こんばんは!ゆみこです。

 

2月は来客の月でした。

東京、北京、タイから来た友達と久しぶりに会いとても楽しい時間を過ごしました。

 

が、久しぶりで会話が弾み食事の写真を撮るのを忘れていました真顔

 

唯一写真を撮ったのが、タイから来たみかんさんとの会食。

なぜ忘れなかったかと言うと、みかんさんが写真を撮っていたからウシシ

 

みかんさんは元々私が北京で書いていたブログの読者さん。

その頃は日本にお住まいだったのですが、その後ご家族でタイへ移住され、今回たまたま所用で福岡に数日滞在されると言うことでメールが!

 

私の事を覚えていて下さって嬉しいラブラブ

 

お嬢さんのこみかんちゃんとも久しぶりの再会。

 

いくつかお店の候補を出して選んで頂いたのが薬院に去年できた

自然派 和食ダイニング&カフェ SOLA

 

薬院駅で12時半に待ち合わせ。もともと12時20分に到着する予定で電車の時間を調べて、余裕を持って駅に到着すると...

 

電車止まってたえーん

西鉄、人身事故ありすぎ

 

ダッシュで最寄のJRの駅に向かい、奇跡的にすぐきた電車に乗り込む。

 

もうね、心臓バクバクハートブレイクだってみかんさんの携帯海外仕様だから日本で電話繋がらないし、wifiないところだとメールも見られないし。チェックできないことはわかっているけど、念のために電車の中から遅れるとメール。

 

博多駅に着いた時点で12時半。

 

文字通りタクシーに飛び乗りタクシー、運転手さんに事情を話して急いでもらい12時40分に薬院駅に着くも・・・いないガーン

・・・と思ったら、ちょうど公衆電話から私に電話をかけていたらしく(なぜか繋がらなかった)、建物の影からみかんさんとこみかんちゃん登場笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

会えて良かった~!!!!!

リスクマネジメントの必要性を思い知らされた出来事。

ゆみこ、会えなかったら~とか、もしも私が時間通りに行けなかったら~とかの事を全く想定してませんでした!!!本当にどうかと思う!!!

 

この日がまた超寒くて駅から遠くないお店なのに着いた時には完全に身体が冷え切っていた。

 

メニューにないホットワイン赤ワインのリクエストにも快く応えてくださり、まずは一息。

 

みかんさんは私と違い食が細い(そして本人も細い)ので、お肉なしのヘルシーなランチはぴったり。地産地消をお店のコンセプトに掲げており、地元の美味しいお野菜が盛りだくさんの素敵ランチ。

 

ご飯は2種類から選べて、私はSOLA米をセレクト。

お野菜だけでも味や調理法にバリエーションがあり、一つ一つ丁寧に作られているので満足感あり。こみかんちゃんはお野菜だけで大丈夫かな?と思ったけれど「美味しい」とたくさん食べてくれてホッとした。

 

旬の山菜の天ぷらも美味しい~。

 

デザートもお砂糖を使わず、グルテンもフリー。

 

あ、今「このランチで足りるのか?」と思ったでしょ。

正直、ご飯のお替りが可能かどうか聞こうかものすごーく迷った。

米命の私としてはもうちょっとご飯が食べたかった。

迷った上でやめておきました。なぜなら、この日は夜も北京から来た友達と外食予定だったから。しかもお好み焼きという粉物。

 

ランチは男性にはちょっと物足りないかも。女子会やちょっと食べすぎてて身体に優しいランチが食べたい時には本当にお勧め。食べきれる量というのもお店のこだわりのよう。美味しいし、スタッフの方たちの感じもとても良いお店です。

 

いや、むしろこのくらいのボリュームでお腹一杯になれ、私。

 

調味料講座とか味噌作りなど素敵なイベントも行われているようなので、今度も要チェック!

 

ごちそうさまでした。

 

自然派 和食ダイニング&カフェ SOLA

福岡市中央区平尾1-13-8エステメゾン薬院1F

092-753-6362

 

おまけ

みかんさんにもらった素敵なタイのお土産たち。

タイの紅茶、懐かしのカボチャの種(笑)、ロイヤルブランドという王室が展開しているブランドのマンゴーとカモミールティー

 

夕食前にマンゴー開けてちょっと食べちゃったのは内緒。

 

 

AD
ご無沙汰してます。ゆみこです。

実は昨年7月に子宮筋腫の筋腫核摘出手術をしまして、手術前はあまりに具合が悪く食事制限したりしていました。
術後あっという間に元気になったのですが、実家にのんびり帰ったり、顔ヨガのインストラクターの資格を取ったり(笑)、色々バタバタしていたら年が明けてしまいました!

