全力逆走!

役者・声優のたまごゆりのブログです。
活動報告とか日々のあれやこれや書いていきたいな


テーマ:

いつもYuRiを応援してくださってありがとうございます!


ここで、お詫びとご報告がございます。

長くなってしまいましたが、読んでくれるととても嬉しいです。




【お詫びと御礼】




先月いっぱいで、R&A Voice Actors Academyを離れることになりました。


今までは上記のスクールのレッスンに通っていた関係で、

レイズインさんの主催ライブ(四谷・六本木)に出演させていただいておりましたので、

今後は出演予定がございません。



本当は最後の出演をお願いしに行こうと思っていたのですが、

私が声帯をかるく痛めてしまったため、断念。



今までライブでたくさんお世話になった皆さんに

直接、お伝えしたかったのですが、ブログでのご連絡となってしまい、ごめんなさい。

また、同時に、『YuRi』名義での活動はここで終了させていただきます。



R&A Voice Actors Academyにはとてもお世話になりました。

アクロスエンタテインメントやレイズインの方々には本当感謝しかないです。


声優を目指す人として「勉強する」だけじゃなく、

実際に自分で出来る範囲で色々な活動をはじめようと思ったのも、

ここにいたからだなって思います。


大切なことをたくさん学んだ、というか、

大切なことにたくさん気付かされた、そんな感じです。


走り出すためのヒントをくれて、背中を押してくれて、

走り出したら、全力で応援してくれる、本当にそんな事務所さんでした!





それから、ライブ!


もう本当楽しかったです!


お客さんが本当に優しくて、盛り上がってくれて、終演後、ニコニコと話しかけてきてくれて、

うまれてはじめてサイン求められちゃったり(慣れてなくてすみませんw)


共演者の方も素敵な方に囲まれて、


四谷も六本木のライブも本当に本当に大好きでした!


とても緊張したけれども、大好きでした!!



これから出演できなくなってしまうのは本当にとても悲しいです。


が、


今後はお客さんとして、伺えたらなと思ってますので、もしお会いしたら皆さん是非よろしくお願いします。







【ご報告】




さて。


今後の私の活動についてですが。


2015年4月より、RME株式会社さんで声優として所属になりました。


今後は谷野悠里子(やの ゆりこ)として活動していきます。



YuRiとして色々な活動をして、

私は声優になりたかったのですが、決して投げやりではなく、良い意味で

「もうなんか、なんでもいい!なんでもやりたい!」というこの気持ちをとても理解してくださった、

厳しさと優しさをもったとても素敵な事務所さん。

ここの仲間に入れていただけるのが本当に嬉しいです。


色々な活動をがむしゃらにがんばって、恩返しができるようになっていきたいです。

いや、なっていかないとね!


四谷・六本木から離れてしまいますが、

音楽活動も谷野悠里子として続けて生きますので、


もしよろしかったら

今後暖かく見守ってくださるととても嬉しいです!







また、名義が変わりますので、ブログ・ツイッターも移転します。

現在のアカウントから移行していきますので、

もしよろしければ、そちらをチェックしていただけるととても嬉しいです♪


(FBページ、YouTubeチャンネルに関しては、割とはじめたばかりでまだ何もないので、名前だけ変更しようと思っております。)


・ブログ    http://ameblo.jp/the-lily-of-the-valleys

(宣材写真をいじりまくって、芸能人っぽいブログデザインがんばって組みましたー^ ^ 

HTMLはちょっとなら分かるんですが、ブログのCSSいじるの難しいですなー。

今後まだまだ改良していきますよん♪

そして、全力逆走と違って、前面に自分の写真くるのでなんだか恥ずかしいです。笑)



・ツイッター  @YanoYuriko








最後になりましたが。


本当に本当にありがとうございました!


これからも、仲良くしてくださるととても嬉しいです。





2015.5 YuRi






AD
いいね!(19)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:


