ヴェネツィア広場に面したバス停の前にある建物。
ここの蔵書は全部、考古学、美術史に関するもので、その数もすごいし、また古書もあって感動する。
イタリア、ローマの考古学、美術史に関することで、ここの蔵書の持つ情報に比べたら、インターネットで調べられる程度の情報というのは氷山の一角にすぎない。全く有名でもない場所や教会や人名についても"出てくる、出てくる"という感じなのだ。


利用の仕方、なのだけど、入り口を入って、奥左の階段を昇ると受付があり、身分証明書(パスポート)と引き換えにロッカーの鍵をもらい、名前をノートに記入する。
ロッカーに荷物を預け、あとは自由に閲覧できる。


もし、何か調べ物をするときは、図書カードみたいなカードの整理された棚があって、「人名」とかアルファベット別に分類されているので、そこで何の本を探せばいいか、見つける。(このカードが手書きで、それもカリグラフィーの美しい年代物。初めて見たときは感動しました。しかも本のタイトルだけでなく、章や内容の細部までインターネットのように網羅している。最近はこの図書館も蔵書はコンピュータ管理しているようですが。)所定の用紙があるので、それに読みたい本を記入。(タイトル、作者、発行年、号、など)
記入した用紙を奥の部屋の受付にもってリクエストする。(何分かかる?と聞いて、それまでぶらぶら画集とか見て時間をつぶす。だいたい15分-30分かかる。)
本によっては1階奥右側と1階手前左の部屋に所蔵のものがあり、その場合はあまり待たなくて本が出てくる。
本は全部貸し出し禁止! なので、読むだけ。必要なら書き写したり、コピーを頼むこともできる。ノートパソコン持参で、書き写している人も多い。というのは、コピーを依頼すると(これも所定の用紙に、何ページから何ページまでとか書き込まなければならず、コピーができるのが翌日以降だったりするから。)さらに、古い本(1940年代以前のものとか)コピーも禁止で、その場合、CDに電子コピーを依頼できるのだけど、もちろん高い。(いくらか忘れた)
イタリア美術史に興味がある人はもちろん、図書館好きだけど、イタリア語だと...という人でも、画集がたくさんあるので、時間があったらお薦めの場所です。イタリア語の他に英語その他外国語の蔵書もあります。

Biblioteca di Archeologia e storia d'arte
Pizza Venezia 3

http://www.archeologica.librari.beniculturali.it
開館時間 月-金 9:30-17:00
     土  9:30-13:30

AD

自己紹介バトン

テーマ:

ビアンカさんからまわってきた「自己紹介バトン」に答えてみます。

1.名前 yuranoto(仮名)
性別 女
生年月日 秘密(ふたご座、B型、火星人)

2.身長 秘密
体重 不明家に体重計がない

3.既婚/未婚 未婚です

4.現在恋人は? これも秘密です

5.好きな季節
日本では秋が好き。食べ物おいしいし、読書の秋、スポーツの秋、何でもできるから。春はあわただしくて、お祭り騒ぎなところが苦手。花粉症も。
イタリアでは夏、といいたいところだけど、夏に近づく頃の日、一日と日が長くなり、暖かくなる春、初夏が一番好き。

6.動物に例えると
例えられたことがない。(鳥の名前でニックネームをつけられたことはある。紺色の制服を着ていたから。)以前やった動物占いでは「ペガサス」で、周りの友人に「ぴったり」と言われたのだけど、ペガサスって....

