有名なのがコルネット(クロワッサン)とカフェ(エスプレッソコーヒー)かカプチーノ、だけど、これは、朝、自宅で何も食べずに家を出て、家または職場の近くのバール(カフェ)でとる朝食の代表がこれ。
私の印象では、普通に朝から働いているイタリア人の多くは、このスタイルだという気がする。ほとんど家では朝食してないのではないか。
朝のバールはどこも立ち食い朝食しているイタリア人でいっぱいだし。コーヒーだけという人も多い。


テレビで見た子どもへのインタビューでも、子どもたちも朝から朝食ぬきで、途中、ビスケットやピザを間食する生活なので太りやすいのだと言っていた。


また、朝、家でとる朝食はコルネットよりもビスケットのほうが主流。たくさんのビスケットの種類があるのに、お気に入り1つだけを何年も毎朝食べている人もいるとか。
朝からカフェラッテ(カフェオーレ)にビスケットを浸して食べるのって、最初は「赤ちゃんの食事」みたいに思えた。ただ食欲がなくてもそういう食事は喉を通ったりするので、甘い朝食の意味も納得できる。


逆にイタリア人にとっては朝、甘い物をとるのが普通だから塩辛いエッグペーコンやサンドイッチなどは「アメリカ人みたい。」とか人によっては「気持ち悪い」という。


ホテルなどでバイキング式の朝食でずらーっと何種類も選り取りみどりの食べ物があるのに何も目をくれず「パンとコーヒー」で済ます人も多い。イタリア人というよりはヨーロッパ人、または世界的にもそういう人のほうが多いのかも。そういうとき「これも味見したい、これも、これも」と食べきれないくらいお皿にもるのも、日本人(とくに女性)の特徴だと思う。私もそうだし。


日本人の友人が朝からお弁当を作っていたら、いっしょに住んでいるイタリア人に「そんな食べ物の匂いを朝からキッチンでさせて、気持ち悪い」と言われたそうだ。
朝から焼き魚など食べる日本人の感覚はイタリア人には信じがたいだろう。

最近ではイタリアでも健康に関心を持ちはじめる人が増えるにつれ、朝からヨーグルトを食べる人が増えているという。実際、ヨーグルトの種類もここ数年でたくさん増えた。以前、チーズの国なのにどうしてヨーグルトは種類が少ないのだろう、と思っていたのだけど。
ヨーグルトの消費量も伸びている、と読んだことがある。
イタリアの朝食スタイルも変化しつつあるのかもしれない。

AD

冬時間

テーマ:
この週末、冬時間になった。日本との時差が7時間から8時間に。
夏時間から冬時間になったときは1時間得した気分なのだけど、身体感覚的にはほとんど違和感がない。
逆に冬時間か夏時間になるときは朝の7時が「本当はまだ6時なのに」だと思うから、朝から眠かったりする。
イタリアは11月1日が「聖人の日」で休日(他のヨーロッパの国も)。
火曜日なので、ついでに月曜日もお休みにして、3連休、土曜から4連休、中には金曜から5連休にするオフィスや人もいる。学校も。
例えば木曜が休日のときもついでに金曜もお休みにして4連休とか。
つないで休みにするから「ポンテ(橋)」と呼ばれる。
残念ながら私は土曜も月曜も出なければならないから橋がなくて川に落ちた気分.....

AD

イタリアの航空

昨日のラジオで言っていたのだけど

「ローマ-ミラノ間の飛行機は夜7時台までで、8時以降はない。翌朝を待たなければならない。こんな、国の大都市を結ぶ便がこんなところは、他のアメリカやアジア、ヨーロッパでもない。イタリアだけだ。どの国も、夜の10時11時すぎまで移動の便がある。」と、アメリカ (NY-LA) やスペイン (マドリッド-バルセロナ) や中国 (北京-上海) にもインタビューしていた。

確かに....

ラジオで言ったからって、イタリアが動くことは当分ないだろうけど....