安心して下さい!食べてますよ

紹介したい美味しい物、たくさんあるのでこれからまたUPしていきます。

先日、カロリーメイツ(カロリー摂取の友)おしゃれ番長Rさんが仕事の為に来福し、私との食べ歩きの為に一日取ってくれたので久しぶりに唐津に行ってきました!
今回2回に分けず、一度に書くので長文注意!

それがまたちょうど大雪が降った直後で、唐津行きは電車もバスも一時ストップするような時。
でも大丈夫!!
私達の唐津行き前日の夕方から正常運行に!さすが私達!

当日の朝、予定より一本早い電車に乗っておきながら乗り換え駅でなぜか電車に乗り遅れるというマジックを繰り広げたりしたけれど、無事唐津に到着し、まずは川島豆腐へ!
朝昼ごはんで10時スタート。



1500円のコースを頼んで、塩ウニとカラスミを別オーダー。
この塩ウニが食べたくて、食べたくて思い続けること2年!生のウニよりこっちの方が好き。
そして厳選した材料で作ったという自家製カラスミも最高!
もちろん飲みました熱燗 太閤の熱燗をちょびちょび飲みながら、塩ウニとカラスミをちびちびつまむ。
しかも〆には美味しいお味噌汁に麦ご飯茶漬け。
ぎゃー、最高
おぼろ豆腐と厚揚げはお替り自由だけど、今日はこの先が長いのでとりあえず厚揚げを一つだけお替りするに留めて置く。
ゆみこ、大人になりました

朝ごはんを食べたので、次はお土産購入。

お目当ては親友めいは~お薦めのツルヤ菓子舗のカステラと曳山煎餅。ちょうど外を改装していて一瞬ドキッとしたものの、営業していて一安心。さすが私達!

お店に「こんにちは~」と入るなり「まあ~素敵なショーケースカステラの入った年代物のガラスケースに一直線に向かうRさん

番長!完全に不審者です!お店の方びっくりしてます!!

しかしさすがおしゃれ番長、あっという間にお店の方とも打ち解け、お茶まで出していただき、挙句になぜか商品一個試食で頂いたり。
ご家族で営まれている小さな店舗で、和菓子も洋菓子もありどれも美味しそうで目移りしまくる。

お店の写真がないのが痛恨。↑は家に帰ってから撮った写真。
曳山せんべいとカステラ。
せんべい割れてるけど気にするな!
カステラ、普段自分ではなかなか買わないので久しぶりに食べた。ここは1斤を半斤×2個にして買えるのが嬉しい。しっとりしていてしっかり甘いのにくどくなく、もちろん買った当日が一番美味しいのだけど、次の日も風味が損なわれず、家にカステラがあるって素敵だなと思ったのだった。

そしてうっかり写真を撮り忘れたのだけれど、このお店ではもう一つ「マカロン」という名前のバタークリームのロールケーキを一切れ購入。
だって、フワフワの生地とバタークリームがピーナッツがぎっしりと練りこまれたサクサクした感じの生地に包まれてて、見た瞬間に絶対美味しいオーラ出しまくってるんだもん。
どうしようかかなり迷っていたらRさんが「後で半分個して食べよう!」と背中を押してくれた。イーッ
ショッカー
そしてそしてコレ買ってよかった!すごく好きなお菓子だった。これを食べて育ったら、絶対に年に何回か無性に懐かしくなるだろう味。もしも私が唐津出身だったら、都会のお洒落マカロンを眺めながら「でも私の食べたいマカロンはこれじゃないし」とため息をつきながらつぶやくね!

その後は唐津焼のお店、一番館を訪れる。このお店はいろんな作家さんの作品が一度に見られ、2階にもギャラリーがあってとっても素敵。
一番館から曳山展示場、旧高取邸というお約束のコース。
旧高取邸は何度訪れても飽きないほど素敵な場所。しかもボランティアガイドの方が感じよく親切に解説してくださるので絶対に訪れて欲しい場所。

今回は唐津城へは行かずに、旧高取邸からRさんのお友達、唐津焼の作家土屋由起子さんの工房である由起子窯へ。

美味しいお抹茶とお菓子で迎えてくださった。器はもちろん土屋さんの作品。
Rさんはお碗を私はお皿を一枚購入。
上でカステラが載っているのが家の子。これから大切に育てます。

由起子さんに唐津へ戻る為の電車の駅まで送ってもらい、駅でも話していたらあっという間に乗車時間になり電車見ながら鉄橋を走りなんとかギリギリで飛び乗る私達
ここで乗り遅れたら超恥ずかしいところだったが、間に合った。さすが私達!

