夫婦カウンセラー・行政書士ゆらこのわかりやすい離婚の話

行政書士・カウンセラーのゆらこが夫婦問題を考えるポイントや離婚の知識について書いています


テーマ:

こんにちは。行政書士・カウンセラーのゆらこです。

 

 

離婚のとき、お子さんがいればよく問題になる事柄に、学資保険があります。

 

私が見る限り、学齢期までのお子さんがいるご夫婦の場合、半数以上の方は学資保険に入っている印象です。

 

ですから、これをどうするかが問題になるケースは多いです。

 

 

財産分与の原則から考えると、学資保険は解約して折半するのがいちばん公平ではあります。

 

しかし、学資保険は子どもの進学資金として貯めてきているものですから、養育費の一部と考え、子どもを引き取る側が確保できるよう夫婦間で協議するのが良いのではないかと思います。

 

 

夫が契約者・受取人となっているけれど、子どもを引き取るのが妻というケースが多いですが、この場合は契約者・受取人とも妻に変更し、夫は契約から抜けるのがいちばんおすすめの方法です。

 

もし夫が学資保険の保険料を払うというのであれば、毎月の養育費にプラスして保険料分も妻に渡し、妻が保険料を支払う形にした方が安心です。

 

というのも、下手に夫が契約者(保険料を払う人)、妻が受取人としてしまうと、夫が勝手に解約してしまう可能性がある、贈与税が発生するなどいろいろ問題があるからです。

 

妻が契約者になっていれば、妻側で生命保険料控除も受けられますから、妻の税金が安くなるというメリットもあります。

 

もしくは、契約者・受取人を夫のままにしておき、満期時に満期保険金に相当する額を進学費用として妻に渡すという方法もあります。

 

いずれにしろ、口約束ですませるとトラブルに発展しがちな点ですから、きちんと書面にしておくことが重要です。

 

 

ちなみに、離婚時に学資保険の契約を妻側に移しておくその他のメリットとして、以下のような点があります。

 

1つは学資保険には中学・高校進学時にお祝い金(進学学資金)が出るタイプのものがあり、契約者であればお祝い金を請求できるということです。

 

進学時のお祝い金については、離婚の際にも見落としがちですから、契約者を変えない場合にも具体的な取り決めをしてないことが多い気がします。

 

そのまま据え置いて満期時にもらうというのでもいいですが、中学や高校の進学時にも結構お金がかかりますから、実際もらえると助かることがあります。

 

 

もう1つは、学資保険の契約者になっていれば、どうしてもお金に困ったときに、契約者貸付で借入ができるという点です。

 

もちろん、借金はしないにこしたことはないですが、契約者貸付は金利が低く、返済期日もなく、払えなくても満期保険金が減るだけですから、下手に高金利のカードローンなどで借りてしまうよりはよっぽどマシということです。

 

 

進学資金を貯めるには貯金という方法もありますが、意志が弱かったり、状況が変化したりすればなかなか思うように貯められないことがあります。

 

学資保険の場合には、毎月半強制的に口座から引き落とされる上、簡単に取り崩せず取り崩すなら借金になってしまうというのがありますから、嫌でも貯金できてしまうという点はかなり大きいと思います。

 

既に学資保険を契約中の場合には、離婚するときにもできるだけ解約しないですむよう、方法を考えるのがおすすめです。

 

 

円満離婚サポート

Yurako Office

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。