転職,副業,起業したい30代がやりたいことを見つけて仕事にする方法|効果的な自己分析のやり方・ノート術で天職が見つかります。

起業、副業、やりたいこと、仕事、自己分析、やりたい仕事、
自分に自信がない、やりたいことがわからない、転職、コーチング、天職、自信を持つ、何がしたいかわからない、自分探し、自己分析 方法、やりたいことを見つける、やりたい仕事 探し方、ノート術、ブランディング


やりたい仕事で魅力を活かす 30代専門コーチ 西尾祐里です。

今日は
「やりたいことを見つけたい」あなたに向けて、
【やりたいことのタネを見つける、自己分析ノート術】
を書いてみます^^

--------------------

何年か前、「やりたいことがわからない」時代の過去の私が
走り書きしていたものを見つけました。
↓↓↓↓


『本当にやりたいことなら勝手に始めてる』
By 泉谷しげる さん


泉谷しげるさんが、いつ、どこで言った言葉かは忘れましたが、
この言葉を聞いたときに、心が動き、とっさに書き留めたのだと思います。(字が汚いのはご愛敬。。笑)


この走り書きのことをすっかり忘れてましたが。

この言葉の後には、こんなことが書かれていました。
↓↓↓↓


「勝手に始めてることって何だ?」
 └ とりあえず”やってみよう”と動いたこと?
 └ 今までやってきたこと?


(・・いいね。過去の私。いい線いってるよ(笑))

と、一人自画自賛しながら、ノートをめくると、

「これぞ、”私”ですね。。」

と言わんばかりに、
あれこれ書かれておりました (///∇//)・・赤面


恥ずかしすぎるので、ブログで公開するのを一瞬考えましたが・・ええぃ!出してしまえ!・・と、一部公開(笑)
↓↓↓↓


もう一度言いますが、
浮かんだことを、ダァーって走り書きしているものなので、
字が汚いのはお許しくださいね^^;


思いついたままに、ザーッと書き出しているページ。

この写真に書かれているように、
例えば、私の場合。

「イラスト」は、誰に何か言われたから始めたものでもなく、
”気付けば勝手にやっていたこと”の代表格。
子供の頃からお絵かき好きでしたし^^
「ブログ」や「自撮り」も、同様です。

”なんか興味があって、とりあえずやってみたこと”といえば、
「カラーセラピー」や「かぎ針編み」がソレに当たります。

「手作り雑貨」に関しては、
入口は”仕方なく始めた”感がありましたが、
(ラジオDJ時代、インテリア雑貨コーナーを担当)

いざやってみたらけっこう楽しくて、
その後数年は、毎週のように小学生の工作みたいなことをしては、ラジオで紹介してました。(おかげで我が家は工作グッズがいっぱいです)

”過去にやってきた仕事経験”も箇条書きで書かれています。
私の場合は、「芸能経験」や「キャンドルアーティスト」がソレに当たります。


”勝手に始めていたこと”や
”今までやってきたこと”を書き出していくと、
点と点が線になる部分が出てくる
ものです。


ここに挙げた私の例で言えば、

「芸能時代の活動内容」を紐解いていくと、
自分が「自己アピール」をしていくことを四六時中考え
(仕事にするためにはどうしたらいいかを考えまくる)

「ブログ」「自撮り」からも、
「発信する」ということに強い関心があるということが、
”勝手に始めていたこと” ”今までやってきたこと” から見えてきます。

「イラスト」「かぎ針編み」「手作り雑貨」「キャンドル」
あたりに共通して見えてくるキーワード 「創る」

「カラーセラピー」「アロマテラピー」「音楽」は「五感」
そして、これら全てに共通するキーワードとして、「表現」が色濃く見えてきます。

「キャンドルアーティスト」の頃は、ブランド名(ENISHION)に「縁」を付けるくらいに、「コミュニケーション」・・つまり「つながり」を大切にしている ということも。。

と、まぁ、私の自己紹介なくだりはこのへんにしておいて(笑)


