2008-01-30 00:02:01

4分間のピアニスト

テーマ:日記

去年の暮れから北国でもやっと公開になり

行こうと思いながらなかなか都合がつかず…

だったのですがやっと観てきました


「4分間のピアニスト」  公式サイトは→ここ


ドイツアカデミー賞 作品賞 主演女優賞

バヴァリアン映画祭 主演女優賞 脚本賞 最優秀新人プロデューサー賞

上海映画祭 最優秀作品賞

ドイツ映画際 2007 オープニング


おもしろかった。。。。。


だけどピアノを弾くラストシーンで

感動したわけぢゃない


むしろ、無実の罪で囚われた天才ピアニストよりも

自然に教師側になって観てしまったわけで…


過去の思い出を引き摺り

日々、坦々と過ごして来た残り少ない人生

そのまま、このままを願うわけでもなく

流されながらも思い出に縋りついて

生きてきたのに


怒りや憎悪をあからさまにする彼女とは

正反対だけど

音楽を通してピアノを通して

二人の仲に何かが生まれる


深い悲しみを持った二人が出逢ってしまった時…



んな感じでしょうか~


久しぶりに観た音楽映画でした


今日、ピアノの前に座った人は

世界中で何人いるだろう…


ちなみに私は今日、ピアノに触れてない








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-01-22 17:18:32

バカラックから教わったもの

テーマ:Pops

バート・バカラックが来日するそうだ

なんと!80歳記念公演

すごいなぁ~現役だなんて素晴しい

観ておきたい偉大人物ですよね


バカラックの楽曲は膨大で

「雨に濡れても」「アルフィー」

「007カジノロワイヤル」等の映画音楽

カーペンターズも歌った「クロス・トゥ・ユー」

自身が歌う「アイル・フォーリン・ラヴ・アゲイン」

いい曲をお薦めするとキリがない


当時、小学生だった自分は

10年足らずの人生の中で

音楽とどれくらい接していたか?

それは、学校で歌ったり

ピアノを弾いたり

レコードを聴いたり

TVやラジオから流れてくる音楽


ある日新車が我が家に来た!

8トラのカーステレオがついていた

それ以来、父が車に乗らない日には

よく一人でカーステレオを聴いた

大音量で聴くその音楽は

狭い車の空間一杯に広がり

それはそれは夢見心地だった

演歌や歌謡曲やフォーク

ワールドユージックに等に混じって

その中にバート・バカラックもあった

クラシック音楽以外ではじめて

ストリングスと言う音に惹かれていった


中でも思い出の曲は

そんな幼少時代を過ごし

中学一年になった時

ポピュラーピアノの級試験があり

課題曲の中にバカラックの

「ルック・オブ・ラヴ」があり

ハナタレだったくせに

迷わずその曲を選んだ


ボサノヴァチックな

気だるいその楽曲に魅了され

音楽に恋しているといってもいいほど

ハナタレがハナタレなりに

「ルック・オブ・ラヴ」を弾いた



ダイアナ・クラールが歌う

大人の「ルック・オブ・ラヴ」



こう来たからこう行くだろうという

コードに真っ直ぐ進行していかない…

その寄り道がすごく新鮮で

素敵だった

リズムも多様で引っ張られたり

落とされたり

簡単なリフをマジック的に織り込む…


爽やかなイメージなのに影が差したり

物悲しさの中に希望が見えたり




そんな音を聴き取る

耳と心を

バカラックからもらったと思う

札幌にも来て欲しい!






AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008-01-17 12:20:05

2ヶ月の穴埋め

テーマ:日記

年末年始の忙しさに流され

ブログもずっと穴あけでしたが

たまに、ポチポチと続けて行こうとは

思っとります



なんと!居間のCDコンポが壊れたよ

開かずのCDとなりまして

強引に開けましたら壊れましてん…



強引はいけませんなぁ!


私も年末の強引がたたってか

ただの老化現象なのか

マッサージしてもお風呂で温めても

左首と肩が痺れっぱなしであります

カイロをぺったり貼りつつ生活しております

気ままな独身生活ですが…


昼も夜もない

起きたいときに起き

寝たいときに寝

食べたくなったら食べる

こんな生活を十日程も続けていますと

退屈極まりない!


とうとう今日、寒い部屋から

暖かい居間にPCを移動しました


何が目的って

音楽がないのが耐えられない!!!

PCと繋いでいたピアノはちょと可哀想だけど

やっぱ音楽ないと生きてらんないわぁ…



Winter  

「Winter: Songs of My People 」


michael gettel & simon wynberg



ピアノのマイケル・ガッテルと

ギターのサイモン・ウィンバーグのコラボ


窓の外を見ておりますと

急にこれが聴きたくなった



90年代のイージーリスニングといいましょうか

ヒーリングミュージックといいましょうか…

まったりです

こうして聴くと

ピアノはギターよりも冷たく聴こえ

吹雪いたり晴れたりの

今日の天気に合っています



窓の傍にPCを置きまして

裏の桃の木を見ていますと

???鳥がたっくさん!


お腹の辺りが黄色い鳥が

群れております

吹雪の中寒そうです


遊びに来てもいいよ!





AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。