あらすじ



大学の講義で無神論者の教授から『God is Dead』と書きなさいといわれた主人公。


しかし、彼はクリスチャンでそれは出来ないと反抗したことから、授業で神がいることを証明しなくてはならなくなった…。










個人的には結構楽しめました。



見に行く前は無神論の言い分とクリスチャンの言い分を戦わせるのがメインかと思ったのですが、

議論部分はそこまでは映ってないです。


なので、無神論VS有神論の議論が見たくて行く方には物足りないかも。



が。



「むつかしい おはなし わかんない」

というYuRiには、結構分かりやすい物語だったので、楽しかったです。



議論をする前の背景とか。

議論をすることで非難される苦難とか。

なぜ教授が無神論者になったのかとか。

そういう物語部分は大変面白いですなぁ。

あと牧師2人組がなんかおもしろかったです。



実際、どうやって議論したのかも気になるは気になりますが、正直まぢでその議論見せられても、

何言ってるのか分からない自信があるので笑、ちゃんと物語だったっていうことに安心しましたwww


まぁ、私自身もクリスチャンなので、本当は議論見せられてもちゃんと理解しなきゃあかんのですがね。

勉強しないとなぁ…。





しかしラストにはちょっとびっくりしちゃったな。

えっ?えっ?そんな急に、えええええ?え、まぢで?なんで?ってなった。



結構このラストは賛否あるみたいですね。



私としても『そっち』だけじゃなくて、ちゃんと救われてほしかったですが、あそこでああなってなかったら、映画として収集つかなかったかもしれない…。







でも、自分の信念を貫き通して動くということの大切さとか、

製作者からのクリスチャンとしてのメッセージ性は強く込められている映画なので、

キリスト教に嫌悪感がない方は是非ー♪






神は死んだのか

http://www.godsnotdead.jp/

AD
いいね!(19)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:



12/27~1/4まで東京ソラマチで開催されていた「カードキャプターさくら原画展」

実は初日に行ってきちゃいました!







12月中旬。


私と趣味がほぼ同じのショタコン友達Aが1人引っ越してしまうことを聞き、

「引っ越す前に一緒に遊ぼうよー」と言ったところ、

ちょうどさくら展の開催を聞きつける。


どうやら、共通の友達Bと2人で行く予定だったようで、「わたしも行くううううう」と割り込み。





彼女たちとLINEで待ち合わせ時間を決める際、


「池袋サンシャインでやったまどかマギカ展はクッソ並んだから、早めにいったほうがいいだろう」


と思ったのです。あの時は真夏に概ね日陰とはいえ外で2~3時間並んだ気がする。


しかしそんな大規模な展示ではないので、一日中いるものでもないしなぁ…

なら開場時間の10時くらいに行けばいいかしら。


そう話を決めて、待ち合わせ。





そして当日。


駅を出ると、人の列。







さくら人気こええええ






どこまで行っても列!







こ れ は ま ぢ で 色 相 濁 る ! !

※サイコパスネタ





でも、さすがCCさくらというビッグタイトルを扱うだけあって、対応よかったですね。

列は長かったけど、整理券対応してくれたので、それから展示場に入れるまで2時間半くらいかかりましたが、ソラマチでのんびり遊んで待機できました♪







展示場内は当時の原画がずらーり。




ぎゃわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい



好きいいいいいいい。




コミックスの表紙や、内表紙、カラー絵全イラストはもちろん、

付録やグッズに使われたイラスト、

原作にはいないアニメオリジナルのメイリンちゃんもいるCLAMP先生のイラストとか、


そして、2013年のソーシャルゲームで使用された最新のイラストまで!!



な に こ こ 天 国 




2013年のソシャゲのさくらはもうサービス終了しているのですが、

このイラストが昔と変わらない画風でクッソかわいいイラストで、CLAMP先生一生ついていきます、はい。





原画展なので、漫画のさくらがメインですが、アニメのさくらのコーナーもちょこっとありました!

映像も流れてて、ビヤアアアアアアかわいいよおおおおおおおおお










私の世代から見て、カードキャプターさくらとセーラームーンは欠かせないコンテンツで、

セラムンはリメイク、さくらもこうして原画展があって、

原作終了した今でも、動きがあるがとっても嬉しいです。



定期的にご褒美があるってすばらしいね。


これだからファンはやめられない♪







東京での開催は終わりましたが、名古屋、大阪がこれからみたいですね。

行かれる方は楽しんでくださいー♪






カードキャプターさくら原画展

http://nakayosi60.com/sakura-gengaten.html





AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございました!

ブログさぼり常習犯、YuRiです。





まさか、2014年最後の記事が、壁ドンについて語る記事になってしまうとは…。





もっと、こう、1年を締めくくるいい感じの記事を書く予定がっ。


というか、年末も色々やってたはずなのに、その日常の記事さえ書かずに、妄想だけの日記を書き散らすか!


2014年、なんか、ご、ごめん!







さて。皆様、お正月はどのようにお過ごしでしたかー?


私は祖父母の家に行ってきました!


我が家はなんの変哲も無いごく一般家庭ですが、

祖父母の家はものすごく古い家で、ちょっとしたサマーウォーズ気分に浸れるおうちです。



囲炉裏があって、


縁側があって、


土蔵があって



そして家の6割くらい雪に埋まっておる。



いやー、窓をあけたら雪しかない!!


