さて、復活後の準備運動的なブログはこの辺にして、

 

 

そろそろ、本題行きますheart*

 

 

 

 

 

いきなりですが、

 

 

「コミュニケーションってなに?」

 

 

と、質問されたら、

 

 

なんだと答えますか?

 

 

ちょっと考えてみてください真顔

 

 

はい、終了。

 

 

答えは、

 

 

「考え」と「考え」のやり取り

 

 

です爆 笑

 

 

「会話」だと考えていた人は、少なくないのではないでしょうか?

 

 

あ、正解していた人、すごいですね~♥

 

 

コミュニケーションとは、

 

 

単に「会話すること」ではないのです。

 

 

「考え」と「考え」のやり取りなので、

 

 

必ずしも「会話」である必要はないし、

 

 

「会話」をしていても、

 

 

互いに考えのやり取りがなかったら、

 

 

それは、コミュニケーションとは言いません真顔

 

 

 

 

 

 

例をいくつか挙げると…

 

 

「会話」以外の考えを伝える方法としては、

 

 

メールや手紙等で、書いて伝えることや、

 

 

手話もそうでしょうし、

 

 

相手に触れるということも、その一環でしょう。

 

 

考えを含まない「会話」としては、

 

 

おばさんたち(というか、一般的に女性に多い)

 

 

井戸端会議等の

 

 

単なるおしゃべりもそうです。

 

 

あれは、

 

 

「音」と「音」のやり取りでしかなく、

 

 

互いに話しも聞いていなくて、

 

 

一方的に好き勝手に話しているだけです。

 

 

そこに、「考え」は存在していません。

 

 

こういうのは、

 

 

コミュニケーションとは言えません。

 

 

「おしゃべり」と「コミュニケーション」は違うのです。

 

 

 

 

 

 

さらに、もう一つ、

 

 

コミュニケーションを成立させるために

 

 

必要な要素があります。

 

 

それは、

 

 

意図です。

 

「意図」には、いくつかの意味がありますが、

 

 

コミュニケーションにおいては、

 

 

考えを乗せて

相手に伝える意識

 

 

のようなものだと考えてください♥

 

 

会話する時に、

 

 

考えただけでは、

 

 

相手に届かないんですよね~。

 

 

思い当たることないですか?

 

 

話していて、

 

 

自分の考えを置いたままで、

 

 

言葉だけ発したことはないですか?

 

 

逆に、人の話でそう感じたことはないですか?

 

 

私は、特にそれを敏感に感じるタイプで、

 

 

「あ、この人、今、音だけで話した」

(考えが乗っかていないな~)

 

とか気づきやすいので、

 

 

そういう人と会話すると気持ち悪くなります…ゲロー

 

 

よく、

 

 

「この人、口先だけで言っているな真顔

 

 

と、感じることってありますよね?

 

 

あれです、あれニヤニヤ

 

 

 

 

 

つまり、「考え」を「意図」して発するから、

 

 

相手に、言葉以上の自分の考えが伝わるのであって、

 

 

それがないと、ただの音のやり取りにすぎません。

 

 

考え × 意図 = コミュニケーション

 

 

加える、というよりは、相乗的なものなので、

 

 

「+」ではなく「×」で、表現しました。

 

 

 

 

 

では、これらを具体的に示してみましょう。

 

 

朝、誰かに「おはよう」と挨拶する時を例にしてみます。

 

 

とりあえず

 

 

「おはよう」

 

 

と、ただ言ってみる…音だけで言う場合と、

 

 

すごく好きな人を朝見かけて、

 

 

その人への「好き」とか、

 

 

「あなたに会えてうれしいheart*

 

 

という考え、思いをはっきりと伝える感じで、

 

 

「おはようハート

 

 

というのでは、自分の発した言葉や、

 

 

逆に、苦手な人を見かけて、

 

 

向こうから「おはよう」と言われて、

 

 

しぶしぶ返す時の

 

 

「話しかけんじゃね~~よ」

 

 

という考え・気持ちを乗せて

 

 

「…おはよう…(ぼそっ)」

 

 

と返すとは、全然違いますね。

 

 

この定義で言えば、

 

 

音だけ発した一番最初はコミュニケーションとは言えず、

 

 

ポジティブにせよ、ネガティブにせよ、

 

 

考えを乗せて発した二つがコミュニケーションと言います。

 

 

そこに、いい、悪いはないんです。

 

 

3番目は、明らかに、言われた相手を不快にしますが、

 

 

発した人の「お前が嫌いだ」という考えが伝わっているので、

 

 

コミュニケーションなんですね。

 

 

 

 

 

…しかし、この場合、

 

 

「…おはよう…(ぼそっ)」と返されたことを、

 

 

全然気にしない相手かもしれません笑

 

 

そういう場合は

 

 

コミュニケーションが成立したと言えるのでしょうか…?

