1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年08月29日

ヒヨコとゆがみ おまけ

テーマ:日記

『私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。

見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです』 

(Ⅱ コリント 4:18)

見えるものは一時的で、見えないものは永遠ってのは、

さすがに聖書の言葉は奥深いですよねぇ。

整体でも操体でも、からだのゆがみをみたり、正したりっていいますが、

では一体どこのゆがみをみてるのか?によって、

そのとらえ方が全然変わってきちゃうような気がします。

見えるものと見えないもの。

ホントは見えてるのに見る目がないために見えないもの。

いろいろ考えると面白いですよね。


東京操体フォーラム実行委員ブログ より転載

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015年08月28日

ヒヨコとゆがみ その6

テーマ:雑談

『歪み整復法は、運動を分析して、

原始感覚に忠実に、最快適運動を自ら行えばよい。

復原を「治療」という。「治癒」は自然が行なう』

(生体の歪みを正す 橋本敬三論想集より)


復原を「治療」といい「治癒」は自然が行なう・・・

橋本先生はやっぱり素晴らしいですね。


この意味をわかったつもりではなく、

本当にわかるようになりたいもんです。


東京操体フォーラム実行委員ブログ より転載

AD
2015年08月27日

ヒヨコとゆがみ その5

テーマ:雑談

健康の大事なキーワードの1つとして血行をよくすることが挙げられます。

血液の基本的な役割は、新鮮な酸素とさまざまな栄養を個々の細胞まで届けて、

いらないゴミを回収すること。つまり、血管という道路網を使って、

からだの隅々まで必要な物資を運んでくれる運搬屋さんですね。

ですからその流れがよければ物資の運搬もスムーズ。

個々の細胞の仕事もはかどって、からだの調子もよいというわけです。

整体などの手技療法ではよく「からだのゆがみを正して血行を促進する」と

いうことを言いますが、血液の循環が悪くなることは万病の原因とも言えますので、

普段から血行をよくするようなからだづくりを目指したいところです。

もちろん操体法も効果大ですよ。

東京操体フォーラム実行委員ブログ より転載

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