私の身長は163cmあるのですが、私の肩くらいまでは雪でした。

東北はすごいですな。









2013年は音楽活動をがんばった年でした!

ユニットでのライブ、ギター弾き語り、

ライブ以外でも実は水面下で仮歌やらせていただいたり色々あったのですよ!グフフ



あれ、YuRiって声優とか役者とか目指してるんじゃなかったっけ?なんで歌ってるん?



とリアル友人から総ツッコミをもらいましたが、

もうここまできたら、



なんか自分が楽しくやって、皆もワイワイ楽しく 騒げるような人生になればいいなと。



音楽も正直かなり好きなのですよ。

実は高校生くらいまで歌手になる!とか言ってたくらいですw

ちなみに当時は今以上に豆腐メンタルだったので、一回オーディションに落ちて心折れちゃったわけですが。





2014年も自分がやれること全部がんばっていきたいです♪




いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


※こじらせヲタク女子による戯言です。あんまり気にしないでね☆











壁ドンが今、すごいブームですよね。




私自身、自称少女漫画マスターなので、よく見ますし、大好きです。


まぁ…リアルで考えれば、個人的には超ビビリなので、猛スピードで顔の横を突かれ、逃げ道を封鎖されるのはちょっとの恐怖心もあるので、

やられてみたいかどうかはさておいて。





二次元とか妄想で考えればかなり萌えます。








でもね








大好きなんだけれども。




大ッッッ好きなんだけれども!








ドキドキ壁ドンがブームドキドキ







というのにはどうしても違和感を覚えるのよ。







※なお、女子からの男子へってのも好きなんですが、

今回は王道で男子から女子への壁ドンで話をすすめていきます。






私的には


女子を思わず引き止めるときとか。

壁際で話していたときにふっと出た姿勢とか。


期待していないときに、出てきたら




「ピギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ///////////////////////////////」





となるものだと思ってるのです。




でも、最近は割りと、



「さぁ、今から、壁ドンしますよー!見てみて、壁ドンほら、壁ドンですよー。ほらほら見て見て!」




みたいな感じのがちょっと増えてしまったのよ。

なんとなく前みたいに予想していないときにドンッてきてのドキッドキドキはないのよね。



距離が近い体制でのドキドキと、ドッキリでのドキドキが噛み合わさってると思うんだけどさ。

後者が最近は薄れてきてると思う。



多分

ここらで壁ドンだろうなぁ、ああ、やっぱりなぁ

みたいなのが多い気がするのよね。







ドラマとか映画だと本当にカメラワークが


「こ れ か ら 壁 ド ン で す よ!」


と。


壁ドンがくる前に、カメラちょっと引いて映すことが多いなー。

真横から全体を映すか、ドンッとついていないほうの腕から映すかが結構多いように思います。

もちろん他にも色々なショットあるけどね。



いや、確かにね。それが一番壁ドンが魅力的に見える位置なんだけれども。

あまりにもベストショット過ぎちゃって。




お膳立てされたドキドキに思えてしまう。





…まぁ、それでも結局萌えて悶えているわけなんですが。





床ゴロゴロしながら「くおおおおおおおおキタァァァァァァァ//////」ってなってますよ。どうせ!ケッ







ちなみに私は、ついているほうの腕からもしくは、男子の後ろからのショットで女子の姿が見えないとか、

もしくは何かの漫画で読んだ気がするのですが壁ドンしたときに顔から下を映していてっていう


ちょっと隠れたショットが好み。







全体像が見えすぎないで、妄想で補える部分があるとさ、いいよね☆



チラリズムバンザイバンザーイ










あと、割とみんな思ってるかもですが



壁ドンという名称は声優の新谷良子さんが「壁にドンっていうのが好き」っ話したところから名づけられたという話をwikiで読んだのですが、あのシーンを現すのにそういう風に言ったのは、すごい分かりやすいし、共感しちゃうわけですが。




正式名称を壁ドンにしたのはどうなんだろう!




どうしてこれが正式名称になってしまったんだドン!

太鼓の達人のキャラクターを毎回名前を呼ぶたびに思い出すんだドン!フルコンボだドン!



名前なんてなくてよかったと思うんだけどな…。


個人レベルでキャッキャ「壁ドン」と呼んだりり、「あの、壁にドンッてしたやつが好き」 とか言うのはともかく、メディアの特集で取り上げられる名称が壁ドンになってしまったのは、いささか…ダサめ…な気が…。









まぁ、色々言いましたがなんだかんだで大好きなのでドキドキ

色々なシーンで色々なシチュエーションで見せてください。




いいね!(8)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。