7.好きな異性のタイプ
第一印象で好感を持ったり、嫌悪感を持つのは、「」と「話し方」。低めの声の人が好きです。
理想のタイプは以前の記事にも書いた精神的レベルの高い人 です。私自身もできるだけ近づきたいと思うし、人間としてこうありたい、と目指すところが同じ人。
あとは、重視しません。でも、実際、身近に暮らすとなったら、「暑がりでないこと」「いびきがうるさくないこと」「爪噛みや貧乏ゆすりやため息ばかりつくような癖のない人」とか、細かい日常的なことがからんでくるんですけど。
よく「価値観が同じ」とか「価値観の違いで」とか言うけど、「こういう状況でどう考える?どうする?」というとき、毎回全く同じ発想に行き着くことはできないと思うのです。その違いを認めたり尊重したりできる人。男女に関わらず自分の意見が絶対だという人には本当に疲れます。

8.嫌いな異性のタイプ

結局7で書いてしまいましたが、基本的な部分で付け加えると


嘘をつく人、言った言葉を守らない人、言い訳ばかりしてあやまらない人
大声で怒鳴ったり、理性をなくしてヒステリーにわめく人。すぐに怒る人。いつもイライラしている人
人の話を聞かない人
視野の狭い人。いろんなことに興味を持たない人。
ゴミを平気で道に捨てる人。
自分(や自分の周辺)のことにしか興味がない人
打算的な人
人の悪口や不平不満ばかり言う人、「疲れた」が口癖の人も嫌い。
詮索したり拘束したりする人
声が下品な人

9.好きな言葉
「幸」
イタリア語でいう"Felicita`"。英語でいう"Happiness"
「信じる」
イタリア語でいう"Fede"(Credereとはちょっと違う)。英語でいう"Trust"(Believeとはちょっと違う)

10.将来の夢
「修復の仕事をしたい」とか「いい絵を描きたい、感動させたい」とか「家庭をもって子どもがいて孫までほしい」とか考えることもあるけど、結局そういうことは本質的なことではなく、環境にすぎない、と思うと.....「こういう人になりたい」という理想に近づくことが最終的な夢と言えるかもしれない。

11.最後に一言
こういう理想論をいっているから未だに未婚なのかもしれませんが。

12.バトンを渡す人
この記事を読んだ人で、やってみたい人!特に指名しませんのでご自由に。私から周ってきた、ということでOKです。


こんなわたくしですが、これからもよろしくお願いします。


AD

カルパッチョ

テーマ:

carpaccio1 carpaccio2


日本でカルパッチョというとイタリア料理の前菜で魚や肉の薄切りを使ったカルパッチョを思い出す人が多いと思う。
イタリア料理でカルパッチョは特に前菜の定番でもない気がする。(普通お肉)
お刺身っぽいからどっちかというと日本人受けのメニューなのかも。
イタリアでカルパッチョというと、料理の他に15-16世紀にヴェネツィアで活躍した画家の名前でもある。(Vittore Carpaccio 1460-1526)
(イタリア人なら常識のように知っている)有名な画家で本屋に行くとたいてい画集もある。


彼の絵の面白いところは当時のヴェネツィア、風俗を描いているので、貴族の人々の衣装とか、ヴェネツィアの建物とか、ゴンドラや船とか、外国人(黒人やターバンを巻いた人など)が集まる商業の都だったこととか、儀式など.......
北のフランドル派的な精密で繊細なタッチの技法で、同時代にも関わらず、ルネッサンス代表画家のような大胆でドラマティックなゾクゾクさせる感動とは違って、また宗教的な意味よりも絵の中の「発見」や「謎解き」をするような面白さがあったり。


絵によっては本当に19世紀末か20世紀初頭の絵と思えるような彼の視線の斬新さも感じる。

(たとえばこの絵 )
なぜ、料理と同じ名前なのか、不思議に思っていたけど、イタリア人に聞いても誰も知らず、料理が先でカルパッチョがその料理が好きだったのだろうか、と思っていたら、画家のほうが先なのでした。
stepneyさん によると、あるヴェネツィアのレストランの料理人が新作の料理、肉の赤い薄切りにソースを描くようにかけて、赤で有名な画家の名前にあやかった名前をつけたらしいのが元祖らしい。(遠い日本で画家より有名になるとは想像もしなかっただろう)

