第一回、キムチ作り教室

テーマ:
千穂です。
今日は、ゆるナチュ第一回目、キムチ作り教室を行いました。

お野菜、りんごはすべて無農薬・減農薬のもの、調味料にもこだわりました。


{B4108877-2C35-45E6-8072-212C0B0C9B99:01}


白菜、32株分のヤンニョムを作ります。

みんなでワイワイおしゃべりしながら、野菜を刻む。


{B5BFB6F5-A04E-487C-9B51-F8E2BE1ED130:01}


私が作るヤンニョムはとにかく、野菜をこれでもか!!と言うくらい、タップリ入れます。なので、白菜漬けに塗らなくてもそのまま食べられます。



{CC4C3202-EA86-479F-AA12-809B206B498E:01}





唐辛子や、調味料をいれ、よく混ぜます。


{0C41D19F-7C16-4868-B51C-DB9EC3495C5E:01}





出来上がった、ヤンニョムを白菜の塩漬けに塗る。

{7F3F878C-54FD-4262-A32E-A0A2FFD57E29:01}


くるりと丸めて、発酵させます。

1人、この丸が8個分のヤンニョムを作りましたよ!


{2C287D3E-A49B-49AB-A9DC-37BDFFBD30DC:01}





キムチは乳酸発酵食品(善玉菌の一種。)の為、時間が経つと酸味が増します。

キムチの乳酸菌は非常に強く、納豆菌まで食い殺されてしまう程。
※  納豆菌はとても強いので、お酒を作る杜氏は、麹を扱うため、過去3年間は納豆を食べたりしたらいけないのだと、聞いた事があります。それほど納豆菌は強いので、麹に納豆菌が付くと麹が粘ってしまい、ダメになってしまうのです。

発酵食品は、様々な微生物や酵素、菌によって、食べ物の中に含まれる、糖質やたんぱく質などが分解、発酵、熟成され、もとの食品にさらに付加価値をつけた食品に変化します。

食品を発酵させることで、胃や腸内での消化、吸収を行いやすくする効果があります。


★微生物の力により、香りや旨味を作り出す。
★生食品からは得られない、栄養成分が生まれる。
★保存性が高まる。
★抗酸化作用が強くなる。

発酵、熟成が進んだキムチは1グラムに億単位の乳酸菌が含まれ、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べ、胃酸にも強く、生きたまま腸に届きます。

※植物性乳酸菌はキムチ、ぬか漬け、味噌、醤油
※動物性乳酸菌はチーズ、牛乳、ヨーグルト

あみの塩辛がタップリ入った、キムチは便秘の人には本当にオススメ!
私は調子に乗って食べ過ぎると、少しお腹がゆるくなったりするので、様子を見て食べてね!


白菜だけではなく、硬めに湯がいたカリフラワーにヤンニョムを混ぜた、カリフラワーキムチやゴボウ、きゅうりや大根、チゲ鍋に豚キムチ!!

キムチで寒い冬を乗り切ろう!!*(^o^)/*

AD