自分を大切にしよう。
そのために、ピンときたことは
なんでもやってみよう。

それで、色々としてることの中に
料理があります。

食いしん坊で美味しいものに目がない私。
だけど、毎日外食は
サイフにも身体にも優しくない。

日常のゴハンを、
健康にもよく、
美味しくするコツが知りたい!
ついでに、それが
簡単だとうれしい!!おねがい

それで、このところお世話になってる
おだやか家さんの女将、はるさんに、
今度は煮物を習いに行ってきました!

以前、「自信をもって一汁一菜☆ごはん味噌汁編」で、目からウロコの味噌汁の作り方を教えていただき。

今回は、煮物じょうず編
いつもテキトーに、だし入れて
みりん入れて….みたいに作っていて
イマイチ味が決まらなかったので、
おだやか家流の煮物を伝授してほしかったのです。

もう、目からウロコどころか
魚5匹くらいでてきた!
うお座うお座うお座うお座うお座

野菜のもつ力を信じて、
それを最大限に引き出すために
引く、引く!余計なものは足さない!
手順も信じられないくらい簡単!
陰陽の理論も引用して、
わかりやすく、再現性高く
教えていただきました。
この料理法は一生モノだ!!

かぼちゃは塩だけ。
筑前煮は醤油だけ。

それなのに、
絶妙な甘みとこく、野菜のダシが
引き出されてほんとに美味しい!!∑(゚Д゚)

はるさんは、野菜を
それはそれは大切に扱います。
おだやか家で育てた野菜たちはもちろん、スーパーで買って来た野菜たちにも
「うちに来てくれたからには、
もう安心して!」
そう言って、ムダなく、優しく下ごしらえする。野菜たちは、下ごしらえをされるほどにピカピカ光って来ちゃうのよ←実話です

もう、絶対、野菜ネットワークでは、
はるさんとこ行けば幸せになれるって
スーパーの棚で噂してるはず。

煮物の美味しさには、
この目に見えない力、
はるさんの愛情が確かにのっている。
野菜が愛情にこたえていて、
それを食べると身体もこころも
ゆるんでほっこりする。

はるさんはちょっと庭に行き、
大葉を何枚かつんでさっと千切りにして
煮物にそえた。
目にも鮮やかで香り高くて、
口に入れたら、はー、しあわせー、
って言葉に出た。
はるさんは、当たり前のように
そうしていたけど、
私はものすごく豊かなことに感じました。

毎日の仕事に追われて
ゴハンの支度をめんどくさく感じて
外食したりお惣菜買ったり。
これは私にとっては
豊かさから離れることだと確信した。

生活の中で、
優先順位を今まで以上にはっきりさせよう。
日々の暮らしこそ
丁寧に大事にしよう。

料理教室に行ったはずなのに、
私が今回得たことは
生き方の指針みたいなことでした。

はるさん、ありがとうございました!
{53C018E5-BE49-4845-AA7B-3A8164EB8DC5}

{468069A0-5182-47B3-8A74-E0648047EBCB}

{3FA11523-98D9-45C3-A027-987066229EAA}

{37D88D59-965E-44B9-8F5D-F066A448CF5B}

{A6610FEB-74FD-43F5-A97B-BC360FC4677B}

{AB2EE5DD-176C-4144-949F-32DA25FA09D1}



※おだやか家の女将、はるさんは日常の暮らしを大事に豊かに生きるすてきな女性です。激動の人生を歩んで来たからこその深さ、強さ、優しさや慈愛に溢れたはるさん。
おだやか家さんで身体にもココロにもいい料理教室やってます。ピンと来た方はぜひ行ってみてください!








AD

コメント(2)