ゆりがおか動物病院のブログ

茨城県守谷市のイヌ・ネコ専門の動物病院です!


テーマ:


にゃー犬・猫の尿管結石(尿管閉塞)についてネコ




尿管結石という病気はご存知ですか?


近年、特に猫で診断されることが多くなってきた病気です。





「高齢の猫は腎臓病になりやすい」というのは皆さん聞いたことがあると思いますが、実は慢性の腎臓病や腎不全と診断されていた子の中にこの病気が隠れていることがあります。


見過ごされることがあり、しっかり診断されていないことが多いのが現状です。



 

旗どんな病気?



犬や猫にも人のように結石ができることがあります。

尿は左右の腎臓で作られ、腎臓→尿管→膀胱→尿道の順番で流れて行き、排泄されます。どの部位に結石が存在するかで、腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石のように名前がつきます。










 

 

尿管は腎臓と膀胱をつなぐ管ですが、非常に細いため結石や炎症などによってつまる(閉塞する)ことがあります。


尿管閉塞を起こすと、尿の流れが悪くなり腎臓に悪影響を及ぼします。腎臓は左右に1つずつあるので、片側のみであれば気が付かないこともありますが、両方が閉塞していたり、すでに片側の腎機能が低下している場合は命にかかわります。




旗症状


病気の程度により様々です。腹痛・嘔吐・元気食欲低下・体重減少・乏尿・無尿など。




旗原因



尿管閉塞の原因はほとんどが尿管結石やそれに伴う炎症です。高齢の猫ではシュウ酸カルシウムという結石ができやすくなるといわれています。この結石は食事で溶かすことのできない結石です。






旗診断


血液検査・レントゲン検査(静脈性尿路造影)・超音波検査・尿検査



血液検査では腎臓の障害の程度や全身状態の把握を行います。またレントゲンや超音波検査により、水腎症や水尿管(腎臓や尿管に水がたまる)や結石の有無、腎臓の大きさ・機能などを確認します。






旗治療


重症度や状態にもよりますが、内科治療と外科治療があります。内科的に治療が困難な場合や、点滴や注射などの内科治療に反応しない場合は外科手術の適応となります。




外科手術としては・・・



・尿管切開      尿管を切開して結石を摘出する

・尿管転植      尿管を途中で切断して膀胱へつなぎ直す

・尿管ステント設置   尿管ステントというチューブを尿管へ挿入する

・SUBシステム設置   腎臓から直接膀胱へチューブでつなぐ

  

                        などがあります。



ダウン尿管ステント


腎臓と膀胱から抜けないように両端が曲がっている構造になっています


 





ダウン尿管ステントを設置後のレントゲン







 


これらの手術はそれぞれにメリット・デメリットがあり、動物の年齢・結石の位置や残存している腎機能・再閉塞の可能性などの様々な要因で使い分けなければなりません。


また専門的な知識や高度な技術が必要となるため、泌尿器や外科を専門としている病院でないと診断や手術ができません。


 当院では尿管結石の手術を行っています。                          

上記のような症状があったり、尿管結石と診断された、腎臓が悪いといわれたが原因が分からない、などお困りのことがありましたら一度ご相談下さい。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゆりがおか動物病院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。