<TV>
BSフジ『MISSION ENGLISH 2015』★ナレーション
毎週土曜日・日曜日8:30~9:01(2015年4月~)

BSフジ『MISSION ENGLISH SEASON2』★キューティーの声
毎週日曜日8:30~9:00(2014年4月~2015年3月)

WOWOW『洋楽主義』★ジェイソン・ムラーズ特集
<初回放送>
2015年1/18(日)12:30~
<リピート>
2015年2/22(日) 8:10~
2015年4/ 7 (火) 6:00~
2015年6/24(水) 6:05~

TOKYO MX2(ch:092)「TOKYOエンタメSHOW」
UDO Presents 必見!話題の来日アクト2014
4/19(土)19:00~20:55

<JAL機内放送>
JAL Special『THAT'S ENTERTAINMENT』
国内線:2015年3月
国際線:2015年3月、4月

<ライナーノーツ>
DVD『MAYDAY 3DNA 五月天追夢

<ライヴレポート>
MAGIC POWER(MP魔幻力量)@台湾・高雄アリーナ
2015年7月18日

<歌詞対訳>
MAGIC POWER(MP魔幻力量)
THE BEST OF MAGIC POWER

NEW
TRAVIS(トラヴィス)の『グッド・フィーリング』、『インヴィジブル・バンド』、『シングルズ』について書かせていただきました。
トラヴィスの全アルバム解説

NEW
TRAVIS(トラヴィス)についてお話しさせていただきました。
CINRA.NET

<RADIO>
InterFM 897 Special Program
Lennon ~Through A Glass Onion~
11/30(月)20:00~21:00

InterFM『InterFM Muse Special
7/20(月・祝)20:00~21:00

JFN系列「simple style-オヒルノオト-
4/3(金)、4/10(金)12時過ぎからのコーナー
★選曲+コメント出演させて頂きます。

InterFM「The Selector
8/14(木)25:00~26:00
★2月に引き続き、「台湾」をテーマに選曲を担当させて頂きました!

InterFM「The Selector」★選曲を担当しました。
2/24(月)23:00~24:00

★再放送が決定しました!
3/22(土)28:00~29:00(日曜日の早朝4:00です)

虹プロフィールはコチラへ。

yurikookamuraをフォローしましょう

Instagram

Facebook
note
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:台湾(音楽)
2016-06-28 07:02:36

台湾の音楽フェスティバル②

6/12(土)は、台湾文化センターで行われた『台湾の音楽フェスに行こう!』というイベントの2日目に参加してきました。

このイベントは、台湾を代表する3つの音楽フェスが集結し、各フェスのオーガナイザーによるトークショーやアーティストによるライブが3日間に渡り開催されるというものです。(初日についての記事はコチラへ)

2日目は、「Simple Life(簡單生活節)」。

「Simple Life」は、2006年から2年に1度のペースで台北市で開催されているフェスで、最近では上海や台中でも開催されています。最初の年にダニエル・パウターが出演していたのがとても印象に残っていて、それ以来気になっていたこのフェス。私は2014年に初参加しました。(その時の記事はコチラ。なぜか②がありません……汗)

image

この日は「Simple Life」のオーガナイザー、音楽プロデューサーの張培仁(Landy Chang)さんが、ご自身の音楽業界でのキャリアとともに、「Simple Life」がどのような流れでスタートしたのかを話して下さいました。(多くの人の憧れの対象であった)西洋音楽だって、元々は生活とすごく密接していたことに気づいたということが発端のひとつとなり、音楽に限らず工芸、農業、デザインなどなど、様々な分野に於けるクリエイターが集結した、生活スタイルに密着した”都市”のようなフェスが、「Simple Life」。音楽はもちろん、クリエイターたちの作品、そして台湾ならではのライフスタイルや文化に触れられるのも魅力です。

個人的には、このフェスよりも前に台客ロックのフェスティバルを開催した時は「ロック音楽」が世間から批判を受けたこと、ラジオやテレビで宣伝すれば曲を聴いてもらえる(売れる)時代ではなくなったということ、MP3が出てきた頃からアーティストが発表出来る場所をつくるために「Street Voice」というサイトを立ち上げたことなど、その時代ごとのエピソードや、時代の流れや変化に即応していく、台湾の音楽業界の中心にいる方による、経験と思いが詰まったお話がとても興味深かったです。