つまり、
『自分がどんなことに強い関心を持っているのか』 

これが、
【やりたいことのタネ】 ということ。

そもそも、
自分が関心持てないことに「やりたい」とは思いませんからね。


そこで、
↓↓ やりたいことのタネを見つける、3ステップ
 ↓↓

 「今まで勝手に始めていたこと」「今までやってきたこと(趣味や仕事といった経験)」など、思いついたものを、箇条書きでバーッと書き出してみましょう。

例) 仕事:営業/人事/事務 趣味:旅行/お酒 とか

※コツは、”キレイに書こうとしないこと!” 
手が止まっちゃいます。

② ①を書き出しながら、「この作業は楽しかったなー」「これはめっちゃ頑張った!」と、自分が関心を持ったものは何かを意識し、書き出してみましょう。強い関心があったものには、○をつけてみると一目瞭然で良いですよ^^

例) 営業→”人と話すのが楽しい””戦略を立てるのが面白い””営業成績一番になるべく頑張った!”など、人によって強い関心を持つ部分は様々です。

③ ①、②の書き出したものから共通して見えてくるキーワードは何でしょうか?
それは、あなたの【やりたいことのタネ】です。
あなたが強く関心を持っていることであり、大切にしていることですよ^^

このやりたいことのタネを見つける、3ステップの良いところは、「自分が大切にしていることが見えてくる」に加えて、

今まですでにやってきたことを書き出しているので、
「自分ができること」「得意とすること」
【強み】も見つけられるという点です。

「大切にしていること」に「強み」が加わると、
『やりたいことを見つけて実現する』になっていきます。


ノートに残しておくことで、いずれこれは財産になりますよ。

新しいアイデアや仕事を生み出す宝物となることでしょう^^
なんせ「やりたいことのタネ」が、いっぱい記されているのですから。


やりたいことを見つけたいあなたへ

『本当にやりたいことなら勝手に始めてる』

泉谷しげるさんの言葉を信じて、ノートに綴ってみましょう^^
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
やりたい仕事で魅力を活かす30代専門コーチ 西尾祐里さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:



やりたい仕事で魅力を活かす 30代専門コーチ 西尾祐里です。


心と身体と頭のバランスがどうもイマイチ。これはあかん、と。
エネルギーを整えるために、

「”緑”を感じよう」

と、思い立ち、浜離宮恩賜庭園 へ。


まるっと緑を感じて来ました^^


というところから、今日は、

☑毎日追われて、余裕がない・・

☑なんか最近、イライラする・・

☑気分が沈みがち・・気づけば溜息が出ている・・

☑自分は「感受性」強いほうだ

☑あかん・・やる気がどうしても起きない・・


↑にひとつでも✔が入るあなたへ、書いてみますね。





日々、「忙殺」されている人ほど、こういう↑
”ポケェ~ッ” ってする時間を持つのって大切です。

毎日のToDoばかりで、頭の中がいっぱいになってくると、
まず良いアイデアは生まれてこないです。


情報量がいっぱい過ぎて、新しいものが入ってくる隙間がない状態ですから。

本当はもっと良い方法があるかもしれないのに、
ToDoを「こなす」ことが目的になってしまいます。

本来の目的を見失っちゃったら、
そもそも何のために頑張ってるのかわからなくなり、
やる気もガス欠しちゃいますからね^^;


それに、自分の今の状態にも気づきにくくなります。

予定がパッツンパッツンになってくると、
余裕なくなってきていることに気づかず、

「なんか、最近ピリピリしてない?」

なんて周囲にささやかれたり。

直接言ってくれたら、気付くきっかけになるのでありがたいですが、なかなかハッキリ伝えてくれる人って少ないものです。

本人が意図していない、無自覚に発したものが、
結果、自分自身にとってマイナスになっちゃうのは切ない話
ですよね。

大体、特別な理由があるわけでなく、イライラしやすいというのは、もう、それ、危険信号ですよー。

溜息は、身体が「深呼吸」を欲しているサインかもですよ?


