プロヴァンスの黄色いオウチに憧れて、

自宅リビングの一角に小さなアトリエ小屋を

DIYしたところから、このブログは始まります。


素敵な雑貨や日用品を探したりリメイクしたりして、道具の一つ一つに至るまで、全てがお気に入りのものに囲まれて過ごしたいなぁと思っています。



自分で作れるものは手作りし、良いものを少しだけ持つ。

そんなシンプルで丁寧な生活を心がけようと思います。

渡部友梨奈

テーマ:
またまたご無沙汰しています。
インテリアのことで記事にしたいことは一杯あるんだけど、プライベートのちょっとしたイベントも、写真の整理を兼ねて記録しておきたいので、ちょっとお付き合いいただけると幸いです♪

*2017/2/24*
車で帰省。
いつも2人で帰る時は車です♪
東京大阪間、ほどほどに休憩をとりながらで7時間ぐらいです。

移動中はよっぽどじゃないと寝ません。
車じゃなくて新幹線でも、景色が見える限りは退屈しないので、ずっと外を眺めています。
そして車ならずっと歌っています。
{E8F5564F-00C6-41AB-9169-1BD1B6E7759D}
どこかのサービスエリアにて。
2月だけど暖かかった❤︎

春はすぐそこ。
スタバの春も楽しみました。
{AA8EC63A-2D42-4202-88C6-CC75CAD2FE78}
こちらはコンビニで売ってる「さくらラズベリーミルク」
私の感想はね、フルーチェを薄めたような味って言うたら失礼かもやけど(笑)
それを上品にした感じ。そんな感じ。


今回は一眼レフを持って行ってたので、車内でもサービスエリアでも写真を撮りまくりました。

{2BE835A9-914A-47B3-B675-F4C13D9778BB}
風車が綺麗❤︎

何度も通ってて、好きな場所なのに何処の辺りか忘れた。
{91496CED-6C87-42CB-BC9F-6F3E29B00783}


久しぶりに一眼レフを家から持ち出したので嬉しくて、こんな何でもない赤い草まで撮ってました。
{B095E6D9-809E-4179-9941-7CF511A5D0D1}

{62E98C66-4955-402B-AC51-466D91AEDD6C}


ここも大好きな、四日市の工場地帯。
{188AF35A-C80D-4F60-B043-1FF26CB07BFB}

この工場が1番すき。
なんかね、恐ろしさを感じる(笑)

すごく古そうだから、「ここから全て始まった」って感じる。(四日市ぜんそく、公害、環境汚染全般のことでね。)

普通に煙出てるけど、なにせ古そうだから廃墟感もあってチェルノブイリを彷彿とさせる。
あくまでイメージね。歴史を感じるわ。

{C7E1E4E8-50E9-434D-89E0-4F279116D5F8}


恐ろしの工場を過ぎて間もなくやってくるファンタジー。
{80CC1291-66E6-4BA5-9F26-74911298CB91}

いや、これこそ恐ろしか。
いつもこうして眺めるだけで行ったことのないナガシマスパーランド。

私は高所恐怖症の気があるけど、絶叫マシンは大好き。
(階段とか自力で踏ん張らないといけない高い所が怖い。バンジージャンプした時も、命綱をつける前の自力で階段登ってる時が1番怖かった。)

ここのジェットコースター、ダーリンが年齢的に乗れるうちに行かないと。

{026C9DC0-56E0-4949-8878-1156F1F7DC7B}

飛行機雲がやたら多い日でした。

{A7476CD9-82E5-47F4-A025-7AA85A6DBB9D}

隕石みたいやった。

{5F1570BB-EFA1-40E6-9E5C-6FD431116880}

こうして良いお天気の中ドライブして、車から降り、スーツケースをコロコロ。

お母さんとヴィヴィアンがお出迎え。
{6DE98301-50FE-48D3-86B8-C47DF10785B2}
コタツだぁー!
いいな、コタツ。

コタツで鴨鍋が実家での楽しみ。
この日も鴨鍋でした。


『オカンと猫』
久しぶりのアメブロなので、動画が貼れる機能を初めて知りました。ちゃんと見れますように。

「写したらアカンでー!」ってウチのオカン。
なかなか芸達者なヴィヴィアン


*2/25*
仕事終わりの母をピックアップして一緒に東京へ戻ります。

そう、今回の帰省が特別なのは母を東京へ連れて行くから。

いつも富士山運のある母。
行きは見れなかった富士山が、母が一緒の帰りは綺麗に見れました。
{737963F6-48E3-4984-AB0D-7311CFA361F2}

この日は昼過ぎ出発だったので、あっという間に日は暮れてしまいましたが、富士山に間に合ったのが奇跡的でした。だいぶ暗かったけどね。

{387C392B-F3F4-4211-A951-17DBCEC5CABD}

駿河湾沼津サービスエリアに着いた頃にちょうど日没。

この写真は夕焼けに間に合いましたが、スタバを買いに行って戻ったら真っ暗。
一刻を争うマジックアワーに常々ロマンスを感じます。なにそれ。
{94B4D4F8-CEB3-483B-8A15-B5CB84059B21}
薄めたフルーチェとか言いながら、店舗のものも飲みたくなり購入。

コーヒーに砂糖やクリームは邪道だと思っているので、普段はスタバには行かないけど、こういうジュース感覚で飲める珍しいものは買いに行きます。
そして期間限定に弱い。
まっ、お値段ほどでは無かった。

(文句ばっかり言うてるけど、コンビニの方は何回かリピートしたって話は内緒)


