クレマチス (8月31日)

テーマ:

随分と 涼しくなりました。

 

水遣りしていても 汗が流れることもなく


ボサボサになった庭に 手をいれねば・・・


こぼれ種の トレニアが あちこちで咲き始めました。


トレニア

色違いで 三色程、こぼれは咲き始めが遅れます。

でも 花のない時期に咲いてくれて ウレシイ!


こちらは 三度目くらいの花期を向かえた クレマチス

ニュー・インテグラル系 ヘンダーソニー

クレ花びら六枚

花びら 六枚あります。


クレ六枚

同じ株ですが こちらは 四枚

最初は確か 四枚だったけど・・・


クレマチス

実は モンタナ系は ほぼ全滅と思われます。

(決して 留守番の水遣り係のせいでは ありません)


ここの 風土が 合わないのでしょう。

去年も夏の終わりにダメになりましたから


同じモンタナでも スノーフレークは 元気なのですが・・・

ピンクに染まる我が家を想像していたのに  残念



AD

イギリス旅行(おみやげ)

テーマ:

シンブル


パッチワークするときに使う道具に シンブルというものがあります。


指にかぶせ はぎ合わせた布と キルト綿と裏布の三層を


縫っていく時に使います。


小さくて きれいなので 今までにも頂いたり、集めたりしていたのですが、


さすが パッチワーク発祥の地 


おみやげ用や 飾り物 あちこちにありました。


シンブル1

その土地にゆかりの深い人や物が プリントしてあります。


シンブル2

ケースに入った、ちょっとお高いもの(三千円位)


並べてみては ひとりで悦に入ってます。

明日からは パッチワークに励まねば・・・


  シンブルお気に入り いずれアップします。 



AD

イギリス(7)

テーマ:

ロンドン


定番 ロンドン市内観光

さすがに 花は少なく。。。


夜は ロンドン・アイ を楽しみ。


翌日は ウィンザー城

お城の庭園は 時として開放しているとか

でも あいにく この日はクローズ

塀の上から パチリ

ウィンザー城1

(レンガの小道沿いは 薔薇です。白 赤 ピンク

 まだ 少し咲いていました。)


ウィンザー城2

 (高低差のある庭は なんとなく和風っぽい感じがします。

赤いもみじ なんかがあるからでしょうか)


この日の夜、帰国の途につきました。


初体験の海外旅行は 無事終了。

イギリスの田舎は 素晴らしく綺麗な所でした。


一番良く目にしたのが あじさい です。しかもこちらでよく目にするアレです。

直植えした フクシアもきれいでした。ベゴニアも色がきれいで花も大きい。

ハンギングも色どり豊かで見事です。


古い者を 使い続けるというのは

大変な不便さを伴うでしょう。

でも だからこそ 今のこの素晴らしさに続くのでしょう。

 

思い出深い 楽しい旅でした。

見守ってくださいました 皆様のおかげです。

ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

AD

イギリス(6)

テーマ:

コッツウォルズ地方


古き良き中世の面影


コッツウォルド・ストーンと呼ばれる

はちみつ色の石で造られた家々が並びます。


私は 裳裾を引くドレスを着て

通りを、ほら 馬にのった騎士が・・・


バイブリーの町

バイブリーのまち



スワンホテル

スワンホテル

17世紀創業のホテルです。

澄んだ川に ますが泳ぎ 真っ白なゼラニュームが咲きます。


カッスルクームの町

カッスルクーム


マナーハウス

マナーハウス


カッスルクームの通り

通り

はちみつ色の建物に藤、クレマチス 蔓 等 つるがからみます。

下は ホリホックやゼラニュームなど宿根草。

これぞ イギリス!


バス(浴場)の語源となった バースを見学し

明日は ロンドンです。



イギリス(5)

テーマ:

ストラトフォード・アポン・エイボン  (つづき)


シェークスピアの生家

生家

通りに面したところで 皮手袋の製造販売をしている家に生まれたそうです。

当時は 通り中央に運河も流れていました。


旅館

  (ザ・シェークスピア という旅館)

チェダー様式で建てられた当時の建物が そのままホテルとして残っています。


通り

通りの街灯にも おおきな ハンギングが・・・

花がずっと下まで垂れ下がって 見事!


道路

道路の中央も 見事な 花壇が・・・

両脇を車が 通ります。


ここが 一番見事なハンギングや花壇がありましたが

コンテストで一番をとるのは もっと小さな町だそうです。

これ以上すごい所があるの?

もう 想像つきません。


それにしても 枯れた葉や花ガラは まったく見られません

誰がとってるの? 水やりは?

町の人々が皆で管理しているのでしょうね。


ここには 看板などひとつもなく

古い家と大きな木  美しく咲く花 たくさんの緑

なんという 美しさ。。。


明日は コッツウォルズに行きます。


いぎりす(4)

テーマ:

ストラトフォード・アポン・エイボン


快晴


イギリスは雨が多いと聞いていましたが、まだ一度も

降られる事なく、湿度も低いので さわやか~


ペチュニア

 ペチュニアのグラデーションです。

 上から下までほんとに良く咲きそろっています。


花壇

公園の花壇。外周りが ヘリオトロープでいい匂いがします。

中央が三段のアリッサ、ピンクと白はゼラニューム。

所々に カンナが 植え込んであります。


花壇2

手前は ゼラニューム

奥は アリッサ(白) インパチェンス(ピンク)

川にそって ずっとあります。


ホテルの屋根

ホテルは 屋根まで花いっぱい!