 

 

それは、

 

 

長くなるので、

 

 

続きで書きます~~~~ちゅーheart*←おい

 

 

AD

初のリブログです爆 笑

 

 

この方のブログは好きなんですちゅー

 

 

理論的で明快で、よけいな感情がないから。

 

ちなみに、この

 

 

「パッカーン」の意味が分からない人は、

 

 

心屋仁さんのブログを読んでみてね~。

 

 

簡単にいうと、

 

 

固着していた思い込みとか、

 

 

自分が信じていた、自分を不幸にする考え方に、

 

 

突然気づいて

 

 

目が覚めたみたいな感じのことです笑

 

 

 

 

 

今回、初のリブログしてみたのは、

 

 

この記事の中に書いてある、

 

 

「普通の幸せが分かるようになりました」

 

 

っていう部分に共感したからですheart*

 

 

これね、

 

 

案外気づけない…ホントに。

 

 

私も、ずいぶん長い間気づけなかったもの笑い泣き

 

 

「ない」ものばかりに目を向けていたからゲロー

 

 

ダメなとこを否定ばかりしてきたからチーン

 

 

 

 

 

 

でもね、分るようになったんですよheart*

 

 

気づけたんですよheart*

 

 

そこに気づけた瞬間、

 

 

さらにさらに、幸せが舞い込み始めたし、

 

 

さらにさらに、いろんな願いが叶い始めました。

 

 

なんでこんなに、いろんなことが上手くいってんだろ?真顔

 

 

って、不思議に思うくらい笑

 

 

もちろん、まだまだ、上手くいってないこともあるよ?

 

 

お金、ぜんぜん足りてないし笑←失業者ニヤニヤ

 

 

それでも、

 

 

小さな幸せに気づくことができた時、

 

 

それらを、大切に集め始めて、感謝した時、

 

 

今まで、なんてことを、

 

 

つまんない、って

 

 

切り捨てて生きてきてしまったのかと、

 

 

愕然としますよがくっ

 

 

砂金を拾い集めるように、

 

 

自分にとっての小さな幸せを拾い集めていく工程が、

 

 

地味に地道に変化していく秘訣なのではないかな?

 

 

AD

 

生きていると、

 

 

しなければならないことが多くて、

 

 

したいことを諦めて、

 

 

しなければならないことに

 

 

ほとんどの時間を費やしている人が

 

 

ほとんどだと思います。

 

 

しなければならないことは、

 

 

しなければならないことなので、

 

 

しなければならないのですが笑

 

 

その、

 

「しなければならない」

 

 

すら、

 

 

ちゃんと、自分で判断できている人って、

 

 

案外少ないのではないかと思います。

 

 

つまり、

 

 

本当は、自分がしなくていいことなのに、

 

 

自分がしなければならないと、

 

 

勝手に決めつけていて

 

 

1人で抱え込みすぎて、

 

 

てんぱってる人、多いですね?真顔

 

 

 

 

 

 

昨日、断捨離についてアップしましたが、

 

 

自分がしなければならないこと…

 

 

自分が決めつけているMUSTも

 

 

断捨離した方がいいですよ~ニヤニヤheart*

 

 

 

 

 

 

どうしたらいいか?

 

 

それは

 

 

しなければならないことのうち、

 

 

人にお願いできることがないか

 

 

仕訳てみましょう。

 

 

その中のうち、

 

 

自分が好きで得意なことはやり続ければいいです。

 

 

好きでも苦手なこと、

 

 

得意だけど嫌いなことは、

 

 

人にお願いしたほうがいいよ?

 

 

嫌いで苦手なことは言うまでもないけど真顔

 

 

 

 

 

 

 

…抱え込んでいる人って、

 

 

「人に頼むのより、自分でやった方が早いから」

 

 

「人に頼むの面倒だから」

 

 

「人に頼むのが苦手だから」

 

 

等々の理由がほとんどですね。

 

 

私もそうでした。

 

 

…ま、得てしてこういう人は、

 

 

そもそも他人を信用していないってだけなんですけどね笑

 

 

そして極論は、

 

 

自分が自分を信用していないってことになるんですけどゲロー

 

 

他人から大変ですね、頑張ってますね、って

 

 

褒めてほしくて、

 

 

認めてほしくて、

 

 

わざわざ他人に、ハードに頑張っている姿をPRして、

 

 

「私、こんなに頑張っているの!えらいでしょ!

