【インドネシアとニカラグアの農業青年との情報交換】

2018.2.15

先週のことですが国際農民組織ビア・カンペシーナ(La Via Campesina)から2人の農業青年が来日。インドネシア農民組合からアンガ・ヘルマンダさん。ニカラグア農村労働組合からはエリカ・タケオさんが東京でのシンポジウムのあと福島にわざわざ来て頂きお互いの取り組みを共有。
「小農民の権利宣言(案)」を国連へ粘り強く働きかけてきたインドネシア農民組合のアンガ・ヘルマンダさんからは農村の現状と農村を取り巻く貧困、飢餓、小農の権利など様々な問題について。
エリカ・タケオさんは国際連合食糧農業機関(FAO)が大いに推進を進める「アグロエコロジー」について。
「アグロエコロジー」教育のプロとして活動していました。

地球規模で農業をよりよくしたい人たちとの学びに感謝です

 

 

AD