たとえそんなときでも
「みんなで がんばるもの」
だということは、私が16歳の時、深く胸に刻み込みました。その覚悟で半生やってきたわけだけれど

やはり、今のその気持ちを思うとやりきれないし、涙が出てきます。

会見までは今見ることができませんが
まおさんの御冥福を、そしてご家族の平穏をお祈りいたします。


AD

ひとりの天使

テーマ:
天使に出会いました。

そのコは偶然にも
生まれてくるかもしれなかった妹の名前とおんなじで

もしあのコがいたらちょうど
こんな感じだったかもしれないな
それもいいな
でも、今もいいな
って
そう思う。

なぜか
特に私に懐いてくれるその天使は
本当に素直ないいコで

一緒に本を読んだり
髪を結んであげたり
折り紙を折っている途中で寝てしまうそのコに
いろんなことを教えてもらっている。

こどもは好きだけど
自分がママになるなんて
むりかもって思っていた。

でも
もしかしたら できるかもしれない
って 思わせてくれた。



がんばろ。
いろいろと。

{DEE0F2AC-E56C-4AAF-A573-FF9B8879DE31}




AD

マウイのこと

テーマ:
※某 南の島に行ったわけではないのでご了承ください。

随分前ですが、
モアナと伝説の海
みました。

日本語版と英語版、二回も見ました。

個人的には、アナ雪より断然好きです。

あのかっこよさで8歳の女の子という
モアナにも驚きですが

可愛くないと評判の?
半神半人のマウイがなんとも、好きです。

ここからは少々ネタバレですが
「どういたしましてyour welcome」的な歌があって
人間のためにこんなにやってやったぜ
感謝しろ
って感じの内容の愉快な曲なんだけれど

さすがに二回も見ちゃうと
そのあとのエピソードも知りながらこの曲を聴くわけで
どうにもこうにも
この軽快な曲なのに
泣けてきてしまったりするのです。

幼い頃に「必要じゃない」とされてしまったマウイは、愛されるためにいろんなことをした。
それでも、やはり愛してはもらえなかった。

なんでこいつがこんなに憎めないのかって
それは私がお節介な人間だからだなって。

誰かが必要としてくれることが幸せなんです。
だから方法やら相手やら、いろいろ間違えてきたけど
でも、それを理解してくれる人だけが、本当に私のそばに残ってくれているのだなって。
日々、感謝です。

いま、人生や生活習慣を一つ一つ振り返ってやり直して、再構築している最中です。
だから気付きがあったらその都度書き記していこうと思います。

{40087DCB-CDF5-4CD7-B068-CECD97D5AFEC}

さて、
塗り絵ですが。
下地の色をつけて重ね塗りをすることを覚えたり
ルールを決めて塗ったりしていて
俄然、楽しいです。
奥が深いぜ、塗り絵。


扉絵、少し色を足しました。
おわかりいただけるだろうか。
{8897C218-A18C-401F-AA1F-3706859BADB6}

AD