漆ゆりのブログ

漆レースアクセサリーと漆クラフトの制作や展示会、
うるし塗り教室、ワークショップのおはなしです。

「はじめのうるし」
○初めてうるしを体験すること
(「初めて」見る漆、「初めて」の漆塗り、「初めて」の螺鈿)
○初めて漆器を使うこと
(年の「初め」に、新生活を「始める」ときに)
○初めて見る形と色
(「初めて」見る漆のカタチ、「初めて」見る漆の色)
を提案しています。

うるし塗り教室・ワークショップ詳細など、ホームページはこちら左下矢印
http://yurikojima.net/

※2018年1月より各教室はしばらくお休みになります。2019年再開予定。

【教室案内】
◆都立大学 初心者向け うるし塗り教室
月2回金曜日開催 午前クラス11:00~13:30 午後クラス14:00~16:30 
【場所】Chambrette(旧Gallery KOMPIS) 東横線都立大学徒歩3分 https://chambrette.net/
【受講費】1回3500円(道具レンタル・材料費込)
【内容】金継ぎ、蒔絵(まきえ)、螺鈿(らでん)、拭き漆、自由制作など、ご自分のペースで。1日うるし塗りワークショップも体験可能。
【人数】5名様まで
【お問合せ】info@yurikojima.netまで

◆伝統の美に触れる 初心者向け漆塗り教室 
日曜日開催 14:00~17:00
【内容】金継ぎ、蒔絵(まきえ)、螺鈿(らでん)、拭き漆、自由制作など、ご自分のペースで。1日うるし塗りワークショップも体験可能。
【受講費】1回3500円(道具レンタル・材料費込)
【参加条件】どなたでも 【人数】6名様まで
【場所】「エセナおおた」2F工房
JR京浜東北線大森駅より徒歩8分 http://www.escenaota.jp/map.html
【お問合せ】info@yurikojima.netまで

テーマ:

今年は2月に「小島ゆり漆展」を開催します。

 

◆2018/2/5(月)~2/10(土) 11:00~20:00(最終日は16時に終了)
「塗師・蒔絵師 小島ゆり 漆展」 
コラボ展示:和菓子・奥井正子、刺し子・木内しおり 
テーマ「ほっとする食卓」 
STAGE銀座(銀座ナイン1号館1F) JR新橋駅銀座口2分 http://www.stage-ginza.com/

 

★在廊予定
2/5(月)木内しおり11時~夕方、小島ゆり11時~20時
2/6(火)木内しおり11時~夕方、小島ゆり14時頃~20
2/7(水)木内しおり11時~夕方、小島ゆり14時頃~20
2/8(木)木内しおり11時~夕方、小島ゆり14時頃~20
2/9(金)木内しおり11時~夕方、小島ゆり14時頃~20
2/10(土)小島ゆり11時~16時

※在廊予定は変更になる可能性が高いので、各作家に直接お問い合わせくださいませ。

 

日々美味しく食べることにかかせない食器。

それが漆でなければいけない理由、

漆である必然性、

漆であるメリット、

天然漆と天然木である必要性、

それが一番わかりやすいのが食器だと思います。

 

軽くて口当たりが優しい、

熱い汁を入れても手に持てる漆器のお椀、

適度な保湿と保温性でご飯が美味しい漆器のお椀、

軽くて割れにくい漆器のお皿、

冷たい飲み物でも手がヒヤッとしない漆器のカップ、

お手入れはぬるま湯か中性洗剤で柔らかいスポンジで手洗いでOK、

傷ついたりはがれても、艶がなくなっても修理が可能、

ここまでは、どの漆器も持つ特徴です。

 

そして、普段から雑に使ってもらえる漆器を目指して、

傷や水滴跡が目立たない仕上げ、

買いやすいお値段、

今年はこちらをさらに追求しています。

 

お正月には、重箱や屠蘇器のお写真をFacebookでよく拝見し、嬉しく思いました。

漆器の扱いは簡単です。

皆様の苦手意識を少しでも和らげることができるよう、今年も頑張りたいと思います。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

