サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場する日本代表を応援しようと、青森県弘前市の「絵描(えか)ぎ」(津軽弁で絵描き)、山内和人さん(46)が、チームカラーの青色をしたちょうちん「金魚ねぷた」を制作、全国から注文が舞い込む人気となっている。

 ねぷたは竹ひごで作った骨組みに和紙を張り、染料を塗って金魚に仕上げる。幸福を呼ぶ縁起物とされ、青森の伝統行事「ねぷた祭り」では、子どもが豆電球で明かりをともして練り歩く。色は赤が一般的だが、山内さんは青に替え、ほおと尾の部分に日の丸を描き、腹には「必勝」の字をあしらった。

 価格は直径28センチの大が4800円。問い合わせは山内さんのアトリエのホームページ(http://www.neputaya.com)へ。【山本佳孝】

【関連ニュース】
南アW杯:日本代表、スイス合宿地に到着…練習を開始
南アW杯:日本代表、スイス到着…直前合宿へ
南アW杯:警備に4万人、でも効果未知数 開幕まで17日
南アW杯:巨大漫画でエール 日本代表26日未明出発
南アW杯:日本は1次突破する…43%が予想 ネット調査

<普天間問題>鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見(毎日新聞)
[スギヒラタケ]強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大
<老犬ぱる>寝たきり一転 手作り補助具で散歩(毎日新聞)
<シデコブシ>岐阜「恵那テクノパーク」 自生地避けて造成(毎日新聞)
誰が直したの?…こち亀「麗子」像、真っすぐに(読売新聞)
AD