言うまでもないけど、イタリアの美術史は奥が深い。イタリア人にとっては一般常識程度の高校の美術史の教科書だって電話帳のように分厚い。
イタリア人にとってイタリアの画家を学ぶのは日本人が戦国大名や将軍の名前を覚えるのに似てるかも。


AD

観光客の話

テーマ:

私は子どもの頃、日本だけど、観光地に住んでいて、よく道を聞かれた。もちろん日本人からで、子どものころといっても中学高校生時代。
よく思ったのだけど、「どうして観光客って、人目でそうとわかる格好をしているのだろう。」と。慣れないラフな服装をしているのが普通の地元の人の中で浮いていたから。


ローマでもよく道を聞かれるけど、日本人から聞かれたことは一度もない。(お店の客を除いて)
家の近くでもイタリア人によく聞かれるけど、住んでいる通りからちょっと離れるともう通りの名前も知らないので、ほとんど「知らない」と答えるしかない。

2,3日前、スペイン広場を横切っているとイタリア人男(の子)から「すみません。」と話し掛けられた。
「ごめんね、びっくりさせて。スペイン広場って....」

スペイン広場は?
「スペイン広場はここです。」
と言って、私は歩き去った。
イタリア人なのに、わざわざ日本人の私に聞かなくても....それにしても、馬鹿な質問。ナンパするつもりだったのでしょうか?というよりからかっただけ?それとも本当に観光客だったのか。

また、ちょっとまえ、お店に怪しい2人組みの男性が客に来た。
怪しいというのは、観光地でミサンガを売っている人たちの顔にそっくりなのだけど、短パンはいて、いかにもの観光客をよそおっている。おまけにローマの地図まで片手に持って!英語で話しかけているけど、彼ら同志はフランス語で話している。
即決でわりと高額の物を買おうとしたのだけどカードが通らなかった。私も含めて接客してなかったので、同僚皆で彼らの顔を「あやしーーー」と見ていた。
きっと盗んだカードで、既に止められていたのだろう。
普通の客なら「え?カードがエラー?おかしいな。もう一度試してみて。」と言うのだけど、彼らは「現金もってくるから。」と、そそくさと帰って行った。(私たちにばれたのがわかったらしい。)
「でもさ、泥棒ってわかってても、買うって言っているのに、あなたには売れません。とは言えないよね。」と私が同僚に言うと
「そうね。"残念でしたね。カード、止められてますね。ちょっと遅かったみたいですね。"とでも言ってやる?」だって。

いかにも観光客、の格好は、泥棒にも狙われやすいし、泥棒本人がそういう格好をしても、目立つだけなのでした。

ミスイタリア

1週間前の15日、夜、テレビをつけると「ミスイタリア」のコンテストをやっていた。
イタリアの各州代表やミス何とか優勝者とかが集まって100人くらい。誰がミスイタリアになってもおかしくないくらい美人の集合。
で、そのチャンピオンの決め方というのが.....

2人を選び(指名された人が自分が勝てると思う人を指名するという意地悪なしくみ)電話投票がほとんど。(本当に電話がなされているのか、何件何票とかの詳細は不明)
その他、それぞれが特技をちょっとだけ披露したり(セクシーなダンスとか、物まねとか)....見ていてバカらしくなってきた。
翌日、同じ時間、まだやっている!2日がかりか、と思いきや、何と月曜日まで5日間、それも毎日4時間(最終日はそれ以上).....敗者復活とかいつまでたっても終わらない。


途中は見なかったけど、最終日、最後の方を見ていたら、

「彼氏はいますか?何と呼び合っていますか?名前で?それともアモーレ?」とかくだらない質問が続き....ミスイタリアがどんな美人なのか気になるけど、このテレビ番組は、やらせだとしてもくだらなくて、面白くもないのだ。
ブルース・ウィルスがゲストに来ていて「皆、美しくて、本当に難しい。こんなに一度に美人をたくさん見たのは初めて。」とコメントしていて、最終的にチャンピオンになったEdelfa Chiara Maschiottoさんに王冠をつけていた。


