四日市から熊野へ

テーマ:
ここ、三重県でも珍しく雪が降り続いています。
皆さまご無事でお過ごしでしょうか。

2017年、初のステージを終えて参りましたのでご報告致します。
縦に長い三重県の北部から南部へ大移動でした。

先ずは、四日市市にて。

「郷土が誇る芸能大会」の開会式に先駆けて、市歌を独唱させて頂きました。







2年前の「四日市市・楠町合併10周年記念式典」、また、昨年初めの四日市大学での市歌の録音に引き続き3度目の歌唱です。
光栄なお役目、無事に果たすことができ、一安心です。

四日市市の市歌を録音したものは、四日市市のホームページから聴いて頂けます。暁学園の皆さまの合唱、結里花の独唱(四日市市吹奏楽団による演奏)の2パターンあります。特に歌詞が好きな曲です。是非、聴いてみて下さいませ。

http://www5.city.yokkaichi.mie.jp/menu68019.html





つい先日、ニュースでも話題になりました、ユネスコ無形文化遺産に登録された「鳥出神社の鯨船行事」保存会の皆さまによる伝統あるお唄も披露されていました。





実物の山車は、さぞかし迫力があるのでしょうね。





つい先日ご就任された四日市市長、森智宏市長と。
なんと、私よりお若いフレッシュなお方です。
ありがとうございました。





そして、翌日は熊野市へ。
なんとなんと、雪の熊野灘です。
下の写真の手前の部分にうっすら雪が積もっています。





「新春チャリティー熊野芸能まつり」。毎年恒例の新年の行事だそうです。
熊野の皆さまが躍りや歌、落語を披露され、会場は地元のお客さまでいっぱいでした!

今回の演目の最後は、結里花の『花火』の歌と熊野そーらんさんの力強くて華麗な舞との共演。





この日の為に、新しく振り付けもアレンジし、寒い講堂で一生懸命練習してくださいました。






「花火」の本場、熊野の皆さまとの共演を地元の皆さまに観て頂く、心より嬉しい新春の舞台となりました。

一部動画です。




熊野そーらんさんの皆さま、本当にありがとうございました!
また近々お目にかかれますこと、楽しみにしています(^-^)❗





新春の大移動2つのステージ、無事に終えほっとしています。

ただ、現在、四日市を含む三重県北部の雪模様が心配です。ご無事を祈るばかりです。

ありがとうございました。

結里花


AD