福島の大地にきぼうのたねをまく

農業のこと、福島での暮らしのこと、日々の想いを綴ります。
毎日の小さな感動を大切に、美しいもの、今まで見たことのない世界に出会っていく人生の旅を。


テーマ:
HISスタディツアー3月23~24日

「福島の今を知り、わたしたちの未来を考える2日間」
第1弾希望の種まき


無事、みなさんの支えのおかげで開催することができました。


遠くは福岡、そして徳島、愛知、関東から・・・

本当にありがとうございました。

第1弾のスタートとして、みんな初対面だったので緊張もして、少し不安もありましたが、みなさんと一緒に楽しい時間を過ごすことができました。


私が言い続けていること。


それは、福島に足を運んで感じてほしい。


この場所の自然、空気、食べ物、人々・・・


そんな体験を2日間を通してどれだけ伝えられたかわかりませんが、一人一人が福島のこと、自分のことと向き合っていたのは確かだと想います。


放射能は怖い

福島のお土産はいらないよ

福島産の食べ物は食べたくない

もう福島は駄目なんじゃないか



そんな言葉を今まで出逢った人から直接聞いてきましたが、一つ一つのその言葉もしっかり受け止めて生きてます。


福島の現状はちゃんと自分の目で確かめて判断してもらいたいから。

そうして始まった、このツアーの企画は半年近くかけて準備してきました。
私自身まだまだ知らないことも多い中、自分ができること、ココに来る価値を伝えること・・・そんなことを模索しながら日々動いてきました。



でもちょっとずつ、不安が確信に、そして自信につながっていきました。



自分にも何かできる!




福島のために、福島の農業のために伝えられること、そしてみんなで考える場をつくること。
福島のことを想い一生懸命考えてくれている仲間のためにもココまで来れたと想います。



ツアーの中身を紹介します。


東和地区に入る前に飯館村から避難しているかーちゃんたちが立ち上げたお弁当屋さん「かーちゃんの力プロジェクト」で代表の渡辺さんのお話を聞き、飯館村の状況を見てきました。
それから東和地区へ。木幡山にある隠津島神社宿坊で東和のレクチャー、原発事故後から2年目の今を私の父である菅野正寿よりお話を伺いました。




いろんなことが起きたこの2年だったので、話すことは盛りだくさん。そして今も色んな状況が続いている・・・それぞれが今の福島と向き合った時間でした。


その後、東和の自然を満喫するために隠津島神社へ散策。
長い階段をのぼり、樹齢800年以上の大杉や三重塔を見て歴史ある空気を堪能。



夜は農家民宿へお世話になる農家さんと夕食交流会。

東和の野菜やお酒を堪能し、自己紹介して、みんなと出逢いの時間となりました。




東和地域にある3件の農家民宿に分かれてそれぞれが各農家で密なお付き合いをしたようです。


次の日は朝、集合しました。
みんなが来る前にスタンバイ写真を記念に。
今回、地元のテレビユー福島の取材も入りました。


そして希望の種まきをみなさんとしました。
種まきの前にしっかりガイガーカウンターで今の放射線量を測りました。自分の目で確かめることをしました。


みんなから力強いメッセージも頂きました。


一人一人が福島に運んでくれた”希望”はこの大地に降り注がれました。



その後、ほうれん草を収穫しましたが今でも放射性物質の検査体制は継続的に行っています。
実際1㌔のほうれん草を出荷前に検査している現状を伝えようと、こうして量りを用意してみなさんに説明しました。


道の駅にある放射能物質検査室にも行き、説明を受けました。
手間もお金もかけてもココまでやることの意味を感じてくれたかなと想います。

お昼はみんなでもちつき大会でした。


つきたてのお餅をぺったんぺったん。
息の合った兄弟です。


お腹いっぱい、お餅を食べてこの2日間の想いを共有しました。



行く前と行った後、それぞれが感じたこと。

一歩踏み出したみなさんと繋がり合えたのは、本当に大切なご縁だと感じています。
その小さなつながりをつなげていく。

自分の心と向き合う時間こそが、ここに来た意味なんじゃないかなと想います。

一人ではちっぽけな力ですが、多くの人が支えてくれているからこそ実現できたことだと想います。


今回は子供たちの参加もあり少し賑やかな時間になって嬉しかったです。震災後、今までお付き合いのあった学校や体験学習のようなカタチは一切途絶えてしまったからです。

参加したお父さんはしっかり考え、判断した上での選択だと想います。

私はとても嬉しかった。
来てくれてありがとう。


子供こそが未来です。


もっと、そんな場所になっていきたい。

子供たちからの言葉は新鮮で、素直でちゃんと向き合っていると感じました。



そして今回は母校の後輩にお手伝い頂いて、とても助かりました。


身近に農業したいという人や何か関わりたいという人が増えてくれると嬉しいな。

やっぱり一人より二人、それ以上の仲間がいると本当に楽しいと感じました。



新しいスタートとして漕ぎ出したパドルは休むことなく、前へ前へと新しい道を創っていきます。




まだまだこれからで、この先にも続く道のり。

みんなのまいた希望の種は全国へ、その想いを受け継がれると信じて・・・
この大地で伝え続けます。


最後まで読んで頂きありがとうございました。


きぼうのたねカンパニー
http://kibounotane.jp

菜の花ハイキングへ行こう!4月

http://kibounotane.jp/workshops/index.html


HISスタディツアー5月
http://www.his-j.com/kanto/corp/group/inspection/fukushima/

facebook
https://www.facebook.com/Kibounotane

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

福島の農娘 みーちゃん さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。