東京に着いて、晩ごはん。
ウチの家の近くにある美味しいお好み焼き屋さんに、一度母も連れて行きたかったんだぁ。
{C5CDC137-EE0A-473F-B3C5-F4D5F744358F}
お好み焼きの写真は撮り忘れたけど、これはデザートの「あんこ巻き」
めっちゃ美味しいよ。
私あんこ好きちゃうけど、これは好き。
だいいち小麦粉が好きやから、正直この皮だけバクバク食べたい(笑)
クレープの分厚い版やね、要は。


この後、近所のカラオケスナック(箱の広さはラウンジ)に行って、母と古い歌デュエット。
12時を回り、明日早く起きたいし…ってことで帰宅。


*2/26*
早く起きれなかった。
私が予定より早く起きるなんて、数年に一度奇跡が起きた時だけ。

結局出かけるのが昼を過ぎてしまった。

電車で原宿へ。
私が少し前まで働いていた街を是非母にも見てもらいたかった。

興味を惹かれるものは皆無なのに、観光という名目で、殺人的な人混みの竹下通りを通り抜ける。

働いてた時によく行ったケバブ屋に寄ったけど、並んでたから断念。
ぐるーっと遠回りしてラフォーレへ。
ラフォーレで働いてたんだよ。
(働いてた時の思い出や原宿のご飯屋さんは、またそれだけ集めて載せるつもりです。)

エチュードハウスで買い物してたら長くなってしまった。
ぐるーっとラフォーレ全体を回ったけど、これも母に見てもらいたかっただけで、2人とも買うものは無いのよね。

そして働いてる時に一度行ったピンサの店でランチ。
{8CF4996F-B2FD-44E7-8584-610280F0899F}

ほんっとにコレ美味しいねん。

この後、ほぼ向かいにある、ちゃんとした喫茶店へ。

私の言う、ちゃんとした喫茶店というのは、全席喫煙で、暗くて、コーヒーが美味しい店。

禁煙のオシャレなカフェはまた別の種類の店だと思うわ。
どちらもそれぞれ良いけれど、この日あたし達が行ったのは前者の全席喫煙で古そうな店。
だーけーどー、その辺のオシャンなカフェと言われてる店より数倍素敵だった。

多分人生で1番、素敵と思った空間。
そういう場所って撮影NGなんだよね。

それを知らずに1枚だけパシャっとやっちゃって注意されたの。
当然どこにも載せられないけど、削除できなくて待受にしてます。

私の目指すインテリアの理想そのものって感じ。


またコーヒーもすごく美味しい。
普通のブレンドコーヒー、苦くて濃いめのを1ついただいて、ベトナムコーヒーもいただきました。

ベトナムコーヒー、初めて飲んだ。
練乳の入ったグラスにドリップするの。
コッチが甘いの分かってたから、もう一方は苦いのにしたんだけどね。
どちらもすっごく美味しかったし、ベトナムコーヒーは飲むまでも飲んでる最中も楽しめました。


記事がどんどん長くなる。
まだこれから赤坂も行かなあかんのに。

明治神宮前から電車に乗って赤坂へ。
{1FA19C30-11CC-4C9F-B2F0-A7618E4FC246}

東京に住んで四年、初めて赤坂に来ました。
実は母は若い頃に来ていて、どっかに何とかっていう、素敵なクラブがあって…とずっと言ってた。
(調べてみると、すごく有名な高級店だったけどだいぶ前に閉店していた。)

赤坂はどこか大阪の北新地にすごく似ている気がしました。
(引越し先はこの辺りで探しています。それもあって今回足を運んだんだけど、とても気に入りました。)


赤坂は赤坂サカスに行った後、ザーッと歩いただけ。
私は1000円で、下を向いたら落ちるサングラスを購入。
だって珍しく似合うサングラス見つけたんやもん、下向かんかったらええねん。

{8FD6A707-2EAF-4869-91A6-9D64E7A9A6C3}

この辺りでタクシーを拾って神楽坂へ。
運転手さんが良い人で観光ガイドをしながら行ってくれました。

飯田橋の駅のところでタクシーを降り、そこから牛込神楽坂の駅まで歩くプラン。
(家の最寄駅が大江戸線だからね)


風情のある美しい坂道、
それはもう…息が切れるよね。


「神楽坂は、路地に入らなあかんねん!」
過去にたった一度訪れたことのある私は嬉々として細い道へ入って行く。

これは面白いと思う。
こんなに小さな店が沢山あって、こんなに細い道が沢山あるならば、しばらくこの街で住んでも回りきれない、細かくて広い街だなぁと感じました。

神楽坂でも少し写真は撮ったけど、お店の門構えばかりで、行ってもない店なのにヤラシイから載せないでおくね(笑)

素敵な梅?ぐらいかな、支障なく載せられるの(笑)
{1F9108B9-71C3-41D1-88BF-5FF8CFEB3F8D}
これもどこかの御宅のだからよろしくないんだけど…

息切れの神楽坂、ようやく牛込神楽坂の駅に到着。
ただ歩いただけだったけど、街が素敵だからね。

「牛込神楽坂駅まで160m」って看板発見。
やれやれ、やっと。

地下に降りて歩いてると…
「大江戸線ホームまで250m」
なんやそれ。


たった1日の東京観光は終了。
無事に電車で帰宅し、少し家で休憩。
今度はダーリンに車を出してもらい東京駅へ。
{7E737FA7-6920-42D7-B241-1505AA71DCAE}

お見送り。

{65D7B4AD-8239-4861-9237-40E11C86EF5E}

さようなら〜。

今回は短い時間の中で電車やタクシーの段取りが上手くできたという自己評価!
起きるのが遅かったのと、買い物が長すぎ、ランチにありつくのが遅すぎ!というのが反省点。

数年前に母が来た時も同じ宣言してたけど…誰かが大阪から来た時にちゃんと案内できるよう、普段から東京を歩こうと改めて思いました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「おでかけ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。