ミスイタリアのホームページ


彼女は私の印象では典型的な美人、という感じで昔の映画女優の雰囲気。2位になった子の方が現代的で笑顔の可愛い女の子だった。(なので私としては以外だった)
「アホくさ」と言いつつ見る私も私だけど、実際イタリア中が見ていたんじゃないか、と思う。翌日のニュースにも新聞にも報道されていたし。
5日間、20時間以上もの番組になるほど、のミスイタリア。イタリア人って、暇なのねを重視するんですね。

キリング・フィールド

テーマ:

キリング・フィールド

1970年代のカンボジアを舞台にした1984年の映画。
篠田節子の「弥勒 」を思い出した。
彼女はこの映画、その他当時カンボジアのポル・ポト政権の情勢を参考にこの架空の小説を書いたに違いないと思う。
この映画は映像が事実に基づくだけに、ショッキングな印象は強いのだけど、先に読んだ「弥勒」が個人的には強烈だった。
小説のほうが、細かいドラマがたくさん織り込まれていて、それがまたかなり恐ろしいシーンだったり、共感を感じる部分もあったり、で。
一方この映画は実際に起こった事だと思うと、この「狂気」な世界が信じられない、と思う。それを過去のこと、外国で起こったこと、と片付けるのは簡単だけど、現在でもベトナム、カンボジアでは当時以来の問題を抱え、また別の国では今でも争いが絶えないことを思うと、イタリアも日本も平和だなあ、と思う。
戦争映画の堅いイメージだったので、今まで見たことなかったのだけど、実際ドラマチックな面白い映画だった。(小説も)。


今、調べたら、カンボジア人のプラン役、ハイン.S.ニョールは1996年に銃撃されたという。彼自身も映画以上の悲惨な人生を歩んだと思うと....現実ほど恐ろしいものはないのかもしれない。

イタリアの若者

何日か前のフリー新聞に載っていた記事より。
イタリア人の若者15-19歳の10%以上は「学校にも行かない、仕事もしていない、何にもしていない」のだとか。
もしかしたらこの割合は南イタリアのほうが北より高い、と思われる。
さらに私の印象では20歳以上になるとその割合はもっと高い、気がする。(高校卒業してそのあと何もしていない人たち。)


イタリアの大学を出るには何度も試験が繰り返され、いろいろ厳しくて、卒論も大変で、20代後半や30代になっても学生の人が多く、働きながら席はまだ大学に置いていたりしている人も多い。(働いていない人もかなりいるようだけど)
それだけに大卒、というのは重視され、日本のように「どこの大学」というのはあまり重視されないように感じる。地元の大学に行くのが普通だから。ローマの場合、南イタリアから来ている人もいるけど。
(それより何を専攻したか、が重視されるようだけど、私はそれが当然で日本の大学名だけ重視されるのは、ちょっと変じゃないか、とも感じる。)


だから、イタリアで大学を出た人は優秀な人と言えるだろうし、大卒かどうか、が優秀か頭いいかの基準にするのもナンセンスだとしても、優秀なイタリア人がたくさんいるのは確かだ。
また、その優秀な人材がどんどんイタリア外に出て行っているとも聞く。(イタリアでは、どんなに大学をいい成績で卒業しても、コネがないと希望の職につけないことが多く、外国で仕事を見つける若者がここ何年かで倍増している、と読んだことがある。そういえば20代前半で大学院まで出たイタリア人知人の女性もロンドンで就職したし。)


一方「何もしていない」若者が多いのも確かで、彼らの教育レベルが低いのも現実問題なのだ。
イタリアの将来って.....

