夫婦カウンセラー・行政書士ゆらこのわかりやすい離婚の話

行政書士・カウンセラーのゆらこが夫婦問題を考えるポイントや離婚の知識について書いています


テーマ:

こんにちは。夫婦カウンセラーのゆらこです。

 

 

夫婦間のコミュニケーションがうまくいかなくなったとき、いったいどういうふうにすれば良いのかで悩んでしまうと思います。

 

そんなときには、自分がたし算ばっかりしてないか、あるいは引き算ばっかりしてないか、考えてみてください。

 

夫婦間がぎくしゃくしてしまったという人の話を聞いていると、どちらかに偏っています。

 

 

女性はたし算型の人が多いです。

 

余計なことを言い過ぎたり、しすぎたりしてしまってます。

 

たとえば、夫が自分の思いどおりにならないとき、こうしてほしい、こうすべきだ、こうするのが当たり前といったことを、ストレートに言い過ぎてしまってる人が多いです。

 

たし算型の人は、うまくいかなくなればなるほど、この状況を何とかしなければと、どんどんたし算し続けてしまいます。

 

そして、どんどん状況が悪くなってしまうのです。

 

 

男性は逆に、引き算型の人が多いです。

 

夫婦間がうまくいかなくなったときに、行動したり言葉をかけたりするのが苦手で、できるだけ余計なことをせずに切り抜けようとする人です。

 

たとえば、妻の機嫌が悪いときに、話しかけたら余計に機嫌が悪くなるからと、何も言わない人も多いと思います。

 

あるいは、そんなときに一度話しかけて拒絶されて以来、話しかけなくなったというパターンもあると思います。

 

引き算型の人は言葉や行動を足せば余計に状況が悪くなると思ってますから、余計なことをせずに現状を維持しようと考えてしまいます。

 

けれど、引き算ばかりでも、夫婦関係は現状維持どころか、どんどん悪くなっていきます。

 

 

夫婦間のコミュニケーションはたし算ばかりでもダメだし、引き算ばかりでもダメなんです。

 

たし算ばかりの人は、ときには引き算してみることを意識してみてください。

 

余計なことを言わず、黙って相手を観察してみるんです。

 

そうすると、それまで見えなかったものが見えてくるし、相手の態度も変わってきます。

 

 

引き算ばかりの人は、思い切ってたし算してみてください。

 

相手は拒絶しているように見えても、本当は話を聞いてほしいのかもしれないし、「どうしたの?」の一言を待っているのかもしれません。

 

いろいろな言葉をかけてみて、相手の反応をみるということを、恐れずにどんどんやってみるんです。

 

夫婦の関係というのは、放っておいて良くなるというものではありませんから、何かを足していくということは不可欠なんです。

 

 

夫婦関係を改善したいという人は、今、自分が引き算をすべきかたし算をすべきかをまず見きわめることが、解決の糸口になります。

 

 

夫婦問題カウンセリング

Yurako Office

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。