不思議な旅

テーマ:

不思議な旅



いきなりですが、急な用事ができまして、
モン郎は山梨県甲府市に来ております。


温泉に入っていたらシンクロがありました。


今日の昼ごろ、旅行の準備をしながらふと、
昨年放送のあるドラマのことを考えていたんですが、
大浴場のサウナのTVで、そのドラマの再放送の宣伝をやっていました。


もうひとつ、ホテルに向かって歩いていたら、
「オリオン通り」
という商店街がありました。
こんなところにまでオリオン。昨年からずっと追いかけられています。



夕食は近くの山梨地元の食材を使った郷土料理の店へ行きました。
銀座 江戸家
http://ginza-edoya.com/

山梨の地元の食材とワインを堪能させていただきました。
お姉さま方の「フレン度」が高い、いいお店でした。
ワイン、ついついおかわりしてしまいました。


食事が終わったら、まっすぐホテルに向かって歩いて行きました。


ふと見ると、こじんまりとした本屋さんが目に入りました。
本が好きなので、モン郎はフラフラ~っと本屋へ入りました。

春光堂さんという本屋さんです。
http://www.kofu-town.com/mypage/kf015508/


1分もいれば、そこが「普通の本屋さんじゃない」とわかります。
東京で言えば青山ブックセンターか、ヴィレッジヴァンガードくらい、
個性とこだわりのある品揃えを感じさせる書棚です。


神話コーナーには、カーマ・スートラからジョセフ・キャンベルまで。
科学コーナーには、最新物理理論から数学エンタメ本まで。
旅行コーナーには、開高健や世界遺産紹介。
エッセイコーナーには、マザー・テレサにダライ・ラマ。
宗教コーナーには、古今東西のあらゆる宗教が。


白洲次郎・正子で1コーナーになってる~!
白川静の漢字コーナーもある!
遺伝子と人類の進化コーナーも。
「編集」というテーマで棚が構成されている場所もあり、
もはや感動と言うより驚愕レベルでした。
松岡正剛さんの本が・・・山梨の商店街に・・・数冊も。


さらに、ヘッセの『シッダールタ』を見つけた瞬間は、
うれしくて、泣きそうになりました。


それでもちゃんと、1Q84の三巻は押さえてあるし、
平積みコーナーには、結構な面積で、twitter特集。
おお。新しいものにも敏感だ~~!


店長さん、ブログもツイッターもやってるんですね。
http://springlight.blog94.fc2.com/
http://twitter.com/syun_ko_do


そ、それにしても、
文庫本の割合がハンパないぞ~~!
おそらく、書棚の3割以上が、文庫ぢゃないかっ!


最初はフラーッと見て立ち去る予定でした。スンマセン。
だって、旅行中、本は荷物にしかならないし・・・。


なのに、ついに、本を買ってしまいました!
この本屋さんは、絶対に「なんかある」。「只者じゃない」。
そう思えて仕方なかったので・・・。


そういういきさつで買った本は、
ダライラマ十四世の『思いやりのある生活』
インディアンのお話『虹の戦士』
の2冊です。帰りのあずさの中で読みます。


レジで、感極まって店長さんに話しかけました。
「こ、この本屋さんは、なにかポリシーがあるんですよね!」
「そうですね~、ま、棚は有限ですので、自分が読んだ本と、
書評で評価が高い本だけに絞っていますかね」
「す、すばらしいですね。まるで自分の本棚みたいに親近感が沸きましたよ!」
「そうですか。それはどうも~」


このあたり、ワインが数杯入っていたせいもあり、
かなり舞い上がってしゃべってしまいました。
お恥ずかしい。


最後に奥様が、
「ビニールの袋より、こちらにしましょうかね」
と言って、気を利かせてくださり、
素敵なトートバッグに本を入れて渡してくださいました。


というわけで、
山梨にお立ち寄りの際は、ぜひ、春光堂さんへ!

きっと、初めてなのに懐かしい場所だと思いますよ。
ツイッターやっている方は、ぜひフォローされてみてください。
http://twitter.com/syun_ko_do


いや~。あまりの感動に、記事にしてしまいました。

AD

コメント(2)