6月に、友人のご縁のつながりから、

裏千家淡交会 東京第八南青年部の皆様に、

螺鈿(らでん)1日体験ワークショップを開催させていただきました。

 

茶道の皆様に使っていただけるように、今回は菓子楊枝に螺鈿細工を施しました。

 

まず、夜光貝を好きな形に切ります。

割れちゃってなかなか思うように細工できないのですよね。

漆で夜光貝を菓子楊枝に貼り付けます。

創意工夫にあふれ、素敵な模様になりました!

このままでもよいのですが、

螺鈿と言えば、貝の細工と共に、

漆の漆黒のツヤツヤ感と、貝と漆の面の平滑さがやはり魅力です。

そこで私の方で、一度上から漆を3~4回塗り込みまして、

そうすると当然貝が隠れて見えなくなってしまうので、

炭で砥いで、貝が見えるように研ぎ出しまして、

ツヤツヤにして、お届けしました。

(写真ではよくわからないのですが。。)



ワークショップは6月だったのですが、結果お届けが9月末になり、

大変お待たせしてしまいました。

早速使っていただけているという声も聞き、ありがたい限りです。

このような機会をいただき、本当にありがとうございました。

 

松江藩御抱え塗師十二代目

小島ゆり

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5/27(土)開催の、

舞踊×音楽×ファッション×アート×いけばな コラボイベント2017
「サラスバティ ~女神たちの午後~」

に参加します。

このイベントは、伝統のミライを考える、私の伝統文化への渾身の想いを込めて企画したものです。

まだまだお席がございますので、ぜひぜひ皆さまいらしてくださいませ。

めったに見れない舞台と展示内容となってますので、お越しいただいて損はないです(^^)

だまされたと思って来てください!!(笑)

当日私も会場でバタバタと走り回っています。

 

私は只今舞台上に展示する、漆オブジェを必死に乾かしております。

 

麻布と漆だけで、垂直に立つのかー、乾燥具合が気になります。

これはイベントテーマの「水」から「川」のイメージ。1メートルくらいの高さ。


これは、陰陽マークのイメージ。

池坊のいけばなには、陰陽の考え方があると伺って。

なんとか漆の接着力と麻布だけで、形をキープ。40cmくらいの高さ。


これは、一つ目の写真の「川」の対になる方。

こちらは60cmくらいの高さ。

絶妙なバランスでなんとか形を維持したいところです。

 

 

舞踊×音楽×ファッション×アート×いけばな コラボイベント2017
「サラスバティ ~女神たちの午後~」
イベントホームページ:
https://sarasvati2017.themedia.jp/

**********
【開催概要】
◇日時:2017年5月27日(土) 
13:30開場 14:00開演 ショーは16:00終了 展示・販売は17:00まで
◇会場:池坊東京会館1階ロビー(JR御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩5分)
◇プログラム
<第1幕> 
1,筝とサックスと創作舞踊「光の舞」
舞踊 板倉リサ 筝・サックス JAQUWA/寂和 武藤正人
2, 西洋音楽と日本音楽の融合「日本歌曲とオペラ」
ソプラノ:武井涼子 ピアノ:石川和男
・休憩
<第2幕> 
3,インドストールファッションショー 株式会社インドリーム
4,花捧げ(はなささげ・献花)池坊いけばなbijoux
5,フィナーレ
<舞台展示>
インドストール(株式会社インドリーム)、漆芸(小島ゆり)、いけばな(池坊いけばなbijoux)

※ショー終了後の時間は展示、即売会、ご歓談(17:00まで)
◇入場料:大人3500円、中学生以下は1000円、未就学児は無料、ワンドリンク付き
・収容人数100名・全席自由
・当イベント関連の特設即売スペースあり(日本酒即売会の他、出演者のCD・DVD、インドストール、漆器・漆アクセサリーなども会場特設スペースにて販売いたします。)

**********

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。