だから、ほめてheart*認めて~heart*

 

 

って必死にPRせねばならないのは、

 

 

自分が自分を信用していなくて、

 

 

自分が自分を認めていないから真顔

 

 

わざわざ、大変な思いをしている様子を、

 

 

SNSにUPにして、

 

 

「こんな過酷な環境で、健気にがんばってます!私!」

 

 

ってPRしている人って、

 

 

承認乞食ですよ真顔

 

 

 

 

 

…ちなみに、私、よく、

 

 

自衛隊イベントの様子をSNSにUPする度に

 

 

「いつも、あちこち行ってすごいね~、

 

がんばってるね~」

 

 

とか言われますが、

 

 

言われるたびにびっくりしてましたね、最初は笑

 

 

もう、慣れたけど笑

 

 

だって、単に好きだから行ってただけなのに、

 

 

行きたいとこに行くってだけで、

 

 

私にとっては普通のことだったのに、

 

 

「頑張ってる・すごい」

 

 

とか言われると、

 

 

ものすごくびっくりしますよ?滝汗

 

 

「いや…別に、好きだから、行きたいから、行ってるだけで…」

 

 

って笑

 

 

 

 

 

ただ、私もまだまだな人間なので、

 

 

こういうことを言われるのが続くと、

 

 

勝手に、

好きが使命感に変わってきて

 

 

行きたい ⇒ 行かねばに変わってきたんですゲロー

 

 

こうなるとね~、いくら好きなことでもしんどくなります…チーン

 

 

婚活イベントもそう。

 

 

最初はすっごく楽しかったのheart*

 

 

でもね、使命感に変わってきて、

 

 

「しなきゃ」になってくると、

 

 

もう、ほんっとにしんどくなってきて…チーン

 

 

ブログの更新もそう。

 

 

最初は書くのが楽しかったのheart*

 

 

でも、だんだん、

 

 

「書かなきゃ」になってきて、

 

 

しんどくなってきたのよね…ゲッソリ

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう時、あえて離れてみることで、

 

 

自分が本当にしたいことかどうかが、

 

 

分かったんだheart*

 

 

自衛隊の応援だって、

 

 

私がしなくたって、他にたくさんの人がいて、

 

 

自衛隊はもちろん、誰も困らないわけで笑

 

 

ブログだって、他にもたくさんの人が書いてて、

 

 

別に、誰も困らないわけですよ笑

 

 

だけど、そんなたくさんの人が同じことしている中で、

 

 

私のブログを待っていてくれている人がいて、

 

 

楽しみにしてくれている人がいることは、

 

 

すごくうれしかったし♥

 

 

すごく励みになりました♥

 

 

そんな人たちをお待たせしていることに、

 

 

罪悪感すら湧いてきたけど、

 

 

心を鬼にして(?)真顔

 

 

何もしないことを決めたんだよね。

 

 

何を書いていけば分からなかったし…

 

 

 

 

 

 

だけど、離れてみて気づいたのは、

 

 

自分の代わりなんていくらでもいるし、

 

 

自分がやらなくても、困る事なんてなにもなくて、

 

 

自分が勝手にそう思い込んでいるだけで、

 

 

自分の代わりなんて誰もいない、

 

 

と思い込んでいるだけで、

 

 

そんなことはないんですよね。

 

 

他の人は、自分がいなくなったら、

 

 

それを行ってくれる

 

 

代わりの人を見つけるだけです笑

 

 

何かをするから、自分が特別なんじゃなくて、

 

 

代わりがいないから、特別なんじゃなくて、

 

 

本来、

自分自身は存在性として

誰も代わりがいないのだから

 

 

行動性でそんなことに証明する必要はないんですよ。

 

 

認めてもらう必要はないんですよね。

 

 

本当は好きでやっていること、

 

 

好きだから勝手にやっていることを、

 

 

「私がやらないといけないから」

 

 

という、かっこ悪い言い訳をしながらやるのを、

 

 

いい加減、やめませんか?

 

 

自分の存在性をPRするために、

 

 

大変なフリするのを、やめませんか?

 

 

文句言いながらするのを、やめませんか?

 

 

頑張ったアピールで承認乞食やめませんか?

 

 

で、私の場合は、

 

勝手に使命感に燃えるのを

やめました笑

 

だから、行きたいイベントにはいくし、

 

 

ときめかないイベントにはいかないし、

 

 

体調悪かったら、無理していかない笑

 

 

それでいいんだ、って気づいたら、

 

 

ほんと、楽になりましたheart*

 

 

楽(ラク) = 「たのしい」

 

 

はい、

 

 

楽しい、が戻ってきたんですちゅー

 

 

わ~いheart*

 

 

だから、書きたいも戻ってきたんだね♥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD