に注意が必要ですね。

僕の目の前でも、犯罪を何個か目撃してしまうほどでした、、、。

皆さんも旅行する際は気をつけて下さい。


また、地方でも素晴らしい景色の連続でした😎✨

{1C362C79-6DB8-4139-AD31-5C40D8ECD2A7:01}

{F2915389-48BA-41A3-BD39-7DED82E4905D:01}

{3B2A7C2E-E5EA-4690-B9BA-6E587B3A0BDC:01}

{10ECA94E-BBED-460C-92CA-5CCBA8256802:01}

印象的な写真だけ笑

まだまだ一杯あるのですが、ブログ的にこれぐらいで笑



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。