1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-10-29 03:43:58

ハービー・ハンコック

テーマ:Artist

久しぶりの書き込みです。

何かと、忙しかった。。。


仕事は、もうちょっとのこっていますが

最近、聴いたCDを1枚…


ハービー・ハンコックが沢山のアーティストと

コラボっています。

Herbie Hancock
Possibilities

すんごい豪華キャストですな。


ジョン・メイヤー

クリスティーナ・アギレラ

ポール・サイモン

サンタナ

スティング

ラウル・ミドン


もう、こうなったら無敵です。

丁度、トラバのお題も

「オリジナルよりもいいカバー曲」なんですが

特に、アギレラの ソング・フォー・ユー が素敵!


全体をポップな感じでまとめているので

ハービーの違う一面も聴けます。


札幌ブルー・ノートを観に行ったのは

かなり前のお話。


ディナーショーだったので円卓に何名か

座って観ました。


同じテーブルの方とその後

ススキノに飲みに行ったのですが

お話しているうちに、その方は

ハービーのCDライナーの方だと知り

びっくり!

話に花が咲いて、ハービー談議になったのを思い出します。

でも、あの頃のイメージとは全く違うハービーです。


現役で活躍する素晴らしさの秘訣は

時代の流れとともに柔軟に進化して行くからだと思います。


さて、週末は、山篭り です。

もう寒いから、今年最後の釣かな…






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-23 23:58:15

ショパンコンクール 優勝者は!

テーマ:Classic

地元ポーランドのラファウ・ブレハチさん!
ポーランド人の優勝は実に30年ぶりだそうです。


ラファウ・ブレハッチ


なかなか、端正なお顔立ちです。

早く演奏も聴いてみたいですね。

しばらくは、彼のニュースが飛び交いそう。

地元のポーランド出身というのも魅力的です。

やっぱり伝統というのは、何らかの形で若い人にも

影響していると思いますからね。

ポーランドの血を聴かせてもらいたい!


優勝者の賞金は2万5000ドルで、ピアノや旅行や賞品で総額、日本円で約1015万円!

今回は優勝者は出たものの、2位は該当者なし

3位が韓国のDong Hyek LimとDong min Lim 

なんて読むのでしょうか?そして似たような名前…兄弟でしょうか?


そして、日本人の山本貴志さんと関本昌平さんが4位に入賞しました。


でも、16日の2次予選までは日本人が4名、韓国人が3名、ポーランド人が2名、アメリカとロシアが各1名ずつ残っていた。

強いようで弱い、日本なのでした~。













AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-21 14:27:39

人生を変えたこの一曲

テーマ:日記

今週のトラバはこんな大それたテーマだ!

私にとってそんな曲あるだろうか?


