祐尚-和尚の相談受付。

祐尚-和尚があなたの相談、一緒に悩み、希望へと導きます。他寺の読経の導師もします。日本全域に対応します。放置の仏壇の供養もします。

・生きる目的は何?

・仕事って何?

・食べるって何?

・仏教って何?


ひらめき電球一人で悩む前に、
あなたのそのお悩みこの和尚に打ち明けてみませんか?



祐尚-和尚の心のお悩み相談室はおなたのご相談をお待ちしております。


*読者のみなさまの学びと気づきになるよう、ご質問と回答は内容を確認してお答えします。

公開お悩み相談をご希望の方は、お名前もしくはペンネームをお書き添えの上
コチラまで↓手紙メッセージをください。(受付順に回答します。)
http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=yusho-osho



虹 明確で安価なお布施の僧侶派遣は、はちす会







テーマ:

お早うございます、祐尚です。今日は、奈良県にある法相宗、南都六宗の一つ

 

である薬師寺のホームページからの抜粋です。

紀元7世紀の当初、玄三三蔵法師がインドで17年間、仏教教義の修得をされ

特に唯識教義の研鑽に勤めらました。帰朝後は翻訳(中国語=漢文)に全精力を注がれ門下の慈恩大師に託されました。法相宗を開創されました。その宗旨は元は、インドの弥勒菩薩→無着菩薩→世親菩薩→護法菩薩等によって発展した唯識教学です。

唯識教学とは阿頼耶識、末那意識という深層意識を心の奥にあるという事を認めている。その阿頼耶識を根本意識とし物事全て、一切、法は阿頼耶識(あらやしき)に蔵する

タネ、種子(しゅうじ)より転変せらる(唯識所変ゆいしきしょへん)とする。

唯識所変とは【我々の認めている世界は総て自分が作り出したもの】であるという事。

十人十色というように、十人の人間がいれば十人の世界を創りだす。(人人唯識にんにんゆいしき)。皆は共通の世界に住んでいると思って、同じものを見ていると思っている。が、実は別々の次元で観ているのです。

例として『手を打てば はい と答える 鳥にげる 鯉は集まる 猿沢の池』、旅行客が猿沢の池の旅館で手を打ったなら、旅館の人はお客さんが呼んでいると思い、鳥は鉄砲で撃たれたと思い、池の鯉は餌がもらえると思って集まってくる。一つの音でもこのように

受け取り方が違ってくる。ひとり、ひとりが別々の世界を有しているのです。それらを主張しあうのですから複雑難解になります。論理の筋道をたて最も学的秩序を保った説明をなされた所に、この宗の教理の特徴があります。🙏合掌🙏礼拝、感謝。合掌。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「忘備録」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。