大阪市城東区の社会福祉法人「大阪福祉事業財団」が運営する知的障害児施設「すみれ愛育館」で2005年4月~09年10月、職員が入所者に対し、顔面を殴るなどの虐待や、要件を満たさない身体拘束など児童福祉法に違反する行為を計441件繰り返していたことが、市の監査でわかった。

 けが人もあり、市は「行き過ぎた行為があった」として3月下旬、同法に基づいて施設に是正指導を行った。

 同財団の理事は「故意ではなかったが、大変申し訳ない」と話している。

<NPO>評価基準公表 寄付の判断材料などに活用へ(毎日新聞)
奥西死刑囚の即時釈放を…支援者ら高検に要請(読売新聞)
立体駐車場4階から車転落、車内の2人重体(読売新聞)
<ネット名誉棄損訴訟>接続業者にも開示義務 最高裁初判断(毎日新聞)
<交通事故>中学生4人はねられ軽傷 大阪・熊取(毎日新聞)
AD