猛暑続きますが、みなさまお元気でお過ごしですか?

先週、無事に行われました熊野花火大会と、今年も参加させて頂きました熊野花火音楽祭の様子、ご報告致します❗


先ずは、今回、初めて目前で拝見致しました
追善の花火から。





今年、初盆を迎える家庭の御遺族が、供養塔と僧侶のもとにお集まりになります。





この上の写真、よく見ると七里御浜の海岸線に沿って、供養塔の左右に初精霊の皆さまの燈籠が並んでいるのが分かるでしょうか?





御経をあげ終えると、追善の花火です。





追善供養のライン花火が数分間続きます。

そしてその後に、熊野花火の幕開けです。





今年もカウントダウン大成功の、三尺玉海上自爆です。なんと直径600m!





直径1m 重さ250キロの三尺玉。模型です。





鬼が城大仕掛けを含む、豪華絢爛花火絵巻です❗





百聞は一見にしかず!

是非、皆さま、毎年8月17日に行われます、300年の歴史がある熊野花火を体で感じにいらしてください❗






そして、熊野花火音楽祭。





花火の美しいバックスクリーンの前で、今年も『花火』・『孔雀の舞い』を歌わせて頂きました❗
感激です♥

座長の紀の川良子さまはじめ、スタッフのみなさま、お疲れ様でございました。





熊野市ご出身の、元警察官歌手の中元実さまと。
ここでお目にかかりますのは三度目です。
並んでCD販売させて頂きました!





花火大会の学生ボランティアの皆さま。





そして、今年初めて、熊野花火大会の前夜祭にもお邪魔致しました❗





商工会前の通りは、地元の皆さまでいっぱい!みなさまの手作りの暖かい前夜祭。
大抽選会を楽しみに、目をキラキラ✨輝かせた子供たちも!





いよいよ、明日は花火の日を迎えるぞ!という活力、意気込みみたいなものを感じました❗





そして、これが、鬼が城の上、松本峠のあずまやからの、七里御浜の眺め。
先日、お友だちが「熊野古道歩いてきました!」と、私に写真を送ってくれました。

ここの浜から、花火を観させて頂きました!





今回は、音楽祭の出演者の皆さまと一緒のお席で、かなり鬼が城寄りから花火を見せて頂きました。

しかも、シートの上で仰向け寝になって、気持ち良い海風に包まれ、ゆったり空を眺めつつ。。。
玉砂利は、昼間、太陽から受けた熱が程よく残り、背中がほんのり暖かく、まるで岩盤浴みたいでした。

目から、耳から、肌から、、、 日々の暮らしで疲れた五感が癒される熊野花火。
毎年、新しい発見があります。

デビューして以来、三年連続、花火の日に熊野に居られたことに、心から感謝しますラブラブ

音楽祭の会場で頂きましたお花、元気ですルンルン





関係者の皆さま、本当にお疲れさまでした。

また来年もどうぞよろしくお願い致します。
お目にかかれますこと楽しみにしています。

ありがとうございましたニコニコ

結里花

AD