・生きる目的は何?

・仕事って何?

・食べるって何?

・仏教って何?


ひらめき電球一人で悩む前に、
あなたのそのお悩みこの和尚に打ち明けてみませんか?



祐尚-和尚の心のお悩み相談室はおなたのご相談をお待ちしております。


*読者のみなさまの学びと気づきになるよう、ご質問と回答は内容を確認してお答えします。

公開お悩み相談をご希望の方は、お名前もしくはペンネームをお書き添えの上
コチラまで↓手紙メッセージをください。(受付順に回答します。)
http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=yusho-osho



虹 明確で安価なお布施の僧侶派遣は、はちす会






  • 21 Jul
    • 平身低頭(へいしん ていとう)

      お早うさんです、祐尚です。今日の言葉は、【平身低頭】です。当たり前の様に、挨拶の前後に頭を下げる事なんです。日本人の美意識の表れです。常に謙虚な気持ちになって相手に頭を下げる。明日、午前中に息子の彼女とそのご両親との食事会をします。そのご両親と初めて会います。いい緊張感になると思います。これで末っ子の息子も大人として一人の社会人として、心も独立します。東京オリンピックまでに新しい孫が誕生します(心の中で期待しながら、、、)新しい【縁】が育みますように。 🙏合掌、感謝。 光明真言、、、、、七遍。

      8
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 嘘と方便の違い

      今晩わ!祐尚です。蝉が此処彼処(ここかしこ)早朝より鳴き出して、人の心に浄化をもたらします。この鳴き声を騒音と感じる貴女は、もはや、仕事に悩み過ぎの感あり。さて、【嘘うそ】とはいわゆる妄語(もうご)であって仏教用語で嘘をつくことになる。だから、言って悪い事になる。品位が下降するんだ。方便とは、聞く人に利益があるように言う言葉なんだ。『仏のうるはしき心にて、ときおき給へる御方も、方便といふこと有て。』仏の正しい心で、この世に残し置かれたみ教えにも、方便と言うことがあって。ーーーーうるはしきーーー俗語できちんと正しいーーーという意味。ーーー『さとりなきものは、ここかしこ たがう うたがひをおきつくべなん。』知恵のない者は、あちこちが食い違う事に疑いを抱くだろう。(他人に対して卑下する輩達を指す。上司、同僚、男尊女卑の上から目線の人達。但し、知恵のある者は人を、他人を卑下しないのだ。)仏説の方便の本意を悟るに知恵のない者は、ここで説いている事とあちらで説いている事とに違う事があるのを疑うだろう。《源氏物語、蛍の巻22/27,蛍の巻23/27を参照。》但し、嘘は方便とは間違いの広宣流布の結果で使用しない様に。合掌🙏、感謝。オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ、、、薬師如来の真言、、、三遍。

      6
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 感は動也(かん は どう なり)

      こんにちは、祐尚です。梅雨は何処に行ってしまった?熱い、暑い夏日が到来。冷たいものの後に温かいものを食す。【感 動也】・・・・・・・心が動く事を指す。感は動なり、直感的にいい事悪い事でも心が動く事なんだ。仏教ではプラーニャの訳語で般若とも訳す、広い意味で分別智であるがこれは無分別智を云う。西洋では第六感を指す。自分自身の今までの知識、知恵の蓄積での直感なのだ。自分の直感を大切にするんだ。其処には迷いは無い。但し、経験、学習能力、知識不足だと、直感は働かないんだ。日々精進、精進が寛容。合掌🙏、感謝。 南無阿弥陀佛、、、、、三唱。

      9
      テーマ:
  • 07 Jul
    • 本居宣長

      こんにちは、祐尚です。七夕ですね、笹に願い事をつけた幼児達の列に遭遇しそうです。さて、本の紹介です。嘘で固めた朝鮮とシナの中身がわかる本です。馭戎慨言(ぎょうじゅかいげん)ー日本外交史、現代語訳 本居宣長選集 一訳 発行者 山口志義夫。紀元前1世紀から16世紀に至る日本とシナ、朝鮮との外交史。基調をなすのは日本こそが世界の真ん中で中国であり、シナを「中国」と呼んではならないという熱い主張である。明治維新の精神的指導者、吉田松陰もむさぼり読んだという傑作である。江戸時代の医者で国学者。百済、新羅は日本の属国だった。当時の知識人の外交に関して日和見的無批判を痛烈に批判し、日本人古来の優秀、品度をこの時代から上げている。目からウロコになります。なんか読んで勇気が出て来ました。大きな本屋さんの日本思想史に置いてあります。定価は1,200円+税、一読の価値あり。 🙏、感謝。

      12
      テーマ:
  • 06 Jul
  • 05 Jul
    • ”☆タイムラインを超えて動いていく(未来編)‥望む未来へ”