アンの家(シェークスピアの奥さん)

アンの家

アン・ハサウェーの家は これぞイングリッシュ・ガーデン

直植えの花でいっぱいです。

シェークスピアもここを訪れるのを楽しみにしていたそうです。


定番 薔薇から始まって マーガレット ペンステモン ホリホック

ゼラニュウム あじさい(よく見ます) ダリア(各色いろいろ)等々

もう咲き終わってしまった花もありますが、私には よーく見えてます。

花の咲き乱れる美しい庭が  そして腕を組んで歩くふたりの姿が・・・ 


                                  つづく・・・



イギリス旅行のおみやげ

テーマ:

お父さん、お母さんが帰ってきて満足デス。


おみやげ


ちなみにワタシはコレ↑をもらいました。


ANAの機内用毛布。とってもお気に入りだけど


もって来ちゃって良かったのカナ?


*お父さんいわく、


決して故意に持ってきたわけではありません!


機内で肩に掛けていたのを忘れて、上にジャケットを羽織ってしまって、


ついうっかりそのまま持ってきてしまいました。ANAさんごめんなさい。

イギリス(3)

テーマ:

今日は グラスミア 観光


ワーズワースの眠る 聖オズワルト教会のすぐ近くにある

名物ジンジャーブレッドの店


ジンジャーブレッドの店

(1854創業、 創業者秘伝の味が いまでもそのレシピのままで

作られています。)


ワーズワースが たくさんの作品を生み出した  ダヴ・コテージ

彼の愛した庭から 湖が見えます。

ワーズワースの庭から

(庭は 宿根草中心、ギボウシもありました。)

ボウネスの村へ向かいます。

車窓から

(車窓から 

ハンギング、コンテナ 花いっぱいのなかで お茶してます。)



ピーターラビット世界館で ポターさんのお話に触れ

ツイッギーおばさん

(はりねずみのツイッギーおばさんは洗濯屋さん)


蒸気機関車に乗って、ハーヴァースウェイトに向かう途中では、

なんと  であっちゃいました! ピーターラビットに・・・ 

超感激 ~♪♪


ウィンダミアのホテル周辺の家々も花がきれいでした。

民家

 (民家もきれい!)


resutorenn

 (レストランも 花いっぱい)


あすはシェイクスピアの故郷へ 向かいます。


 

イギリス (2)

テーマ:

ウィンダミア到着


ベルスフィールドホテルのエントランスには 大きなハンギングが掛けられ

素敵なコンテナもあちこちに、もう色々なことろに花がいっぱいでした。

    

ホテル 前


高い所にあるハンギングには 黒の細いパイプが通っています。

ここから 水が出るようです。



ホテル敷地内の 古い納屋です。

近づくと 薔薇の香りが・・・


薔薇の家

(見えにくくてごめんなさい。 赤やピンクの薔薇が咲いてます)


次の日はバスで 湖水地方のドライブ

車窓からは 湖ごしに石作りの お城のような家

手入れされた庭 ハンギング・バスケット


つたの家


夢の世界が 広がります。


ケズウィック到着 町の公園です。

キンギョソウ

 (ピンクと黄色の金魚草を白妙菊が取り囲みます。

  これが 3個並んでいます)

ハンギング

(色とりどりのペチュニア、ロベリア、ゼラニウム)

 大きな ハンギングです。

キレイ!

 (枯れた葉や花ガラもなく、誰かが取ってるのかしら?)


車窓から

(車窓からです。)

これから グラスミアに向かいます。




イギリス (1)

テーマ:

8月13日  成田発   11時40分

 

8月13日 ヒースロー着  18時30分

ロンドンで一泊して


8月14日  バスで ハワースの村へ

 

ペナンの丘は ヒースが咲き乱れ 紫に染まっていました。


ハワーズ・ムーア

 向こうに見えるのも 一面のヒースです。

そして ここが ムーア(荒野) 

あの 「嵐が丘」のうまれた地なのです。


ヒース


ヒースは 小さなエリカの花です。

ピンクの小さな小さな花が びっしり咲き とてもかわいい花でした。

ちょうど咲き始めたばかり、しかも青空の下で・・・

なんという幸運でしょう。


ブロンテ姉妹の家


ブロンテ姉妹の家

メインストリート両側には 19世紀初頭そのままに家が並びます。

ハワースの街1


ハワース2

ハワース3

美しい街並

ハンギングにいっぱいの花・・・ただただ 感激・・・


その後 バスで 湖水地方へ

車窓からは どこまでも続く緑の草原 大きな木 羊 うし レンガの家々

なんと 広い 広い


夕方 ウインダミアのホテル到着