この日パフォーマンスを披露してくれたのは、蘇珮卿(Paige Su)と皇后皮箱(The Queen Suitcase)の2組。

蘇珮卿(PaigeSu)は、ハープ・シンガー・ソングライター。クラシック、アンビエント、インド音楽などが融合した斬新なサウンドでした。足元にはエフェクターがたくさん置いてあり、それらを使いエレキギターのように電子ハープを操り、ハープという楽器が奏でることの出来る音の可能性を最大限に押し広げているようなパフォーマンス。落ち着いた声のトーンとハープの音色は絶妙にブレンドし、彼女の創り出す音世界にかなり引き込まれました。機会があったらまたライヴを観てみたいです。

皇后皮箱(The Queen Suitcase)は、「Simple Life」のイメージキャラクターをつとめているヴォーカルの卡菈ちゃんがとっても可愛かった。ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ビートルズを筆頭とする60'sのUKロック・バンドに対する”愛”が伝わってくる楽曲群でした。

image

「Simple Life(簡單生活節)」
今年は10月4日、5日が上海、12月2日、3日が台北で開催される予定とのこと。日本から近いし、気になった方はぜひ出かけてみてくださいね。私もまた行きたい!!!

yurikookamuraをフォローしましょう

Instagram

Facebook
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:MUSIC
2016-06-27 18:11:59

フジロック20周年

早いもので、今年も半分が過ぎようとしています。

7月はすぐそこ。

そして、フジロックの開催まで1ヶ月を切りました。

記念すべき20回目のフジロック。

私にとっては17回目のフジロックです。

いつも直前でバタバタしがちなので、今年はそろそろ準備を始め……ますかね(笑)。

image

さて、フジロックのオフィシャルショップ岩盤が独自の視点でフジロックの魅力や情報を発信するウェブメディア『富士祭電子瓦版』の「TALKING ABOUT FUJI ROCK」というコーナーではGラヴのインタビューが公開されています。

今回こちらのインタビューを担当させて頂きました。

フジロックにこれまで出演したときのエピソードから5年ぶりの出演となる今年のフジロックについてまで、たっぷりと話して下さいました。

更に即興パフォーマンスも!

お時間あるときに、ぜひご覧ください!
→『富士祭電子瓦版

image

Gラヴにインタビューさせていただくのは、10年以上ぶりでした。

フジロックでのパフォーマンスが楽しみ!

yurikookamuraをフォローしましょう

Instagram

Facebook
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:台湾(音楽)
2016-06-12 04:37:23

台湾の音楽フェスティバル①

台湾文化センターでは本日(6/11)より、『台湾の音楽フェスへ行こう!』というイベントがスタート。

このイベントは、台湾を代表する3つの音楽フェスが集結し、各フェスのオーガナイザーによるトークショーやアーティストによるライブが3日間に渡り開催されるというものです。

1日目は、高雄のMegaport Festival(大港開唱)というフェスのお話。

台湾立法委員(国会議員)であり、元「Megaport Festival」のオーガナイザー、Freddy Lim(林昶佐)さんと、現オーガナイザーであるDoris Yeh(葉湘怡)さんによるトーク(二人ともメタルバンド、ソニック/ChthoniC/閃靈樂團のメンバー) 、そしてこのフェスに出演経験がある3組のアーティストのライヴ&インタヴューという構成でした。

以前、台湾文化センターではアコースティック・ライヴを観たことがあるのですが、今回はライヴハウスにいるみたいな大音量で、エレクトリックなライヴ。

まずは、インストゥルメンタル・バンド、Aphasia(阿飛西雅)の独特な世界観を楽しみ、続いては3月の来日公演が大成功を収め、7月には台湾で初の大型会場(7/16 @ TICC)でのライヴを控えたCosmos People(宇宙人) 。ポップなサウンドに心が弾みました。やっぱり大好きです、彼らの音楽。ラストのFire EX.(滅火器)のみ、アコースティック編成でのライヴ。以前台湾で彼らのライヴを観たときとは、随分雰囲気が違いました。メンバーはライヴ中に「恥ずかしい!」と連呼していたのですが、彼らがアコースティック・ライヴを行うのはかなりレアだったよう。台湾でも5回いかない位しか演ったことがないそうです。スタッフの方によると、これまで行ったライヴの回数は約2000回。なんてラッキーだったのでしょう、私たちは。

それぞれ20分程、どのグループも「もっと観たい!!」と思わせられたステージでした。

<追記>宇宙人は、6/12(日)にモーション・ブルー・ヨコハマ(16:30~と19:30~の2ステージ)、滅火器は6/13(月)に新代田FEVER(土曜日の段階では売り切れとのこと)でライヴを行います。

これから、日本と台湾の音楽による交流がもっともっと盛んになりますように。

いつかMegaport Festivalにも行ってみたい!

image

image
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。