いっぱい好きな曲はあるけれど

人生を変えるまでの曲となると…

すごい昔話だけどね、まだ十代の頃の話です。


当時、軽く付き合っていた人がいた。

彼は、歌うたいだった。

昔のディスコは生バンドが入っていたんだよ。

でも、DJスタイルが流行りだし、カラオケ導入の波に押され

ピアノ弾きの私も、歌うたいの彼も仕事が激減して行った。


ピアノ弾きはなんとかそこそこ生活出来たけど

歌うたいは特に酷かったと思う。


私も彼も生活の為、好きでもないジャンルの曲を

仕方なく演奏し、歌う日々だったと思う。


彼のバンドは解散となり、フリーになった。

昔は、あちこちのお店を掛け持ちで行ったり来たりしていたのに

かろうじて残った仕事は、クラブまわり。


仕事がないせいか、彼ともあまり合わなくなっていた。

こんなんじゃ、付き合っているなんて云えない状態だった。

私も、「いい人だなぁ」くらいで止まっていたくらいだったから

2ヶ月ほどほったらかしていた。


いつものように、8時からのステージを終えて

戻るとマネージャーに


「来月から9時のステージにも出られないだろうか?」


と言われた。何でもいつものバンドを解雇したいとのことだった。

バンドの経費よりピアノ弾き1人の経費の方が、

不況な世の中でもお店としては助かる、っちゅうことらしい。


そのことをバンマスに伝えたら、怒っていたそうだ。

そりゃ、そうだよね~。


「今日は、来ないかもしれない…さっきバンドの人から連絡あって

今変わりのヴォーカルを探しているらしい…」


マネージャーはゲッソリ言う。

私は話を一通り聞いてから、次の店に行った。

ここには10時のステージがあるので、また後で来ることになっている。


9時45分頃にエレベーターに乗った。

店は6Fだけど、5Fで降りて後は階段をあがる。

のぼりながら、音楽が聞こえて来た。

お客さんとは別の入り口から入店すると、いつものようにバンド音楽が響いている。


「お!やっぱり来てるんだな。よかったぁ~」


なんて思いながら聴いていると???

いつものバンマスの声ではないようだ。

え!なんか聴いたことあるような…

とステージを覗くと、そこには彼がいた。


目と目が合って止まってしまった。

髪型はそのままだけど、白いバンド用のスーツを着て蝶タイをしている彼。

お客さんに向かって微笑んでる彼。

そんな彼、見たことなかった。


なんかね~私…

一気に冷めた!

ほんと、ス~ッとね。


空白の2ヶ月に何があったのか?

何が彼を変えたのか?


あせって、控え部屋に戻りタバコを吸う。

(あ!十代の頃の話だった…いいか!)


ちっ!お前は 杉良太郎 か。。。

なんだよ、あの胸元のピラピラしたブラウスみたいな!

く~ぅ…情けない!

タイプじゃないよ。

全然、違うから~


と、ブツブツ言ってたら

曲の合間に彼が来た。


「元気だった!」


無視…


2,3話しかけてきたが無視!


「じゃ、元気でね。次は君の思い出に歌うよ…」


歌うよって…寒気がした。。。。

いつから、こんなヤツだったのか!

元からこんなだったのか…唖然…

大体、思い出なんてない。

飲みに行ったか、動物園ぐらいしか行ってないんだから…


ステージに戻って行く彼の後姿は

妙に気持ち悪く颯爽としていた。


「キャ~」

「ワァー」

何事かと思ったら


「Kちゃ~ん!」


ステージに戻った彼を女性客が歓声で迎えている。


なぬ!耳を疑う?

チラッと気になり覗いてみた。

おばさま追っかけ隊 のような人が何人か騒いでいる…


あいつ。。。落ちたな。。。



そして、彼のラスト曲


   「五月のバラ」  を熱唱。


よかった。早く気がついて!


5月 この僕が…

(途中、知らん)


サビで

忘れなぁ~いで、忘れなぁ~いで♪ とかっちゅう歌。


ダサい…

あまりにも、くさい…


今、ふと誰の歌なんだろ?と思って検索したら…


あた!


ぷ~っ!どうしよう


尾崎紀世彦 だった…


そおだったん?

ついでに歌詞もあた!



    




     「五月のバラ

  五月 この僕が帰る

  まばゆい 五月

  紅いバラは 思い出のバラは

  君の庭に咲くだろうか


  水を花びらにあげて

  涙の水を

  恋のバラに 悲しみのバラに

  君の白い ほほ寄せて


  ※忘れないで 忘れないで

    時は流れ過ぎても
  
    むせび泣いて むせび泣いて

    別れる君と僕のために



  五月 花開きめぐる

  二人の 五月

  紅いバラを 美しいバラを

  僕のもとに 届けておくれ


  花に唇を寄せて

  二人の花に

  恋の夢を 消えさらぬ夢を

  追い求める 一人泣いて


  ※ くりかえし
    

     ラララ…………

  


何年もの時を経て 今、撃沈しました。




















AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-10-20 08:48:07

上原ひろみ 

テーマ:Artist

忙しい!

ブログ更新をおさぼりするほど、1年で今が1番忙しい!