また、
感受性の強い人も、こういう”ポケェ~ッ”ってする時間、大事


ま、自分が感受性豊かと自覚されている方にとっては、言わずもがな、ですね。

私は、自身もそうですが、
昔から周囲に感受性アンテナがとっても高い人が多く、
いろんな人の”気”を受けて、ぐったり・・というケースはあるある話です。

人と接する・触れる、人前に出るお仕事の方に多いですね。



↓↓↓↓↓


な・の・で、


意識して、
『デトックス タイム』 をつくりましょう。



”ポケェ~ッ” とアホになる時間を持ちましょう。
頭の中を空っぽにするイメージです。

ポケェ~っとしながら、ただその場を感じる時間です。
そのとき、緑(グリーン)を意識するのはおすすめです。

Green : ハートとスペースのカラー

バランス(調和)、リラックス(癒し)といったメッセージのある色です。

森林浴・・とまでいかないにしても。
公園を散歩するも良し。
インテリアに緑を取り入れるも良し。

「デトックス=出す」の場所、
トイレに、緑を置いてみるのも良いかもですね^^

緑を見たら、意識して「出す」「ボケェ~っとする」
という仕組み
にしてみるとか。


自分にとって必要のないものは抜けていきますよ。
あ、でも大丈夫。
本当に必要なものは残りますから。

余白が自分の中にできるので、
新しいアイデアが舞い降りたり、
余裕が生まれて、心が少し軽くなったりするものです。


心と身体が発するサイン、見逃さずにキャッチして、
”自分”と”周囲の人”のためにも、メンテナンス意識しましょうね^^

(と、自分にも言い聞かせる。笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
やりたい仕事で魅力を活かす30代専門コーチ 西尾祐里さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:


やりたい仕事で魅力を活かす 30代専門コーチ 西尾祐里です。


『プロフィール写真を撮る前に』シリーズ。



プロフィール写真を「仕事につながる“投資”」にしたい、
コーチやカウンセラーなど、“自分が商品”のお仕事をしているあなたに向けて書いているこのシリーズ。

「届けたい相手(クライアントさん)に、届ける」

プロフィール写真のコンセプトを考える際の
7つのチェックポイント ↓↓↓




ここを掘り下げていくと、もれなくやりたい仕事のコンセプトを固めていくことにもつながりますよ^^

今日は、

【“自分が商品”のお仕事~プロフィール写真を撮る前に~④】
7つのチェックポイント-解説-後編!

7つのうちの⑤~⑦までを解説していきます^^

   ↓↓↓↓↓↓↓

⑤写真の使用目的・使用場面(プロフィール写真の意味)


そもそも、プロフィール写真を何のために使うのか。
本来の意味を知っておくことが重要です。言い換えれば、
「写真からどんな印象、どんなインパクトを与えるのか」
です。

極端な例ですが、「髪型がアフロ、衣装がアロハ」のプロフィール写真だったら、そのセンスに“いいね”という人たちが集まります。
ですが、そのセンスに「?」と感じる、お堅い企業の経営者だった場合、よほど実績があり名前が売れているアフロ&アロハでもない限り、大方スルーでしょう(笑)

「自分がこれがいい!」ってこだわるところが、
“届けたい相手(クライアントさん)”の「いいね!(共感)」や、信頼関係を築くうえでの入口としてOKな形なら良いですが、そうではないなら見直す必要があります。

また、写真をどこに使用するのかを考えておくのも大切^^

例えば、WEBページ(ブログ、HP、SNSなど)の場合。“写真使用箇所はどこか”

一つのブログに同じ写真があちこちに使われていると、見る側からすると、少ししつこさを感じます。
なので、身体や顔の向きを変えたものや、衣装違い、ポージングの違いなど・・バリエーションをいくつか撮っておくことが、後にWEBデザインとのバランスを考える材料となるでしょう。

⑥基本、求められていること・応えることって何?
 (例:業界的に/そのジャンルで)



例えば、こんなプロフィール写真の場合。
自分がユーザーだったらどう思いますか?

・エステサロンのオーナーが清潔感のない髪型、服装
・ダイエットジムのトレーナーが太ってる
・にらみつけるような表情をしたカウンセラー
・リクルートスーツを着ているものづくり作家
・やたらお色気ムンムンでセクシャルな雰囲気のウェディングプランナー

笑  ま、これ↑は、超―極端な例ですが。

でも、例えば・・

-------------------------
「誰にも言えないあなたの悩み、心に寄り添って聴きますよ」と言っている方のプロフィール写真が、顔がよくわかんない感じに画像加工されてたり、アニメイラストだったり。。

⇒「自分の素性や姿を隠している人に、私が隠している誰にも言えない悩みを話すの怖い・・」
この時点で、心に寄り添ってもらえてる感覚がないので申し込まない
-------------------------
「自信を持って人前で話せるようになる!」と言っている講師が、目線合わさないようなどっか見てる写真だったり。。顔半分切れてる写真や、サングラスかけてる写真だったり。。

