アトピー・脱ステ体験談 分かち合いで幸せになろう。

2009年3月より脱ステをスタート。3度のゾンビのようなリバウンド、3ヶ月の入院ではマコモ風呂治療(現在はバチルス入浴法)を経験し、カウンセリングでは心と体は密接な関係があることを知り、ゾンビアトピーから復活しました。

NEW !
テーマ:

お化粧に関して。

化粧って、なかなか合うものがなくて、脱ステする前も色んなものを試していました。

ただ、肌に合わなかったり、化粧してもキレイを保っているのは最初だけで、そのうち乾燥してきて粉をふいたようになったり、化粧しても意味がない状態になることがほとんどでした。

脱ステ後も、アトピーだから・・・と化粧するのも諦めて、素肌美人を目指すんだと、化粧なんてしなくていいやと強がってた自分でした。

でも本心は、お化粧している人が羨ましかったんです。


でもね、そんな私も最近は毎日お化粧を楽しんでいます。
これも化学物質フリーの製品に出会えたから。

その製品を通して、成分表示の見方など色々と知ることができ、今までいかに自分が適当に選んで使っていたかを知ることができました。

ほとんどの化粧品は、表面上きれいさを見せているだけなんですよね。
見た目や使用感が良ければそれでいい。
でも、肌のためにはなっていない。

毎日使う化粧品。
肌そのものを元気にしていくもので、安心して使い続けることができて、肌そのものが綺麗になっていくのがいいですね。


私が使っている製品のことは詳しくはここで書きませんが、化粧品と化学物質について、こんな記事を見つけたのでシェアしますね。

化粧品は「化学物質」のかたまり
AD
いいね!した人
NEW !
テーマ:

母とのことを今日は書いてみます。

アトピー体験談に私の幼少期からのことを綴っていますが、
私は子供の頃から両親が不仲で、家庭内別居状態の家でずっと過ごしてきました。

ここでは説明できないくらい母に関することは色々あります。

私がアトピーなのも、こんな家で育ったストレスだとしていました。


脱ステしてゾンビアトピーを乗り越えてから、人との出会いから心と体のことを知り、自分のベースとなる家族のことを色々とみるようになり、これまで母に何度か手紙や気持ちを直接伝えることはしてきました。

正月早々、気持ちが押さえられず衝突することもありました。

とにかく、今まで抑えていたことも、言葉にして伝えるようにしました。


でも先日、参加中のセミナーで自分を扱ってもらった時、まだまだ私は母のことを完全には許していないと指摘されたんです。

確かにそうかもしれない。


自分の気持ちをそのまま伝えることを前よりはしていたけど、まだ当たり障りのないようにしていることも多々ありました。

私は母のせいでこうなんだ。

まさに先日書いた犠牲者です。


それに気づいた今、アトピーの治療も変わりました。

また次回書きます。
AD
いいね!した人

テーマ:

約2年前のBTコース中にも、コースリーダーに扱ってもらって知ったこと。

私は悲劇のヒロインを演じているということ。

親が不仲な家で育った私。
病気になった私。
アトピーで辛い私。
稼ぎがよくない旦那を持つ私。

などなど・・・

まだ今も私は犠牲者の大きな器にどっぷり浸かっていました。

そりゃー楽しくないわ。

いつもの在り方って、水の中で泳ぐ魚には水が見えないように、
本当に見えないんですよね。

その自分の在り方を変えたい、器を変えたいなら、自分で創作していくしかない。


だってね、よくよく考えてみたら、同じ状況でも人によってとらえ方違うよね。

ピンチを最悪という人と、ピンチはチャンス!という人がいるように・・・

私は前者でした。

それを後者に変更しよう。


今の私は全然パワフルじゃないし、つまんないし、楽しくないもん。
AD
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