唐津に戻って17時の開店と同時に飛び込んだのは「やすけ」
実は当初お昼にやすけに来る予定だったのだけど、なんとこの日はたまたまお昼の営業がお休みだった。
Rさんの飛行機の時間を考えると、夕食を食べるのは無理なのでせめて太巻きでも買って帰ろうかと思っていたら...「ゆみちゃん、飛行機の時間変えました!」

ブラボー!!!!
さすがカロリーメイツ!!!
さすが食いしん坊!!!

番長、どこまでもついていきます!
ということで魅惑のやすけダイジェスト。


全て美味しかったけど、穴子とキスは特に良かった。穴子はお替りし、その後コースにはない海苔巻きを別に注文したら「まずは海苔だけで食べてみて下さい。」と新海苔だけを出して下さった。
磯の香りがしっかりとするパリパリの新海苔。クーッ、美味しい!!!
でもやっぱり海苔巻きも食べたい。
まず巻いてもらったのがたくあんの古漬け。この季節の海苔は風味が強いので、バランスを考えるとウニとかいくらより、こういう具の方が合うのだそう。
海苔巻きを頼む時にはちょっといくらが食べたいなぁと思ったのだけど、出して頂いたたくあんがあまりに美味しく、いくらを忘れた!
たくあん巻きに感動し、もう一本なにか海苔物が食べたいとご主人にお任せしたら、なんとレンコンと梅肉という想像しなかった素敵な組み合わせで巻いてくださった。
唐津産のレンコン、美味。

Rさんが東京で良く行くお店のマスターとやすけのご主人が親しいご友人だったという引き寄せもあり、楽しくお話しながら食事をしていたらあっという間に約2時間が経過。
急いで駅に戻って、無事福岡空港行きの電車に乗車したのだった。

あ、ツルヤで買ったマカロンは帰りの電車で半分個して食べました。
だって私達カロリーメイツだから!

ごちそうさまでした。

おまけ

Rさんから頂いた、目黒のマッタホーンのクッキーじゅる・・
クッキーが載っているお皿も今回買った家の子。
AD




夫の同僚からもらった中国のビーフジャーキー、風干牛肉と中国の高粱飴

モンゴルの遊牧民の保存食。アメリカのビーフジャーキーとはもちろん味わいが異なる。
しっかり固まりになっていて、こちらの方が余計に野性味溢れる感じ。
高粱飴は優しい味で食感はボンタン飴。
ゆみこ肉食なので、この風干牛肉大好物。自分が内モンゴルに行ったときも買って帰ってきた。

懐かしい味、ごちそうさまでした。

夫の会社には日本語が話せる中国人、中国語が話せる日本人、中国には縁もゆかりもなかった日本人が在籍しており、たまに会社の集まりに家族も招かれる。

前回の食事会で、夫の同僚の奥様に「中国語って難しいですか?」と聞かれ、「発音はかなり難しいですね。初めて留学した時にエレベーターおばさんに4階って行ってるのに、いつも10階を押されてしまったんですけど、最初のうちは自分が何を言えてないのか全くわからなかったんですよ。」と話たら、「ちょっと待ってください!エレベーターおばさんって何ですか?」と、そこから先は中国語の話ではなくエレベーターおばさんの話題に切り替わってしまった。

そうかぁ、エレベーターおばさん、日本にいないもんなぁ。

エレベーターおばさんとは、エレベーターガールのおばさんバージョン。椅子と小さいテーブルを持ち込み一日中エレベーターに乗っていて、エレベーターを手動操作し、ボタン操作も全て管理する係員。97年の留学時は学校内のエレベーターには必ずいたし、私が2006年まで住んでいた集合住宅にはまだこのおばさんがいて、当時15階に住んでいたのだが、朝の通勤時とかたまに14階以下の階で下に向かってるのに、私が15階でのボタンを押したら先に迎えに戻って来てくれるというミラクルが起きたりしたものだった。
狭い箱の中に一日いるので、エレベーターの扉が開いた瞬間ストレッチストレッチしているおばさんが現れたり、買い物袋のチェックは欠かさずされ、買った値段がだとうかどうか判定されるし、編み物編み物の腕前はかなりのものだった。
ちなみにおばさんがトイレに行くときはエレベーターがロックされ、乗れなくなる。
過酷な仕事の割りに安月給で、しかもおばさんの家の旦那さんと息子は働いておらず、生活が大変だと嘆くのになぜか犬を飼ってる...というおばさんの家庭事情まで全部知ってるくらい親しくなるし、乗った瞬間15階を押してくれる程だったので、住人や良く訪ねてくる人以外が乗ればおばさんには絶対わかるはず。治安維持にも一役買っていたのかもしれない。


私が日本に帰ってきた2012年頃にはエレベーターもほとんどが自動運転になっていて、おばさんたちの姿も消えてしまった。古き北京の最後のひとコマを現地で体験できて幸運だったな、と思う。
AD

初めてのファスティング3日間

テーマ:
食べることが大好きで、日々食べ物の事を考えているゆみこ。
この度、人生初のファスティング、そう断食に挑戦してみました!!!

