2008-05-26 23:22:37

最後まで聴けない…

テーマ:Artist

先日、入手したCDをゆっくり聴きたいのだけど

なかなか時間がない


料理を作りながらと思うのだが

キッチンのCDプレーヤーは

10年くらい前のもので

そろそろ勘弁してやろうかと思っていたら

とうとう最近は、最後まで聴かせてくれない


トントンと叩いたりもするが

さっぱり…


どのCDをかけても後半は

ラップにきこえる

たははぁ~



最後までなかなかきけないのは


この人!



アシャ


Asa アシャ


公式オフィシャルサイト→ここ

最新アルバムがすべて聴けちゃいます!


パリ生まれのナイジェリア人なんだけど

歌はとってもソウルフル

ハスキーな声が心地よい 



あぁ…最後まで聴けてよかった!


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2008-05-22 01:01:02

ラテンピアノで料理して…

テーマ:Jazz

OFFだったので思いっきり朝寝坊した

ブランチにホットケーキとコーヒー

まったりとしたところへ

2号♀が帰宅

よほどお腹がすいたのか

いきなりパンを焼く

そしてまた

家族全員で昼寝。。。。。


午後から買い物に出る

明日からまた忙しいので

コストコさんへまとめ買いに


今晩はムール貝のワイン蒸しで

一杯やることにした


夕方から食品の下ごしらえをして

小分けにしながらストック

明日から大変だからねぃ

CDを聴きながら料理する


ゴンさん


  アバター ゴンサロ・ルバルカバ  



やっぱ、かっくいい~♪

ノリノリでキャベツの千切りする


ソロアルバムのベサメムーチョ も最高です!






久々にのんびり

好きな音楽を聴いてゆっくりできたぞ


ムール貝をパクパクしながら

花豆もつまみながら

ワインをゴクゴク


あ!花豆って知ってるかなぁ~

懐かしくて買った!

そら豆を揚げて塩まぶしになってるやつ

硬い皮から豆がチラッとでてるやつ


相棒は皮を剥くのが面倒くさいらしい

人が剥いておいたそばから取っていく

このやろ!


飲んで食べて…

これ以上飲んだら

明日、働けないのでおしまい!

片付けようとしたら

私のお皿にムール貝がひとつ



(=⌒▽⌒=) にんまり



あらラブラブラストONEを私に?









が!






よく見るとそれは…



ムールかい?


殻に入った花豆だった



しっ、死ねばいいのに!




AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008-05-21 01:08:47

モルダウ?

テーマ:Classic

先日、相棒の仕事を手伝いました

今までにないほど

酷いセンスの住宅でぇ…



     

    (@ ̄Д ̄@;) ぽか~~~~ん…



和洋折衷を通り越し

あんた!何したいんぢゃ!と言いたかった

地方の健康ランドみたいな

ローマ風呂から和風風呂まで

ありますよぉ!的なそのアゲアゲ住宅に

仕事をしておりましても

溜息が出るほどであります


そんな時ラジオから

何処かで聞いた様なメロディーが…


あれ?

これは…クラシックだよねぃ


でも日本語の歌詞でうたわれ

歌っているのは

年齢性別不詳のあの

フォーク歌手のイルカさんの声



??????




暫く手を休め聞き入ってしまった

微妙にメロディーが違うが

短調から長調に変わって

やっぱそうだわ!と確信


スメタナ作曲のモルダウだ!



して、なんでまたこの曲に?

と、イルカさんに訊いてみたいほど

複雑な気持ちになった



みんなのうた 6・7月の歌


いつか見る虹~モルダウより~


ってことでTVでも放映されるらしいが

ニューリリースにあたってイルカさんは

子供にクラシックに親しんでほしいから

なのだそうだ。。。。。他にも理由はあるみたいだけど

ふ~ん


空前のクラシックブーム



クラシックの原曲に歌詞をつけて

と言うのは結構あるパターンで

大ヒットした平原綾香のジュピターは

ホルストの木星


みんなのうたで有名な      

小さな木の実は

ビゼーの美しいパースの娘


なんてのとか他にも色々あるけれど…


いいメロディーそのものにメッセージがあるのに

そこに日本語のメッセージをつけて

無理に歌詞から音楽に導入しようとしなくても

いいと思うんだ

いいメロディーは自然にじ~んと来るもので

音とイメージだけで充分だと思うんだ


反対に素晴しい詩に曲をつけると

イメージが限定されて邪魔な時だって

あるじゃない?


歌=音楽じゃなくても伝わることってあると思う

ストレートに音=音楽だってね


イルカさんはライターでもあるのだから

本当に伝えたい事があるなら

作った方がスタイルとしてよかったと思う




相棒の仕事で聴くラジオはAMです

え”?とか ん?って感じが面白くもありますが

聴いた空間がいけなかったのでしょうか?