      、本日のシンシヤさんのブログは中々興味津々で意味深いです。ある意味で共時性を感じています。心のひだに触れた文です。一読して下さい、素晴らしいです。合掌、祐尚。

      6
      2
      テーマ:
    • トラウマの克服

      久しぶりです、こんにちは、祐尚です。台風3号に振り回され今は温帯低気圧!梅雨時とはいえ、雨が降らない、今、現在、降っています。人の業(カルマ)を浄化するごとく。、、、、、、、、、、、。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。さて、今日は、トラウマ=Trauma=ギリシャ語で、英語でPhychological Trauma1900年代にフランスが唱えた。意味は【傷、心的外傷】だそうです。つまり、心に傷を負う、負ったのです。00をされた、言われた、叩かれた結果、子供心に傷を負うのです。大人になっても癒されない過去の経験。腹が立ち、むしゃくしゃして怒りを抑えられないのです。 ふと、その時の記憶が蘇ってきます。記憶がよみがえる?それは、今現在が生活が安定している為なんです。過去の傷を消化する段階が来ているのです。よく、よく、考えれば、些細な事だったと思えれば、過去の嫌な記憶も消滅します。人のせいにして、自分は悪くなかった。悪いのは加害者が悪い、悪かった人を責め続けます。(心の中で)。その時、自分はわがままな行動をとっていなかったか!です。トラウマ=我儘わがまま と呼びます。克服するには、何かを達成した時、達成する時に全てに対して感謝の念が出てきます。ありがとう、ありがとうの念なんです。今、貴女、貴方が生かされているのです。生きているのです。人生は全て、過去から繋がり、現在の気持ちを切り替えるだけで、気持ちを変えるだけで、過去、現在、未来が作り変えが出来るのですぞ。合掌、感謝。オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ、、、薬師如来の真言、、、、三遍。

      2
      1
      テーマ:
  • 22 Jun
    • ”舎利禮文=シャリ ライモン”

      こんにちは、祐尚です。自分のブログをリブログです。もう夏至になりました。水分補給を、ぬるま湯、常温をお勧めします。さて、般若心経を唱える時、前後、この舎利礼文、つまり、御釈迦様、仏陀、仏様に感謝をします。心を込めてです。🙏合掌、感謝。

      11
      テーマ:
  • 10 Jun
    • 空虚感

      おはようございます、祐尚です。今日は、2012年6月6日22時46分.のピグ友、星空 遙 さん中華民国(台湾娘)のリブログです。散文詩になっています。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ーーーーーーーーーーー空虚感ーーーーーーーーーー。 有 空 虚 感 媽 媽 説 那 是 因 為 没 有 煩 悩 的 確 空 虚 代 表 有 煩 悩。 翻訳:虚しさ(むなしさ)って?? むなしさは有るよ、ママ曰く それは煩悩が無くならないから わかる、 空虚って煩悩の代表なんだから、、、、、、、、。大学を出て実家から離れ自炊している時、中村雅敏さんの曲が流れていた。『ひとは みな ひとりでは 生きて行けないものだから、、、、。』 合掌🙏感謝。 ノウマク サーマンダ バーザラダ ン センダーマ カロシャダ ソハタヤウン ウン タラタ カンマン。 不動明王の真言、、、、、、、七回唱和。🙏。

      18
      2
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 一つの区切り

      お早うさんです、祐尚です。六月三日持って、一つの区切りとしたいと思います。沢山のアクセス頂き、本当に恐縮です。これからのブログは、1ヶ月に一度の投稿にしたいと思います。お悩みはメッセージでいつもの通り受け付けます。大阪 善弘寺で検索すれば出てきます。コメントはいつもの通りです。ありがとうございました。合掌、感謝。 禮。

      18
      2
      テーマ:
  • 31 May
    • おぼろ月夜

      今晩わ、祐尚です。今晩は、ドイツ ヴェルニゲ ローテ 合唱団withペーターハーバーマの指揮で日本の名曲を日本語で歌っています。朧月夜をGoogleで検索して下さい。【心が沁み出します】(^_^)この曲は私の親友と唯一二部合唱出来る歌でもあります。親友の名前は 田中 といいます。