酵素ドリンクを飲みながら、お昼だけ玄米160g食べても良いという方法。

3日間という短期間なので、ダイエットというよりはデトックスを目的としており、本日3日目、確かに身体は軽くなった気がするしお腹もひっこんだ。

デトックスの為にファスティングをする!と宣言した時、諸手を挙げて賛成すると思っていた夫の意外な一言は「デトックスって、普段変なもん食べてないじゃん。」だった。

そうなの。ゆみこ、食生活しっかりしてるの。
ブログには主に外食した記録をUPしているので、まさかと思われるかもしれませんが、実は家で食べるご飯が大好き。ここ20年ほど化学調味料は極力使わず、出汁は自分でちゃんととってるし、身体を冷やすと言われる白砂糖も大学の時から使ってない。ただ、市販のお菓子は大好きなので、その代わり普段の料理の甘みは本みりんか蜂蜜にしたりと調整。ペットボトル飲料やジュースもほとんど飲まず、マーガリンは昔から嫌いなので自分で買ったことがない。好きなおかずは切干大根とかひじきとか渋系。
外食する時も自分で選ぶ時はお店を厳選しているので、確かに変なものは食べていないという自負はあるものの、やっぱり人よりちょーっと食べる量が多かったり肉食だったりするので、胃腸は疲れているだろうと。北京での蓄積も含めてここらで一回リセットしてみたいという思いから断食決断!

記憶がある中でこんなに食べなかったことって大学の時にまる一日眠り続けた時(もちろん病気ではない)以外ないと思う。上気道炎になって声が全くでなくなり入院した時も、おかゆとか食べてたし。

一番辛かったのは初日。
お腹が空いたことよりも「食べられない」という悲しみから、空を飛ぶ飛行機飛行機すらちょっとおいしそうに見えた。少し頭まで痛くなってきた(こういう反応が出る人はいるらしい)。自分が食べられないので、なぜか夫の夕食まで山ほどの大根サラダと味噌汁、焼き鮭だけという粗食にしてしまう。

そして2日目昼間は意外と余裕だったのだけど、スーパーに買い物に行ったのが第一の試練。
食べ物の香りがね~。第二の試練は夫の夕食を準備する時。昨日の大人気ない行動を反省し、サラダと回鍋肉やナメタケを作成。自分で言うのもなんだが、我が家の回鍋肉は美味しい。肉の下味をつけてる時と、炒めてる時にまた食べられない事がちょっぴり悲しくなる。

本日3日目、飲んでいる酵素がおいしいこともあり家にいれば全然大丈夫なのだけど、イオンモールに行ってしまい、あちこちから漂う食べ物の匂いにまた悲しくなる。帰り道に頭の中を大昔に放送されていたオヨネコぶーにゃんというアニメのは~らへった~音譜から始まる歌がエンドレスリピート。本当はそんなに空腹じゃないのに、なぜかリピート。こんな何十年前に聞いてたのかも良くわからない歌まで思い出すとは!

さて、3日間のファスティングを終えて(まだ終わってないけど、無事終えられる自信があるので)感じた事はやっぱり私は食べる事で元気がでる人間という事。酵素を飲んでるし、お昼には160gの玄米を後生大事に食べているので、そんなに空腹に苛まれるという感じはないものの、食べられないのが悲しくなるんだよね。本当は「食べられない」ではなく「今はいらない」と暗示するといいらしいのだけど、無理でした~汗
悲しいのは身体に良くないので、次回やる時はここまでハードではなく、夕食だけ酵素にするとかちょっとゆるめでやってみようと思う。というか、今後もちゃんと食べられる私でいる為の今回のファスティングですよ。
人によっては明らかに肌の調子が良くなったりするらしいのだけど、私は3日間だけなのでそこまでの好転はなかった。でも、負担をかけていた胃腸を休ませてあげたという達成感キラキラはある!
休ませてあげたのだから、またがんばって働きなさい!という女王様的な気持ちでいっぱいだけどね!!

