パーソナルセラピスト 小松ゆり子のブログ 心と身体、世界をつなぐ〜Touch for World〜

東京 南青山 セラピーサロン corpo e alma / Touch for World Therapy School

パーソナルサロン・corpo e alma (コルポ エ アルマ)

YURIKO KOMATSUのブログ


▼小松ゆり子オフィシャルweb |YURIKO KOMATSU
http://yurikokomatsu.com

 

昨日は web メディアの 取材2本、セラピー2本、となかなか忙しい1日でした。

 

ありがたいこと!!

 

 

おそらくギョーカイ時代に自分が取材やゲストをブッキングしたり立ち会ったりした数は、数千本あると思います。(数えたことはない…笑)

 

新人から大物まで、1日に2~3アーティストの取材がそれぞれ5本ずつ(いやもっと?)入ってるような時も。

 

そうした取材の現場で何をしているかというと、お茶を淹れ、面通しをし、トークの内容に問題がないか耳を傾け、撮影に立ち会い盛り上げ、効率よく取材陣を入れ替えていく…というのが主な作業。

 

取材の数日後には上がってきた原稿をチェックし、写真をチェックし、編集部に戻す。

 

 

というのが、主な流れ。

 

 

こうしたことをまさに1000本ノック状態で日々過ごしてきたわけなので、「取材」というものにはある程度慣れていますし、「シャベリ」に関してはどんな内容がその場で求められていて、どんな進行をしていきたいか…というのはセラピストの中ではわりとわかるほう…だと思うのですが。

 

 

写真を撮られるというのは、実に苦手(汗)

 

いや、ありがたいことではあるんですけどね!これは全くの別テクニックだわ…

 

あぁ、あの時ド新人に緊張して楽しいわけでもない環境の中「もっと笑って~!」とか平然と言い放ってたカルマが今…(涙)と、毎回思いながら精進しています。

 

 

 

ちなみに、前も登場したこの写真はアーティストの写真撮影前にポラロイドチェックするために変わりに入ったときのもの。

 

20代なのでピチピチしてます。

 

自分が本番で撮影されるわけではないので、ヨユーの笑顔(笑)

 

 

 

どちらかというと裏方が長いですし、「えっ?そうなの?!」と思われるかもしれませんが、目立つのは苦手です。

 

たとえば、人生で最もやりたくないことの一つとしてあるのが結婚式。

 

私事のために数百名に集まっていただき、2時間以上壇上で衆目を浴びるなんて本当に耐えられない(笑)

 

 

 

「元宣伝マンだから人前で話すのはお手の物なんだね」みたいなことを言われたりするのだけど、あれはあくまでもアーティストを宣伝するため、人のため。

 

取材当日の流れは上記に書いた通りですが、取材をブッキングするまでが宣伝部の仕事のメイン業務。

 

「この人たちを売るために!この生馬の目を射抜くような激戦区の中で、取材を勝ち取る!楽曲をオンエアする!そのために必要ならば、わたしは今ナンボでも目立ちまっせ!」

 

 

ということなんです。

 

 

こうしてブログを書いたり写真を使って発信しているのは、自分のセラピーという仕事が人とのコミュニケーションが基幹にならざるを得ないからです。

 

 

 

セラピーや講座という、体験型の商品に対して、未体験の方に興味を持っていただく。

 

 

特に、わたしが提供しているセラピーはオイル・トリートメントですから、初対面の人の前でいきなりほぼ裸の状態になり身体全体をまさぐられる、というかなり普通じゃない状況です(笑)

 

そういう体験をするにあたって、人柄、施術内容、施設の雰囲気など、事前に安心していただくことが必要となります。

 

 

しかも、ある程度しっかりした金額を頂戴していますので、いらしたあとに「思ってたのとちがった…」ということはできる限り避けたい。

 

もちろんセラピーには相性というものもあるので、100%は難しいかもしれません。

 

でも、できるだけわたしがやっていることが伝わるように、あらゆる角度から紹介する。

 

 

ブログに顔が写っている写真も載せるようにしたりソーシャルメディアをオープンにしているのも、安心感を持ってもらうため。

 

あとは、「やさしい、ふんわり、受容してくれる」といった既存のセラピスト像とあまりにもかけ離れたコマツの実像に先に気づいてもらうため、です(笑)

 

会ってガッカリ…とかされたらこちらもツライので(笑)なるべく盛りすぎずに実像に近い形で発信するように、心がけています。

 

 

 

つまり、宣伝の意義の一つは「相手にお金を使っていただくにあたって、なるべく誤解のないように発信すること」。

 

商品を買っていただくこと、以前に大事なのはそういうことではないでしょうか。

 

 

 

ブログが苦手でなにを書いたらよいのかわからない…という人は、

 

 

自分をあらゆる角度から知ってもらうためには、何を発信したらよいか?

 

どんな情報を読み手の人は知りたいと思っているのか?

 

どうしたら、安心させることができるか?

 

 

 

そこに対して想像力を働かせれば、ネタが見つかったり、書き方や表現方法は変わってくると思いますよ。

 

 

…って、だいぶ一部ネタバレしちゃいましたが、こんな話も明日のシャベリ場ではしたいと思っています。

 

 

 

まだ1名か2名くらいなら受け付けられるかな?

 

お返事は夜になってしまうかもですが、よろしければどうぞ!

 

「元宣伝マン セラピストに聞く!セラピストのシャベリ場~プロモーションとブランディングの心得」

 

 

 

もっと個人的に相談したいという方には、マンツーマンのサポートプログラムもありますので見てみてくださいね~。

「セラピスト・サポート プログラム」

 

 

いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)