ノッテビアンカの日

テーマ:

土曜日はノッテビアンカ だったのですが、あいにくの。雷までなって、ときどきどしゃぶり、という悪天候だったので、出かけた人も予定より少なかったのではないでしょうか。

今日の新聞によると雨のため、野外のイベントより劇場、美術館に多く人が集まっていたとか。


私はどのイベントにも行かず、友人宅に集まって食事をしたのだけど、帰り、雨は降るわ、バスは来ないわ(ノッテビアンカのため、通常の運行を変更していたらしい)遠回りになるけど取り合えず来たバスに乗ると、混んでいるし、夜、それも知らない地区を通るので、バスの中では落ち着いていられないし、2時間かかって家に着いたのは夜の1時半で、なんだか疲れた.....
来年のノッテビアンカは家にいよう、と思ったのでした。(まだ、イタリアに住んでいたら。)


イタリア人「全くノッテビアンカはついてないよ、前はブラックアウトになるし、今年はこんな雨で、しかも17日!」と言っていました。(イタリアでは17は縁起の悪い数字

イタリアで働く6

テーマ:

この夏からバール(カフェ)で働き始めたR君(国籍は第三国ということにしておきます。日本人でもイタリア人でもない。)の話。


R君以外はほとんど従業員はイタリア人、新人のR君の担当はジェラートその他のデザート関係。休む暇もなく客が来るので、ジェラートをつぐのに慣れない手は腱鞘炎ぎみで痛いのだとか。
他のイタリア人はほとんどの時間をおしゃべりに費やし、R君を手伝うどころか掃除その他の用事を言いつけたり「客がいるのになぜ今?自分たちはおしゃべりしているのに?嫌がらせ?」ってこともしょっちゅうなのだという。


オーナーがいないとき、他の従業員イタリア人は客用のワインやシャンパンを開けて飲んだり、終業時間(夜12時)より1時間早く店を閉めたり......なのだとか。
別の店でそういうことがオーナーにばれて、従業員全員クビになったという話もある。


休暇中の人がいるのでR君は契約より労働時間が毎日1時間長く、ときどき2時間以上も長くなったりするのだとか。(早番のときも早く帰れなかったりとか)。

別の外国人の話で、別の店で毎日残業したのに(イタリア人が急に欠席したりするから)残業代は出なくて、という話も聞いたことがある。


雑用が新人に回ってくるのはどの仕事でもしょうがない。でも、外国人だから、雑用が回ってきたり、損な役回りをさせられる、というのも酷い話だと思う。
私は幸か不幸かイタリア人大勢の中に私1人外国人という状況の中で働いたことはない。大変だろうと思う。
私が働いたところは現在も含めて外国人が多く、イタリア人も来るけどこんな悪条件で続けられるイタリア人はいないのか、皆、短期でやめていくようだ。(ってことはもっとひどいのかも....実際R君は私の給料に同情したくらいだから)


関連記事 イタリアで働く5

ユーロのお札とコイン

テーマ:

日本円のお札でボロボロというのは見かけないけど、海外ではどこの国でもよくボロボロのお札に会う。

ユーロ導入になって、3年9ヶ月だけど、もう5ユーロ札などはボロボロなのが多い。(イタリアだけ?)

日本人観光客から受け取る50ユーロ100ユーロ札はピカピカの新札が多い。日本の銀行で両替したばかりの。

お客様から受け取るときは例えば偽札の場合などもあるから「このお札は受け取れません。」ということもできるけど、こちらが客でお釣りでもらうときは偽札の場合以外は「このお札は汚すぎるから受け取れません。」とはいえない。

それにしてもしわくちゃで真っ黒になったお札、日本では見られないのはどこかで回収されているんだろうか。


あるイタリアの女性、ユーロになってから手が荒れるようになったという。原因を調べた結果、コインに含まれる銅の金属アレルギーだったのだとか。以前のリラのコインには銅は含まれていなかったから自分がそんなアレルギーをもっていることも知らなかったのだ。こんなところにもユーロ弊害が出ているなんて.....