なぜ今回急にファスティングしてみようと思い立ったかと言うと、高校時代の親友あっこちゃんがやっぱり酵素を飲みながら(私が飲んでるのとは違うの種類だった)のファスティングをしていて「これは身体に良さそう!」と刺激をうけたから。

新潟で働いていた時に高校時代の同級生と良く遊んでいたのだけど、同級生男子達に「あっこちゃんが甘やかすからゆみこがこうなった。」と独身なのに子育て失敗的な烙印を押された可愛そうな友(笑)
でも、私での経験を踏まえ?今ではきちんと子育てをして、持ち前の面倒見の良さや優しさを発揮して新潟でダイエットと顔ヨガのサロンを開いている自慢の友達。しかも美人!
新潟に住んでいる人には是非サロンに行って欲しいし、ファスティングに興味がある方は指導してもらってからにすると良いかも☆

あっこちゃんのブログ新潟亀田顔ヨガ・美人習慣コンシェルジュ櫻井亜希子はこちらから→をクリック

普段から味噌汁とか漬物とか発酵食品大好きなのだけど、酵素を意識して取り入れたのは今回初めて。これからも意識的に取り入れてみようと思う。

ちなみに今回ゆみこが使った酵素はやじるしこちらのモニコ堂さんの物。
きちんとした製法の酵素で比較的安価な物を探していたらたどり着いた。
ファスティングの方法のしおりとか親切な漫画での解説とかがついてくるので熟読してからスタートしました。自己流断食とか危険そうだし、ただ単純に食べない断食は絶対に無理だっただろうなと思う。こちらの商品は元々は体質改善の為に開発した物がダイエットにも良いと話題になったそう。結構甘いので、甘い物が苦手な人にはお勧めしません。




ちなみにこの3日間は愛用しているsara happのリップスクラブも使わなかった。


だってブラウンシュガー味とか絶対舐めるし!

デトックスしたし、益々楽しいごちそうさまに出会えそうラブラブ
2月のバレンタイン直前の平日にSalon du chocolaを再訪!

今回のお目当てはバレンタイン当日に食べる...もとい夫に渡す本命チョコ?の購入と、そして期間限定ジャンポール・エヴァンのお菓子を食べること。

当初はチュロスを食べようと思っていたのだけど、お昼に行ったにもかかわらず一日8食限定のMenu Rencontre 2015(ムニュ ランコントルと読む)がまだあるという。ビバ平日!ビバ福岡!

説明しよう!
Menu Rencontre 2015とはフランスの有名ジュースブランド、アラン・ミリアとジャンポール・エヴァンの夢のコラボレーション。マンガ界ならくらもちふさこと雁屋哲、歌謡界なら北島三郎と中島みゆきというようなちょっとジャンルが違う2大巨匠がコラボするようなもの!!!

アラン・ミリアのジュース、ただのジュースとあなどるなかれ。
果樹園で育ったアランさんは、土地、季節(旬)、果実を厳選し、製法にもこだわりつくしてグラン・クリュ・ワインのようなジュースを製造したのですっきらきら

と、噂には聞いていたが実際に飲んだ事はなかった、ゆみこ。

岩田屋7階特設会場、ジャンポール・エヴァンの細長いカウンターにたった一人ぽつんと座りながら、心の中ではテンションMAXアップ
誰ともわかちあえなかったので、ここで語る。写真の色が悪いのが残念。





チョコレートケーキにもアラン・ミリアのマンダリンジュースが使われている。
ジャンポール・エヴァンの繊細な味のチョコと、こだわりのマンダリンジュースの出会い。美味しくないわけがないわけ!!!!
そしてジュースはライチのネクター。さあ、唱えようライチのネクター。なんてステキな響き!!
絞りたてのライチの果汁を飲んでいるかのような、贅沢なジュース。
一人で感動に打ち震え、多分、若干にやっとしながら限定おやつを堪能。
夫、ごめん。

で、おやつを食べ終えたので本命チョコ購入。


sadaharu aokiの福岡岩田屋限定チョコレート。
そう、限定という魅惑の言葉にあらがえなかった。
バレンタインの夜まで取っておいて、当日、夫に渡し、夫に開封させ、一緒に食べた。

福岡県産のイチジクと八女茶で仕立てたがナッシュに、イタリア産のヘーゼルナッツの香ばしさとサクっとした食感が楽しめる自家製プラリネを合わせました。

と説明書にある通り、食感も楽しいチョコだった。
3種類、甲乙つけがたいけれど、ユズが爽やかで一番印象に残ったかな。

Salon du chocola 2015 楽しかった~。

ごちそうさまでした。