クリスマス用のアレンジが溜まり放題だ。

現在、まだ残り6曲を抱えている…

う~ん。。。

いつまで続くのか?

これが永遠の作業のように思える。

これが終わったら自分のもあるしね。


PCで目がやられてきているし

睡眠不足で疲れてきたな。

あうあう…


眠気覚ましに、スカァ~っと聴きたい!
出たばっかりのアルバムです。
上原ひろみ, トニー・グレイ, マーティン・ヴァリホラ
スパイラル(初回限定盤)


3枚目のアルバムも全曲オリジナルだよ!

いいね、これ!

上原ひろみ の サイトはここ


今までのアグレッシブな感じは更に進化して

タイトな雰囲気でもあります。


楽器の2面性を追及した作品なのだそうです。


ドラムはメロディアスに


ベースギターでもパーカッシブに

そして高音域でメロディアスに


ピアノだって鍵盤楽器でもあり

打楽器でもあり!


うん!本当にそうだね。

楽器の2面性を前面に出して

音楽をより大きくして行こうとする

作品への意気込み…いいね。














いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-16 21:42:51

ザ・ファイヴ・ブラウンズ

テーマ:Classic

ピアノ五重奏!で今注目のザ・ファイヴ・ブラウンズ

一般的にクラシックで五重奏といえば

弦楽四重奏とピアノの演奏の形等をいいますが

ザ・ファイヴ・ブラウンズはピアノが5台の五重奏です。


デザレー

デオンドラ

グレゴリー

メロディー

ライアン


5人姉弟全員が名門校 ジュリアード音楽院出身。

5人のピアニストだから合わせて指が50本!

華麗に流麗に動き回ります。


天才姉弟だからこそ出来る、呼吸というか和というか…

おみごとです!

ニューヨーク・タイムズやロサンゼルス・タイムズ

人気TV番組や雑誌にも登場している人気です!

デビュー初アルバムは、ビルボードチャートに8週連続で第1位。



ザ・ファイヴ・ブラウンズ, リムスキー=コルサコフ, バーンスタイン, デュカス, ブラウン(デザレー), ブラウン(デオンドラ), ラヴェル, ブラウン(メロディー), フリードマン, ブラウン(ライアン)
ザ・ファイヴ・ブラウンズ★デビュー!



ザ・ファイヴ・ブラウンズの公式HPはここ


PVを観たいなら ここ

若い人達がクラシックをかっこよく魅せてくれる!

クラシックって本当にかっこいいんだよ!

スタイルが1番大切ではないけれど

やっぱり、大切でもある。

導入はどんな形でもいいと思う。

ここから、若い人もクラシックが好きになってくれれば

いいのだからね。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-10-15 22:14:14

カーリー・サイモン

テーマ:Artist

後で読もう!と思っているものが結構たまってきた。

広告・パンフレット・新商品の案内・新譜案内…etc

片付けをしていたら、CDのパンフにカーリー・サイモンの名前を発見!


わぁ~懐かしいなぁ。

でも確か今年に入ってからTVの懐かし映像で観たっけ~

屋外のLiveで風が強そうだった。

今はどうしてるんだろう?なんて思ってたけど

ちゃ~んと活動しているんだよね。

今年の夏にアルバムリリースしてたんだよ。


Carly Simon
Moonlight Serenade
そうかぁ…今は、JAZZ歌ってるんだ。
彼女の声は、サラッとしていて合っていると思う!
ブ~ムにのっかってるわけ?
ほらぁ…ロッド・スチュワートもJAZZ歌って当たったから?
と思ったら何年か前からやってるんですね。
うた歌いは、やっぱりJAZZを歌いたくなるんだろうかね。

彼女が出てきたのは’70年代の初頭。

当時は女性シンガーソングライターの大波で

彼女も

キャロル・キング

ジョニ・ミッチェル

ジャニス・ジョップリン

なんかに続いて出てきたのですが

後半だったせいもあるのか、ちょっと違う感じでした。


なんと言いましょうか…

あっけらか~んと女々しくない!