AD

肥満問題

フリー新聞のデータで、ローマの60だったか65歳以上の肥満の割合が29%だとか。

確かに、お腹の出た、ぽっちゃり型の年配の人は多い。

それでも、彼らは「ハンバーガーばかり食べているアメリカ人のデブに比べたら、私たちなんか

全然やせている。」と、信じているようだ。


アメリカの象徴、マクドナルド → アメリカ人はハンバーガーばかり食べている、という発想らしい。ちなみに、日本食 → 寿司 → 日本人は寿司ばかり食べている、と思っているイタリア人は、とても多い。


関連記事

肥満児大国イタリア

高齢パパ

2,3日前、「イタリアの男性は世界で一番パパになるのが遅い。平均年齢33歳」という記事を読んだ。オペラ歌手、現在70歳のルチアーノ・パヴァロッティは、ほんの2年前、68歳でパパになったのだというのだから。


なぜ、遅いのか、私なりの見方としては。

大学をなかなか卒業できなくて、30歳前後でも学生だったりする人が多いから、婚期も遅い。

いい仕事についてまともな収入がある人が若い人では少ない。

ぎりぎりの生活で、この先のイタリアにも不安で、子どもを作る余裕が無い。


でも、男の人っていいですよねー、かなり高齢までパパになる可能性があるのだから。


キャッシュディスペンサー

テーマ:

キャッシュディスペンサー(イタリア語ではBancomat、以下BM )では24時間、いつでもクレジットカードでお金がおろせて便利なので、現金をできるだけ持ち歩かないようにするため、クレジットカードで現金を引き落とす、というのは便利な方法だと思っていた。とくに旅行中。


友達から聞いた話で、私は面識ないけど、イタリア人に住む日本人の話なのだけど、BMで引き落とそうとしたところ、(しかもかなり大金らしい) レシートだけ出てきて、現金が出てこなかったのだという。


銀行に問い合わせても、「そんなわけない」の一点張り。預金からはちゃっかり現金が引き落とされたことになっていて、どうしようもないのだとか。


BMも信用できない、機械も信用できないって、運が悪かった、ですまされることなのでしょうか。スリと同じように....?

大理石?

テーマ:

rimozione


大理石のように見えるけど、実は教会の壁で大理石の模様の絵が描かれていたところを修復したとき。
洗浄していくと、オリジナル (これも本物の大理石ではなく絵) の上に全く違った模様で、さらに大理石風の絵が描かれていたので、それを全部とって、オリジナルの剥げたところを補彩するという作業だった。
洗浄でくすんだ暗い色の下からオリジナルの鮮やかな色が出てくるのも楽しいけど、このように、全く違ったものが顔を出すのも、また楽しい。
(ものによっては、上に描かれたものをオリジナルより尊重する場合もあり、どこまで洗浄するか、は、美術史家が判断する。修復家の判断で勝手に修復を進めることはできない。)

イタリアには建物内が大理石造りの教会や美術館などあるけど、よーく見ると、本物の大理石ではなく、大理石の模様のだったりする。また、さらによーく見ると、その絵もつたない、ざっとしたものだったりもする。本物そっくりのよくできた絵のときもある。
そういう発見もまた、楽しい。

地下室

地下に住む人たちがいる。(日本にもあるのかわからないけど)アパートが地上階と同じく地下も賃貸されていて、当然ながら家賃は比較的安い。
もなかったり、日が当たらないだけでなく、かなり湿気があるらしい。ローマはわりと湿度は高いけど、日本に比べると、夏もカラっとしていて気温のわりには過ごしやすい感があるのだけど、地下では洋服箪笥にも引き出しにもカビができて大変だとも聞いた。


誰も好き好んで地下に住んでいるのではなく、部屋を探した結果、たまたま見つけて「まあいいか」と住みはじめるのだろうけど。
日本の住宅情報では「日当たり」というのがある意味キーワードだったり「南向き」といったりするけど、イタリア人はそれほど気にしていないのかもしれない。
もちろん、皆、窓のない部屋より明るい日当たりのよい部屋が好きだとしても、「必須条件」ではないからそんな地下部屋(きっと昔は倉庫に使われていたのかもしれない)が賃貸される結果になるのかなあ、と思う。

ピアノ

テーマ:

ピアノ、フォルテ、クレッシェンド、アンダンテ....

音楽用語はイタリア語って、イタリアは音楽の中心だったんだなあ、としみじみ思う。


ちなみに、イタリア語では楽器のピアノのことを「ピアノフォルテ」という。

それ以前の鍵盤楽器に比べて(フォルテ)(ピアノ)が表現できる画期的な楽器だったからだそう。


イタリア語で「ピアノ」というと音楽用語と同じく「弱く」という意味もあるけど「ゆっくり、落ち着いて」という意味もある。


イタリア人はよく、「piano piano ピアノピアノ」という言い方をする。急いでいる人に「そんなにあわてないで落ち着いて」という意味だったり

「私のイタリア語、いつまでたっても上達しないわー」というと

「そのうちだんだん上達するさ、ピアノピアノ」といった具合に。


何につけ「そんなに急ぐことじゃないからピアノピアノ」と言われ続けると、いろんなことが

どうでもよくなってしまうのも実感だったりする。