何から何までもがミスマッチで

ぐるぐる (@_@) といたしました




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-05-17 09:30:58

キースが来日!そしておじぃに

テーマ:Rock

キース・エマーソン

7月にニューアルバムを出す

新ユニットをくんでのリリースとあって

期待大!


ソロアルバムはちょと哀愁が漂っていて

キースらしくなかったと思う

なんか聴くとしんみり…(´_`。)だった


で、そのユニット

キース・エマーソン・バンド、フィーチャリング・マーク・ボニーラ

で、10月に来日するそうだ!


プログレ繋がりのブログ繋がり

yannさん!情報ありがとう!


しかし、公演は東京、大阪


行かれないの決定!

うどーさん、頼みますから~

チケットはこちら



じつは…前にシンセで御馴染みのKORGさんとこで

インタビューされているキースを見て→ここ





ぎゃぁ!


誰っすか?これ



おじー?


おじぃ



ちょとがっかりなくらい、おじー化して

でっぷり感なキースに愕然とした!

キースも63歳!寄る年波には勝てないのだなぁ~

ソロアルバムでも哀愁漂っていたし…


キースは私のアイドルだった!←過去形に?

周りが、リック(Yesのね)の方がいい!と言っても

ラブ・ビーチのジャケの椰子の木の砂浜で

ポージングしている

ださいプログレ野郎でも!

ピアノを弾いていて

「うまいね!」と言われたのに

「このおじさん誰?」

と言った国府弘子さんなんか

このぉ!刺してやりた~っ!




なんて思っていたのだが…




新ユニットでは頑張っている!

YouYubeさんで見つけたよ

だけど…




ぎゃぁ!










おじー化したキース

おじーっぽいマーク・ボニーラ



恐るべし…おじー!  おじぃ


マーク・ボニーラってサウスポーGtなんですねぃ!

歌えるし!


だけどやっぱキース

かっこいいわぁ♪

おじーだって、もうどうでもいいわぁ

観に行きたいわぁ♪




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-05-11 00:02:40

札幌 CITY JAZZ 2008

テーマ:Jazz

JAZZピアニストの秋吉敏子さんが

札幌 CITY JAZZ 2008 

の前夜祭に出演します

大変、楽しみなのであります!

はりきって行ってみようと思っとります


札幌 CITY JAZZ 2008 


    公式サイト→ここ


札幌 CITY JAZZ 2008

7月から3週間にわたり

大通り公園を中心に

市内10ヶ所で無料Liveがあったり

芸術の森開場でLiveがあったりな

札幌がJAZZに染まるイベントであります


何年か前に一度、没になった

ギグスタイルの似たようなイベントがありました

その時は、札幌には音楽が浸透しないのか…と

がっかりしたものでしたが

こちらの 札幌 CITY JAZZ 

今年も無事j開催されるようで

よかったよかった!


今年は相棒の好きな

キャンディ・ダルファーねいさんも

来札するようで



(°Д°;≡°Д°;)


う~~ん…

釣りもしたいし

キャンプもしたい!

だけど、ねいさんも観たい!

悩んでいるようです

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-05-07 08:06:29

ラフマニノフの映画

テーマ:Classic

まだ札幌では上映されていないのですが

ラフマニノフの映画が只今

全国で順次上映中であります


札幌では5/31より

シアターキノにてロードショー


是非!観に行こうと思っとります!


ピアノの友に先日、チラッとお伺いを立てましたら

ラフマニノフはややこしくて暗くて嫌い!

なのだそうで…(-。-;)


こんちくしょう!何故だ!

今流行の のだめ にだって

ラフマニノフは使われているって言うのに

映画 「シャイン」 でも見てもらって

ラフマニノフ好きになってもらいたい!



ラフマニノフ 愛の調べ 公式サイト→ここ


ラフマニノフのピアノは確かにむずい!

それに、手が大きくなけりゃ~弾けん!


どうしてって彼は大きく

末端肥大症でもあったから

特に手が大きいのだ


ロシアでもお金持ちの家庭に生まれた

ボンボンな彼ではあったが

モスクワ音楽院を首席で卒業している


幻想小曲集 

ピアノ協奏曲第1番等で

ピアニストとしても作曲家としても

絶賛されてデビューするが

その後の曲は酷評で

鬱病になってしまう


そんな彼を救ったのが

精神科医のニコライ・ダールでした

博士の催眠療法で自信と意欲を取り戻し

作曲に挑むことができるようになり

あの名曲


ピアノ協奏曲第2番が生まれたのです!


この曲は1945年のイギリス映画 「逢びき」

にも起用され世界中で大流行した

若い人は知らないだろうなぁ

銀幕の時代…









映画 ラフマニノフ 愛の調べ の

予告をチラッと観たが

俳優がラフマニノフにかな~り似ている!

楽しみですなぁ。。。。。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。