音の感覚って...

テーマ:
お久しぶりです。
既に12月ですね。
クリスマスに忘年会のシーズンですね。

あー、やだやだ。
めんどくさい。(苦笑)

いろいろ思ってることはあるんだけど、まぁ、たいしたことではないのだけど。

とりあえず、今日はタイトル音の感覚って...

なのですよ。
↑一人完結(笑)

じゃなくって。

私、絶対音感まではないものの、何となぁくは、ってなくらいはあるのですよ。(-""-;)
そりゃまぁ、3、4才辺りから社会人な今現在進行形でヤマハっ子でエレクトーン(電子鍵盤楽器)引き続けてりゃぁ、一般のかたよりは耳はよくなってるの当たり前なんじゃん?
ってなくらいなんですけどね。

そんななので自分の中の音階軸?みたいなのが若干あるわけで。
その影響なのか頭が弱いからなのか、「ミ」を「ド」に置き換えて音の読みで歌うとか苦手なんですよ。(-""-;)

何て言うんだか忘れたけど、
通常、「ド」を基軸に「ドレミファソラシド」って行くんだけど、違う調なら「ラシドレミファソ」も音階幅は同じで...
ってな話の流れで○調だからこの音が「ド」の役割を担う的な発想のやつね。

どーも、その辺りの必要性を感じられなくて、納得できなくってさ。
お陰で音階でよんで歌うのに、「ミファソラシドレミ」を、「ドレミファソラシド」に置き換えて歌ってみようってなると、気持ち悪くて気持ち悪くて。(-""-;)

要はドって発音して歌うけど実際はミの音であって、その食い違いがぞわぞわするんですよ。
全く気にならない人もたしか、いるんだよねそーいうの。

だから曲弾くときも、ひとつ前の流れを3つ上の音でやってるだけとかってのも、さらっとは弾けないっていうね。(; ̄ー ̄A

そーか、頭悪いからかな。(;¬_¬)

お陰で今日の合唱練習中にそんな感じのがあったのですが、ひたすらに思考回路は、「ミ」の音を「ド」と言う歌詞で歌うって思考してたよ。

間違っても音階で歌ってるわけではない。
そう思わないと、耳からの情報との食い違いでぞわぞわ寒気して気持ち悪くてしょうがなかったんだよね。(-""-;)

困ったもんだ。
たいした絶対音感持ってるわけでもないのにさ。

音の感覚ってひとによってまちまちデスヨネ ほんと。(;¬_¬)
AD