福島の大地にきぼうのたねをまく

農業のこと、福島での暮らしのこと、日々の想いを綴ります。
毎日の小さな感動を大切に、美しいもの、今まで見たことのない世界に出会っていく人生の旅を。


テーマ:
いつも自然と隣り合わせで

心地よい風が吹き抜ける


水面になびく小さな稲たちがゆらゆらと心地よくみえる





先祖代々受け継がれて来た稲作文化はこうして今の私たちに受け継がれ

どんな状況下にある世の中でも、3000年以上続く米が日本を守り続けているのだ






田んぼの中にいる生き物たちは自分の与えられた環境の中で生き抜く

どんなに小さな命でもココにいる役割を全うしているのだろう





田んぼ1枚(10a)からとれる米の量って知ってますか?

一粒の種からどのくらいの米ができるか知ってますか?

日本人が1年間で食べる米の量の平均でどのくらい?

おにぎりは何粒のお米でできているのだろう?


(体験しての理解。簡単に数字を並べることができるけど・・・この大切さを感じます)

普段何気なく、口にしているものも知らないことばかり



足腰使って毎日田んぼに入って肉体労働していると、なんのために?

がつきまとう。

自分に対する意味づけ。

この先にある未来を信じる光。









わたしたちは農業という営みを生活の一部としてきっと一人一人のDNAに刻まれているのかもしれない



それを体験したことがない人もたくさんいるわけで

わたしたちはもっと向き合っていくべきことなんだなとおもう




何度も足を運んでくれる魅力をこれからも最大限に出していきたい




HIS福島スタディツアー どろんこ田植え


最年少は中学生の女の子が一人で来た。


ご夫婦で、お一人で、復興支援仲間と、


たくさんの人が”想い”をもち

それぞれの”福島”と向き合う時間ができた


いつも想う、このツアーのおかげで自分自身の成長にもつながる



「農業」というイメージはそれぞれあるだろうけれども

この秘めた可能性とこれからの未来のワクワクは今いるところから
出会う人たちによって新しいものが創り上げられる力があるんだなあ





それから、、

24日に東京から田植え体験にきてくれた人がプライベートで2日間田植えのお手伝いにきてくれました。
個人的にエネルギーを感じて動けることはすごいなと。


人や土地のエネルギーがあるからこそ、私たちの目の前に起こるできごとはすべて起こるべくしてあるものばかり


だから、それとじっくり向き合っていこう。




まだ田植えつづきます^^;

体力戦になります(笑



いつもありがとうございます






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

福島の農娘 みーちゃん さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。