⇒“自信を持って人前で話せるようになる”イメージが全くわかない。。
-------------------------
など。
ユーザー目線・・つまり、届けたい相手(クライアントさん)の目線に立った時に、違和感感じるような写真では、意味がありません。

あなたが提供するサービス内容、その業種において、
最低限求められる要素で応える必要があることは何か。

そこは必ず押さえておきましょう。

⑦個性、ポジション、キャラクターは?(独自性)


いよいよ、プロフィール写真のコンセプトづくりも大詰めです。ここまでの①~⑥で挙がったものから、なんとなくイメージが沸いて来たら・・コレ↓

届けたい相手(クライアントさん)が、チェックしそうな同業者(競合)をリサーチ!比較検討し、「自分ならでは」の要素を見つけられたら、すっごく良いです^^

例えば、私の場合。
やりたいことを見つけて仕事にしたい30代が
「届けたい相手(クライアントさん)」です。

“やりたいことをみつける“”天職探し“”自信を持つ“”魅力、強み発見“”コンセプトを考える“”行動計画“などなど、各分野でのリサーチをしました。

各分野での売れっ子さんに目を付けて・・もとい(笑)ピックアップし、そのお方と自分の違い、いわゆる差別化できるところはどこかをチェックしてみる感じです。

この作業は、やりたい仕事のコンセプトを考えていくうえでも行いますが、プロフィール写真という点から探る場合は、ざっくりと

「写真(を含めたデザイン面)から受ける印象」をチェック
すると良いと思います。

「この人、こんなキャラクターなのかなぁ~?」
「この人、頭よさそう・・」とか(笑)

始めはこのくらいでも十分です。
同じジャンルで活躍されてる売れっ子さんが、
“ふんわり”“優し気”“女性らしさ”を前面に出す方が多いな・・
と思ったら、7つのチェックポイント①~⑥で挙がった要素の中から、それ以外のイメージは何かないだろうか・・と探してみる感じ^^

届けたい相手(クライアントさん)に届き、なおかつ自分の個性が見える、そんなイメージ・印象を見つけてみましょう。

ちなみに
売れっ子さんほど「見た目が人に与える影響が大きい」ことを熟知し、コンセプトにのっとった写真を掲載している人が多いので、リサーチと同時に“魅せ方”のセンスを磨くお勉強にもなりますよ^^

7つのチェックポイントを通して、

・見せる雰囲気はこんな感じ
・色で言うならこんな色合い
・衣装、髪型はこんなイメージ
・写真カット数、ポージングはいくつ用意するか


など、
「大体こんなイメージ」と方向性が見えたら、
プロフィール写真撮影に関わるプロフェッショナルに相談すると、具体的にこうしよう・・といった形が決まります。

私も、この7つのコンセプトから、
「髪はショートにしよう」とだけ決めましたが、
“前髪はどうするか”とか“髪の色は”などは、信頼できるヘアデザイナーにおまかせしました。



長年通っていることもあり、腕を信頼している部分もありますが、何より”届けたい相手に届ける”の部分を汲み取ってくれるところがプロフェッショナル。

頼もしいヘアデザイナー@河津兄ぃに会えるヘアサロン

女性はこちら→ http://roops.jp/

男性はこちら→ http://www.inti-tokyo.com/

※ともに要予約



私は、自撮りは自分の好きなように撮っていますが、
プロフィール写真となったら話は別です。

専門家・・プロの方のアドバイスを聞くほうが、
ひとりよがりな写真にならず、
”自分らしさ”もありつつ、”自分が商品”として適したカタチになりますし^^

“自分が商品”のお仕事の場合、プロフィール写真は言わば「看板」です。そこは、お金を投資するポイント^^

過去10年の芸能時代に、ここをいかに重要視するかどうかで、
仕事が決まる確率が格段に違うことを経験してるからこそ言えることです。

これからプロフィール写真の撮影を考えている個人起業家のあなたへ。
ぜひ、7つのチェックポイントを押さえて、届けたい相手に届く写真創りにトライしてみてくださいね^^

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
やりたい仕事で魅力を活かす30代専門コーチ 西尾祐里さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み