      13
      テーマ:
    • 便秘と軟便を解消。

      こんにちは、祐尚です。季節の変わり目とか、ストレスが続くとお通じが悪くなります。忙しく動いている時に食べ物を咀嚼(そしゃく=よく歯で噛む行為)せずに呑みこんでいます。自分の内臓は悲鳴を挙げます。食べた直後から胃がキリキリ痛みます。不消化ままで胃に溜め込んでいるからです。それと水分補給が足っていません。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。先ずは朝1番にコップ一杯の水、又はお白湯を飲みます。就寝前にも一杯。冷たい飲み物、アイスとか食べたら、必ず熱いお茶かお白湯を飲みます、コーヒー、紅茶でもいい。但し、砂糖抜きです。胃が痛くなったら、あったかいミルクや豆乳をコップ一杯飲みます。胃の痛みは止まります。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。常に内臓を温めると考えます。日本人なら白ご飯は誰でも大好きです。で、身体に不調が来た時に、同時に軟便や便秘にもなるんです。味噌汁、豆腐、海苔、納豆、黒豆、緑豆、枝豆と玄米を食べます。よく、よく噛んでたべます。玄米や豆類は一晩浸けてから食べると消化も良くなります。肌が生きかえります。主食は貴方の今日食べたいもの、和食、洋食でも構わないのです。日本の古くからの食習慣の味噌汁は身体作り万能です。便秘、軟便の解消になります。以上。食べ物に感謝、🙏合掌、全てに感謝です。 吽、吽、吽(オン)・・・・3遍。

      3
      テーマ:
  • 30 May
  • 29 May
    • 舎利禮文=シャリ ライモン

      こんにちは、祐尚です。暑い夏の始まりのような今週です。そろそろ、田んぼの蛙が大合唱の時期、カラスもやかましい、カラスは結婚、出産の時期、蛙は求愛の時期だ。新しい職場に新社会人、転職組ら、やっと他の仲間と歯車が合ってくる時期でもある。今日は、法事に遭遇した時、導師が必ず唱えるお経、般若心経と対のお経。【舎利禮(礼)文】を唱えます。『一心頂禮 満徳円満 釈迦如来 眞(真)身舎利 本地法身 いっしん ちょうらい まんとく えんまん しゃかにょらい しんじんしゃーり ほんじほっしん法界塔婆 我等禮敬 為我現身 入我我入 佛加持故 ほうかい とーば がーとう らいきょう いーが げんしん にゅうが がにゅう ぶっかじーこ 我證菩提 以佛神力 利益衆生 発菩提心 修菩薩行がーしょうぼーだい いーぶつじんりき ほつぼだいしん しゅうぼーさつぎょう同入圓(えん)寂 平等大智 今將(将)頂禮。どーにゅう えんじゃく びょうどう だいち こんじょう ちょうらい。墓参りの際に唱えても良し。🙏、合掌、感謝。🙏。

      10
      1
      テーマ:
  • 27 May
    • 千載一偶

      こんにちは、祐尚です。人との出会いは、子供から大人になり、年老いても必ず何回も訪れます。不思議にその都度に出会いを経験しいつの間にか、その人達が去って行きます。長くて約二十数年で新しい人達が表れます。勿論、悪縁も去って行きます。とすると、夫婦は最期までの長い付き合いになります。千載一偶=せんざいいちぐうとは、千年に一度あるかないかの出会いかも。これを仏教的に考えると、輪廻転生で、百年ごとの出会いになります。過去世で既に十回は遭遇しているのです。其れが【夫婦の縁】に繋がります。海岸、海辺の砂の中から自分にあった伴侶を貴女は見つけた事になります。凄い事なんです。ペットも勿論、親子になる事も凄い出来事なんです。今の貴女の縁は前世、前前世から縁がありました。今一度、貴女の伴侶を大切に思って下さい。 🙏合掌、感謝、🙏、ピグ友たち。

      11
      テーマ:
  • 26 May
  • 25 May
    • 故郷。

      こんにちは、祐尚です。ふっと、 学生時代にグリーで合唱した室生犀星(むろう さいせい)の詩を思い出しました。大正六年九月の作。『 ふるさとは 遠きに有りて 思ふもの そして哀しく唄ふもの 由や(よしや)うらぶれて 異土(いど)の乞食(かたい)となるとても 帰るところにあるまじや 帰るところにあるまじや。 ひとり都(みやこ)の夕暮れに ふるさと思ひ 涙ぐむ その心持て その心持て 遠き みやこに帰らばや 遠き都に帰らばや。』 直訳すると、『 故郷とは遠方に有って考え思うものなんだ。また、哀しく口ずさむもなんだ。 理由があって、うらぶれて(落ち目)になって郷土以外の土地で乞食になっても 故郷は帰る所ではないんだ。ひとりで都会の夕暮れにふるさとを思い涙が出てくる。 その心の気持ちを考えて(持ちながら)遠い都に帰るんだ。』、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。人は都会を憧れ立身出世を夢見る、そして故郷に胸を張って凱旋したい。ところが、現実は甘くはない、夢の続きを見せてはくれない。挫折し悩み続け、又、挫折と壁ばかり一旦、ふるさとに帰るが、そこには自分の居場所がない。で、また都会へ行く。この詩は約百年前に室生犀星が詩を作った。いつの時代でも人は悩み続ける。明治の日本の大転換の時に人は右往左往する。この平成の時代においても尚のこと右往左往する人々。外象がいつでも変化をし続けるが、人の心の悩みは、いつの時代に於いても変わらない。と私は考えます。 🙏合掌🙏感謝、

      8
      テーマ:
  • 24 May

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。