福島の大地にきぼうのたねをまく

農業のこと、福島での暮らしのこと、日々の想いを綴ります。
毎日の小さな感動を大切に、美しいもの、今まで見たことのない世界に出会っていく人生の旅を。

ご訪問ありがとうございます。
みなさんとの出逢いに感謝です。
”たねをまくことは、命をつなぐこと”をモットーに人と自然をつなぐ新しい未来の農業を創ることを目指して、福島の農業の現場から発信し続けています。
東日本大震災、原発事故の教訓を伝え、次世代へ農の暮らしや営みを継承していく農業を基盤とし幅広い活動を視野に日々楽しんでいます。


2013年3月に設立した『きぼうのたねカンパニー株式会社』
http://kibounotane.jp


主に”人と自然をつなぐ体験プログラム”
【ツアー・イベント各種】を軸に活動の幅を広げていきます。

【NEWお知らせ】
*農家民宿 遊雲の里* 2016年5月オープンしました!
1泊2食付 大人 ¥6,500 農業体験などもできます。お早めにご予約ください♪
※その他ご希望がありましたらご相談ください。
お問い合わせは電話0243-47-3434(農作業で外に出てることもありますのでお昼頃だとかかりやすいです。)FAX0243-47-3446
もしくはメール
mizuho.sepak☆hotmail.co.jp ☆を@に変えて送信くださいませ。


顔の見える関係性と対話を大切に丁寧なつながりを心がけていきたいです。
きぼうのたねカンパニー株式会社 代表取締役  菅野瑞穂
NEW !
テーマ:
金木犀の匂い  秋の空  黄金色に染まる里山の稲穂たち

毎年、当たり前の景色だけど胸に刻んでおきたい想いがある

目には見えない聞こえないにおいもない

そんなものと向き合わなければいけない現実がココにはあって

福島の農業のPRはもちろん大事だけど本当のことを伝えることに蓋をし、華やかに見えてしまう周りの方向性の違いに温度差を感じていた・・・

それは分断攻撃であることも知った

明日開かれるシンポジウムのために沖縄からいらっしゃったオール沖縄会議の中村さんから前夜時間を頂き沖縄のことをお聴きしました。

こんなに静かだと落ち着かないとおっしゃった

静かな夜は沖縄の人にとったら非日常なのだ
沖縄で起きていることを知り福島の長い道のりを考えるために福島の若手農業者で沖縄視察の予定を立てた。

土日はHIS稲刈りツアーのため行けませんがまずは行動して考えるきっかけに情報提供

原発事故6年目、福島の今を知るシンポジウム
10/1 二本松市男女共生センター

http://www.event-search.info/events/v1Ws0QrS3iag1r/

私は現地に来てくれた人たちとの時間を大切にして

できることは目の前のことから

東和にも放射能焼却施設設置が決まり、まだまだこれから向き合わなければいけない現実が

それでも変わらない自然と共存できる幸せを感じて。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
最近は視察関係の方に交流スペースで食事を提供させて頂いております。


お話させていただくこともありますが、私が大事だなぁと感じてることは


伝わること



そして人の心を動かせること。



何事も行動しなきゃ始まらないし、行動できる人を増やしたいなと。




相手(聴き手)の受け取りたい情報とは何かということも大切であり、多くの情報を与えればいいということではないなぁと感じる。
ありふれた情報だらけの社会に埋もれる前に自分軸をもって判断していくこと。





だから、最近は「目的」が気になる


何のために


何がしたくて


どうしたいの?





聴き手の熱量も話していて感じるし、話したあとはディスカッションが生まれる=質問が出てくる




そういう空間が好き。





日本人同士なんだから、言葉の壁はないし、コミュニケーションはどんな方法でもとれる時代





磁石のように求めるモノ、人同士がくっつけばきっと面白いことだってあるだろう



世間が騒ぐ話題も一過性のものだから、そこに執着し過ぎない。

今、流行りの
○○女子というメディアが好きな言葉の使い文句の宣伝はやっぱりわたしは好きではない(笑)だいぶ取り上げていただきましたが(^^;



世間的に見られている自分(メディアを通して)もあるけれど、違う世界で生きていきたいという想いもあったり




東和地域仮設焼却場が設置されることが決定しました。


二本松市の広報で取り上げられました。









安全という言葉はどこから来たんだ?




安全という常識を越えた事故が起きてしまった限り、住民の不安はこれからも消えぬまま嫌でも向き合わなければいけない現実があるだろう。。




見えないところで人々は動いている。いいこともわるいことも全てお互いの正しさを求めて。



危機感の薄れない私は、周りとの温度差も感じながら。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




稲刈りが始まるタイミングですが、雨が多い今日この頃。


田んぼの畦道にはバッタがたくさん跳び跳ねて、上空にはトンボが舞う。


毎年、繰り返されるこの季節の光景は当たり前のように、わたしたちの目の前に変わらない姿があり、気持ちいい秋の風が吹く。



野菜セットの注文がたくさん入って本宮まで配達してきたけど、そこでも放射能、原発事故のはなしになった。


もう日常会話として何の違和感もなく話して、5年前のことなのにまだまだ続いていくこの感じ。



「みんな我慢してるんだよね」




何だかその一言も福島にいて共感し合える言葉だったり。



向き合っていくことは、いやな想いも複雑な気持ちも自分の心にある言葉をそこから抜き出して、口に出して、相手に表現していくこと。

正しいとか間違いとかわからないから、ただ探りながら今を生きる。






農業を仕事としてやっていくことも選んできた私の道のりだけど、やっぱりココ最近はこれでいいのかと、揺らいだりして、次のステップを探している。



もどかしいというか、自分の居場所を探しているような気持ち






自立ということが今の目標




そして、何か始めたら続けていくこと。

短距離よりは長距離が好きだからたまにはスローペースで、寄り道したり、たまには歩くかもしれないけど、長い道のりを楽しむ努力が大切。



私が大好きな秋


晴れないすっきりしないお天気の日が多いけど、秋の実りを感じて。





いちじくが今日のおやつ。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。