今回は「年末年始みっちゃん先生スペシャル」としてREN空術美容法の臨床報告をアップします。

↓↓↓

先生、おはようございます!!
先日は緊急遠隔対応ありがとうございました‼
あんなに辛い気持ちになったのは初めてでしたが、先生の温かい対応でとても楽になりました。
<回答>
よかったね♬
ここで多くは語らないけど、よかったね。
私も同じように患者さんが辛いときに先生のように心を寄せたいと心から思いました。
<回答>
そうかぁ・・・
みっちゃん先生もきっとそうなるよ!

辛かったですが、とてもいい経験になったと思います(^^)
<回答>
(#^.^#)v



今日は臨床報告をさせていただきます♪
よろしくお願いします。

30代女性
約半年前に出産もされています。
肩こりがあるとのこと。
定期的ではありませんが、何度か施術を受けたこともあります。


臓器全身捻転。
仙骨から上がる定触。
経絡施術。
冬~春~消化器官~充気のエネルギー連絡。
胸腔・腹腔・骨盤腔のL1での調整。
骨盤へL1三連打で修正。
産後、骨盤がもとの位置にもどっていないことがあったり、開いた状態ということがあります。
だから、「開いた状態を身体の負担にならないくらいで、戻れるだけ戻してね。骨盤自体は前にも後ろにも倒れすぎず正しい位置に戻ってね。」と声掛けも。
子宮への定触

これは、10ヶ月間大きくなった子宮へ「がんばったね、ありがとう。無理しなくてもいいから戻れるだけ戻ろうね。」との声かけもしました。
<回答>
「場」をつなぐための「文言」もホントにうまくなってるね。
もう考えなくても「みっちゃんスタイル」で「場」に合わせることができるよね。


耳への定触。
赤ちゃんの泣き声もストレスになるときがあるかもと思いました。
かわいいわが子でも大変なときは大変ですので。
<回答>
「感覚器から抜くストレス消去」だね。
肩こり・頭痛から腰痛まで領域が合うとすこぶる有効だよね。
研究会を受けたメンバーからの反響の大きい技術の「ひとつ」だよ。さすがにみっちゃんも手に乗せてる。


目への定触。
これは、近況を聞いた内容からストレス消去してみました。

心肺生命律動のLでの調整。
今はあまり時間に追われていない気がしました。
お子さんがいるため、あまり長引かせてもと思ったのでLで。 
仕上げに、
<回答>
施術のバランスが絶妙だなぁ。
「感覚器からのストレス消去」は「文言技術」で。「文言技術」の代表的なテクニックである「心肺生命律動調整法」はここではあえて「L」で。
REN空術師としての熟練を感じるよ。


頸椎をLで「椎の調整」、座位での心肺への臓器捻転&肩関節への関節捻転。

今回も近況を聞いていたのもあってここまで一気にやりました。
<回答>
①~⑩まで。オーソドックスなREN空術の「組み立て」だね。
この「基本的」ともいえる「筋」が確実に表現できるかどうかが、REN空術師の「腕」だよ。
で、みっちゃん先生はキッチリと結果を出してくる!



肩こりがあったので動診してもらったところ、肩は軽くなっていて問題なしとのことでした(^^)



そこから、美容にうつりました。

体幹の調整。
首肩のセブン、背部肩甲骨下からのバストへの定触法

ご自身でもバストアップするイメージをもってもらい、アップしたい気持ちを持ってもらいました。

その結果が写真の通りです。
<回答>
施術ももちろん上出来だけど、美容もしっかり決まってるね!
バスト。。。コレ、患者さん、とても喜んだでしょ(笑)???
美容の技術を獲得して
施術の「幅」と「魅力」がまたまた増えたね。


すみません、もう1つ続きます。
<回答>
そっちは
「年末年始みっちゃん先生スペシャル」として、「新年巻頭カラー・スペシャル」でアップします。







※光の加減で服の色が違って見えますが、「写真」は当日の施術のビフォー&アフターです。





※本文「青字」REN空術の技術です。




「REN空術の施術・研修会」のお問い合わせは・・・
三ツ星先生まで
 
神奈川寒川町 
ふたば自然療法院

AD