福島の大地にきぼうのたねをまく

*人に夢や感動を与えることが人生のミッション*

ビジョン
♦ 農業と共育をつなげる活動
♦ 福島から新しい農業の可能性を見いだす
♦ 農業とセパタクローをむすぶ事業

ご訪問ありがとうございます。
みなさんとの出逢いに感謝です。
”たねをまくことは、命をつなぐこと”をモットーに人と自然をつなぐ新しい未来の農業を創ることを目指して、福島の農業の現場から発信し続けています。
若い世代の我々が、情熱をもち、行動し、地域や社会を変えていくことに意味があると思います。

2013年3月に設立した『きぼうのたねカンパニー株式会社』
http://kibounotane.jp


主に”人と自然をつなぐ体験プログラム”
【ツアー・イベント各種】を軸に活動の幅を広げていきます。


平成27年度新米注文受付中・冬季限定 杵つきもち
 http://kibounotane.jp/farmfresh/kome.html



★2015年全日本セパタクロー強化選手としても活動中!!
セパタクローライフ記事も書きます~

日本セパタクロー協会理事
福島セパタクロークラブ代表


テーマ:
昨日BS朝日のテレビでチェルノブイリ30年のドキュメンタリーを観ました。


30年後の福島を想像できるだろうか?

今の避難地域はどうなるのでしょう。


いろんな想い巡らせ感じる番組でした。


福島県は除染、強制帰還、賠償打ち切り・・と着々と進む中で本当にこのままでいいのか?

風評払拭という言葉をよく聞きますが、ようやく自分の中で納得したことは根本的解決になっていないということ。

6次産業化も推奨する福島県ですが、いい商品を創って福島をPRすることは経済効果も上がりよいことですが、やっぱり本質的な問題とは違っていること。


自分でも周りの方向性との不一致をココ数年感じてきた意味をようやく理解できました。

もっと本質的なものに目を向けて、本当に向き合うことを大事にしようと。



私の住む東和にも再び仮設焼却場設置問題が浮上してきました。
2年前に反対署名を市に提出し住民の声を届け、もうこれで話がなくなったかと思ったら、また東和に。です。



どうなることでしょう。また住民説明会が行われるそうです。


チェルノブイリでは定住してもらうための住居支援含め、交通費や医療費が無料になっている今、福島の人たちに対して政府はどのような対応をとるのでしょう。移住支援ということがないまま、全てを終わらせたいという方向にしか感じられません。

また子ども達の甲状腺がんや健康に関する影響も詳しく取り上げていた内容をみて、もっと日本も徹底的に検査体制や健康サポートが必要だと思っています。

親の遺伝で子どもに健康被害が出ている現状に驚きました。
いくつもの病気を抱え学校でもいじめられる子どもたちが今必死に闘っている。
そのお母さんは妊娠前にちゃんと検査してわかっていたならば・・と言っていました。

何があるかわからないからこそ、しっかり測るということ。
私も明日福島に原発事故があってから初めて甲状腺検査を受けに行きます。一般病院だと成人は難しいのですが民間で行っている機関で明日だけの開催をネットで知りました。
今までは18歳以下の子どもたち優先ですが、やはり私にも何かあったらと思うと心配です。
少しずつそういった不安の種をなくし、自分が向き合っていくこと。
しかないのかな~と。




昨日は沖縄も71年という長い歴史の慰霊の日でしたね。

新聞記事を読み、今でもこうして語り継ぐ人たちがいること。次の世代の若い人たちが向き合って行動していることについても深く考えさせられました。

最近の米兵による女性殺人事件に関しても基地がある限り、この沖縄の戦争は終わっていないことかも知れません。

解決できない根本的な問題があり、そこに立ち向かう勇気が必要だと思います。


来月の選挙でまたどのように政治が変わるのか争点になります。
18歳以上という選挙権を持つ人たちが本気でこれからの政治を考え自らの意思をもつことが大事になります。



福島の原発事故もチェルノブイリも沖縄のこともやっぱり本質を問い、根本的な問題と向き合い何ができるか?
一人でもどんな行動を起せるかをしっかり考えたいと草刈りをしながら思いました。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は朝からずっと雨降りです。
昨日はじゃがいもの土寄せや大根の間引き、草刈りと農作業に徹したので少し今日はゆっくり過ごしています。
時間があるときは自分自身を磨くためにブログなどで必要な情報収集をすることが楽しみです。

静と動、インプットとアウトプット。
どちらもバランスが必要ですね。


わたしが最近意識しているのは
「手放す」ということ。今年は特に自分が辞めたいこと、いらないものなどを手放す年なので勇気を持って手放してみましょう。
人間関係や仕事、古いもの、いらないとずっと貯めていたものなどなど
何かを手放せば新しい「何か」が入ってきます。

最近わたしが手放したことは「がんばる」ということ。ちょっと大きいことと思うかも知れませんが・・・今までやってきたセパタクローを「がんばること」を手放しました。

「頑張る」から「楽しむ」への転換です。
今まで通りセパタクローも続けて楽しんでいきます。



今までの私は常に「がんばらなきゃ」とがんばってきました笑

あたり前ですよね「頑張れば」=「結果が出る」 と気を張って生きて来たのですから。

頑張れば結果がでる。と何事も取り組んで来たのですから。


でも、ある人から言われた言葉がきっかけでもう「がんばる」ということを手放したのです。

その言葉を言われたときはとってもショックでした。もう抜け殻状態の自分になりました。笑


今想えば有り難い言葉でした。

もちろん、これからも生きていく上でがんばらなければと思うこともありますが
それよりも「楽しむ」意識の方がよっぽど大事だなと思います。



ちょっとずつ自分の思考を変えていけたなら楽しいですね。




今の環境に慣れて日々なんとなく過ごしてしまえば「楽」だったり「居心地のいい」まま月日が経ってしまいます。

今のままでもいいと思えば今の生活で十分生きることが出来る。

でも、成長を求める自分は常に変化というスパイスを求めがちです。

それが今まで歩んできた私だから。

ワクワクする方へ自分の道を創っていける。そんな気持ちで過ごしています。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は満月。明日は夏至。

地球のエネルギーを感じるような暑さ。。


標高600mの高原畑には収穫前のニンニクや玉ねぎ、かぶ、大根、ほうれん草などがあります。

じゃがいもやさつまいも、大豆、ごぼう、ニンジンなども植え終わり賑やかな野菜畑です。

ちまきの笹の葉は山の中に入ってとっています。山の中は耕していないので若干数値が高く0.52μSvありました。


すぐ隣は川俣町山木屋地区は計画避難地域ですが、ずっと耕している大地なので畑の放射線空間線量もだいぶ下がりました。



続々と野菜たちが出来始めています。







週末には友人の結婚式があり、とても幸せなパワーを感じてきました。
新郎新婦ともに知っていてセパタクローがご縁で知り合った仲なのでとても感慨深かったです。

みんなが笑顔でしあわせで、感動の涙を味わえる。そんなひと時がなんだか嬉しくてかけがえのない時間だと思います。


今週も楽しみましょう。
いつも読んでいただきありがとうございます。














AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。