来月、博多にて、

 

 

とてもラグジュアリーな婚活イベントを

 

 

「学ぶカフェ主催」

 

 

で開催いたしますきらきら

 

 

開催場所は、

 

 

あの「ラ・ロシェル」ですきらきら

 

 

 

 

今回は、

 

ディナー&トークショーです。

 

 

絶品料理を頂きながら、

 

 

イイ男、イイ女になるためのお話を聞きながら、

 

 

ステキな出会いをGET!しちゃいましょう( ´艸`)

 

 

もちろん、私もスタッフとしておりますので、

 

 

ご参加いただけるとお会いできるし、

 

 

お話しもできると思います~≧(´▽`)≦

 

美味しいおしょくじと、会話を楽しむつもりでご参加くださいね♪

 

 

【お申し込みはコチラ】

 

manabucafe@gmail.com

 

お申込みイベントページ

 

学ぶカフェ公式Facebookページ

 

 

AD

 

 

 

私を大事にしてほしい

 

 

とか

 

 

私を愛してほしい

 

 

とか

 

 

私を幸せにしてほしい

 

 

とか

 

 

私を喜ばせてほしい

 

 

とか

 

 

私を助けてほしい

 

 

とかって、

 

 

男性に対して、黙ったまま心の中で願っておいて、

 

 

「この私の気持ちを察して!」

 

 

って、ずいぶん虫のいい女性がどうも多いようです。

 

 

男って、

絶対に察せないから!!!

 

 

そういう期待をするのを、まずやめることですね。

 

 

いい人がいない…ステキな人がいない…

 

 

とか言っている人に限って、

 

 

こういうことを、勝手に察して

 

 

自分好みの愛情表現を、ドンピシャでしてくれる人を

 

 

じ~~~~~~っと待っているんですよ笑

 

 

…それじゃあ、現れないわなぁ…笑

 

 

 

 

 

それらを、ちゃんと相手に伝えないとわかんないんですよ。

 

 

私は、何をされたらうれしいのか、

 

 

どんな時に幸せなのか、

 

 

どんな時に大切にされていると感じるのか、

 

 

何を言われたらうれしかったのか…

 

 

ちゃんと、伝えもしないで「察して!」は、

 

 

単なる、怠慢です。

 

 

甘えてんじゃねーよ!

 

 

パートナーシップ、なめてんじゃねーよ!

 

 

です。

 

 

伝えるべきことをしないで、

 

 

気が利かない!

 

 

優しくない!

 

 

分かってない!

 

 

とかって

 

 

勝手に怒るとか、単なるアホです。

 

 

そんな女に、パートナーシップを構築する権利はない!

 

 

とすら思うわけです。

 

 

 

 

 

男ってね、基本、

 

 

女性を幸せにしたいと思っているし、

 

 

大事にしたいと思っているし、

 

 

女性の望みを叶えたいと思っている生き物なんですよ。

 

 

でも、あなたの望みが分からないのに、

 

 

叶えようがないよね?

 

 

「…君の望みをなんでも叶えよう!」

 

って言われて、

 

 

「察して」

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・バカ?・・・・・・・・・

 

 

わかんねーよ…。

 

 

でも、ランプの精は、そのままランプに消えていくと思うけど、

 

 

人間の男は、答えを求めて、

 

 

必死に、あれこれ頑張るわけです。

 

 

しかし、残念ながら、彼女からの良い反応を得られなかった場合、

 

 

「自分では彼女を幸せにできない…」

 

 

と確信して、去っていきます。

 

 

彼の様々な努力の途中…

 

 

100個のうち、10個くらいうれしいことがあったとしても、

 

 

こじらせている女性は、それに対して、

 

 

とびきりの笑顔で「これ!すっごくうれしい!これよ!これ!」

 

 

と、正解を伝えずに、

 

 

心の中で喜んでいて、あまり感情を表に出さなかったりするので、

 

 

正解であることが相手に伝わらずに、

 

 

彼は

 

 

「ああ…これも間違ってたのか…」

 

 

となって、メゲていきます…。

 

 

「すれ違い」

 

 

を具体的に書くとこういうことだと思いますね。

 

 

これがうれしい、これが幸せ、

 

 

これは嫌、これは助かる

 

 

を、いかにきちんと伝えていくかです。

 

 

その前には、

 

 

男性といる時に、自分が、

 

 

一体、どんな瞬間に幸せを感じるのか、

 

 

落ち着くのか、楽しいのか、

 

 

不快なのか、嫌なのか…を、

 

 

明確にしておかないと、

 

 

分からないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

だから、

 

 

このブログでも、

 

 

何回も、

 

 

彼氏がなかなかできないんなら、

 

 

四の五の言わずに、

 

 

お茶でも、ランチでも、とにかく、

 

 

一緒にいろんな男性と1日でも半日でもいいから、

 

 

過ごしなさいよ、と言っているんです。

 

 

そんなこともしないで、

 

 

理想ばかり追い求めるから、

 

 

時間だけが過ぎていくんですよ?

 

 

 

 

 

 

AD

 

これまで、たくさんの(というか、そこそこの)

 

 

カップル成立報告をさせていただきました。

 

 

その成立までの過程は、細かく言えば違うのですが、

 

 

大雑把にまとめると

 

 

倶楽部で出会う → その後デートする →

 

→ 結婚を前提にしたお付き合いが始まる →

 

→ めでたく結婚きらきら

 

 

という流れなのは共通しています。

 

 

…なので、これまで倶楽部に参加されてきた方や、

 

 

そうでなくでも、

 

 

様々な合コンや婚活パーティに参加されている方は、

 

 

こういう流れをスタンダードだと思って、

 

 

婚活に励んでいらっしゃるのではなかろうかと推察します。

 

 

 

 

 

 

しかし、はっきり言いますと、この流れで、

 

 

お付き合いや結婚に至るというのは、

 

 

非常にレアケースであること…

 

 

特殊な状況であるということを、理解された方がよろしいでしょう。

 

 

こんな流れをスタンダードだと思って婚活していると、

 

 

多くの人は、なかなか結果を出せないんじゃないかと思います。

 

 

で、最近、色々見ていて、

 

 

思う所があり、

 

 

以前も、似たようなことを書いたことがある気がするのですが、

 

 

再度、まとめてみようかと思った次第です。

 

 

 

 

 

で、ですね、じゃあ、どうしたらいいのかということですが…。

 

 

まず、私が思うに、

 

 

必死に婚活活動をされている方の多くは、

 

 

あまり、いろんな男性とお付き合いした経験が少ないのではないか、

 

 

とお見受けいたします。

 

 

この辺は、以前も記事にしたことがあると思いますが…。

 

 

でね、経験値が少ないのに、

 

 

自分の理想の人をいきなり探そうとすること自体が、

 

 

そもそも無理があるということに気づいた方がいいです

 

 

もう一度書きます…

 

 

男性とお付き合いした経験が少ないのに、

 

 

自分の理想の人を探そうとすること自体が、

 

 

そもそも無理があります。

 

 

大事なことなので、二度書きました笑

 

 

 

 

 

理由は、

 

 

そもそも、その理想自体が

間違っている

 

 

可能性があるので、

 

 

その間違った理想に基づいて、相手を探すことに、

 

 

何の意味もないわけです。

 

 

っていうか、見つかるはずない。

 

 

なんでかというと、

 

 

あんまり男性とお付き合いしたことないと、

 

 

自分が、

どんな男性と一緒にいると、

心地いいか

 

 

が、あんまりわからないからです。

 

 

それが分からないまま、相手を選ぶ時って、

 

 

他人からの見栄え…

 

 

つまり、

 

 

同性の友人に自慢できるような相手

 

 

というのを、無意識に探しがちですから。

 

 

自分に自信がない人ほどね。

 

 

だから、

 

 

無意味に、

 

 

ルックスとか年収とかステータスに拘るわけです。

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

自分がどんな人と一緒にいると心地いいか、

 

 

を知るためには、

 

 

いちいち付き合わなくてもいいので、

 

 

いろんな人と、

 

 

デート…お食事に行くことですね。

 

 

これ、何回も書いていると思うんだけど、

 

 

実行できてない人多いと思うよ。

 

 

チャンスがあっても。

 

 

なんかさ、

 

 

わざわざデートのハードル上げてるんだよね~

 

 

無駄に。

 

 

「お付き合いしたい人!」

 

 

「気になる人」

 

 

としか、デートしちゃいけない、

 

 

とか、思ってない?

 

 

せっかくだから、

 

 

合コンでお話ししてみて、

 

 

話があったとか、

 

 

楽しかったとか、

 

 

友達になりたい、って思った人とでも、

 

 

二人で行ってみることですよ。

 

 

で、そういう時、

 

 

持てない人に限って

 

 

「勘違いされたら困るし~」

 

 

とか思うんですよねぇ笑

 

 

大丈夫、心配しないで笑

 

 

いや、むしろ、勘違いさせてみなさいよ笑

 

 

「え?そんなの悪いし~」

 

 

あ~、今まで、ずっとフリーだったんでしょ?

 

 

選んでもらえるだけありがたいと思った方がいいよ?

 

 

別に、何回かデートしたら、

 

 

付き合わなきゃいけないわけじゃないんだし。

 

 

どうしたって無理なら仕方ないじゃん?

 

 

でもさ、

 

 

自分に言い寄ってくれる人の、

 

 

いいところを探すレッスンをした方がいいよ?

 

 

そうじゃないと、

 

 

いずれ好きな人、惚れた人が現れても、

 

 

その荒探しする癖は健在なままだから笑

 

 

そうして、

 

 

「こんなはずじゃなかった」

 

 

ってなるから。

 

 

女性は、元来、男性をマイナス査定していく癖があります。

 

 

これを、加点方式で見る癖をつけることですね。

 

 

でないと、

 

 

結局は、誰とお付き合いしても同じだし、

 

 

誰と結婚するのも無理ですから。

 

 

自分の理想の王子様と自然に出会うのを待つのは自由ですが、

 

 

「今が一番若い」

 

 

ということは、覚えておいた方がいいですよ~笑

 

 

 

 

 

…そして、合コンや婚活イベントだけ

 

 

どうにかしようと思っていると、

 

 

婚活疲れしちゃうと思うから…。

 

 

あと、これ、男性も結局は同じことだと思います…。

 

 

婚活中の皆さま、ゆめゆめ忘れることなかれ・・・・

 

 

 

AD