サラッと粋な感じでした。


それまでの、恋愛から生活のすべてを

女から見たら…

女の私はこう思うのに、女だからどうしようもない


というような内容のことを

ゴニョゴニョとまわりくどく歌にするのが流行っていたのに

彼女は違った。

当時の新種だったように覚えています。

当時の彼女の雰囲気…

ジャケからもわかりますよね。

ぜんぜんなんでもない服なのに

ノーブラで乳首わかりますから…

カーリー・サイモン
ノー・シークレッツ

そいえば、ダンナはジェイムス・テイラーでしたな。

当時の日本じゃ考えられないことだけど

妊娠した時のお腹の大きな写真をジャケにしていたな。

今でも現役でいるって凄いよね。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-12 19:44:48

ジョー・サンプルの両手を!

テーマ:日記

ふふふ!やっぱりジョー・サンプル

行くことにした。


今日、チケット売り場に行ってあまりにも酷い席だったら

諦めようと思っていたけれど…


どうせ中央は、空いてないよね~

でも、こんな時のあの席!空いていたらいいな…


あった!


バッチリ思っていたところ!

ぐふぐふぐふ~(喜んでいる


顔は、見えなくても

せめて手元だけでも~ の席。


ここ、なんと両手が見えちゃうんですぅ。

音楽ホールなので、音は殆ど変わらないです。

だからここで、観たピアニストは結構います。


「手!でかぁ~」


と、思わず乗り出して観てしまってもいい席!


よかったぁ~!

前じゃないけど、下手に顔だけしか見えない…とか

微妙に手が見え隠れして…とか

前の人がノリノリで、ヘッドバットなんかしてくれた時にゃ~最悪です。


今週は、いいことあるかも!

だってね。

当たったのよ!


31アイス食べたら ハロウィンランタンが!


こんなの~


そして、諦めていたチケットでしょう。。。


まぁ…ね。

小さな幸せを大袈裟に思うことも

幸せのひとつですから…


ビデオアーツ・ミュージック
ライヴ・アット・モントルー 1997

そして、サンボーンのチケットとれたら

5人を制覇したことになるぞ!と…




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-11 22:48:38

キャラバンの到着

テーマ:Jazz

この曲、ちょと前に流行ったよね。

車のCMや映画スウィングガールでも使われていたけど…

原曲は、映画「ロシュフォールの恋人たち」の曲なんだよね。


サントラ
ロシュフォールの恋人たち ― リマスター完全盤


しかし、ミシェル・ルグランはたくさんのいい曲を書いたね。

昔のフランス映画といえば、殆どルグランさんだもの…


エヴァの匂い

シェルブールの雨傘

華麗なる賭け


だけど、ロシュフォール…は観ていない。

何故か?

それは、ミュージカルだから!

苦手なんだよね。


キャラバンの到着は…

知ってはいるけど、最後まで真剣に聴いたことない。

連弾の楽譜が手元にあるんだけど

どうも…?なところがある。


Aメロはよく聴くんだけど

Bメロはこんな風だったのね~って感じ!


楽譜によるとAメロからBメロに行くところの

フィールインがバウンスしていない!

AメロもBメロもノリノリなスウィングなのに…

ここだけ、弾まないのか?

楽譜をそのまま信用できないでいる。


視聴もどこかにないかなぁ。

誰か聴いたことある人、教えて欲しいなぁ。。。。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-10 19:13:04

スティービー・ワンダー

テーマ:音楽たらたら

休みの間は、生徒がクリスマスまでに弾けるように

耳コピとスコアおこしを二人分持って行きました。


そのうちの1人が高3男子なのですが、このK君

今年のリクエストはスティービー・ワンダーです。


小5の時、自分は「母ちゃんが行け!」っていうから習っている!

と、断言していたのに中3の頃から、クラシックに目覚め

CDを聴いたり、音楽TV番組をよく観るようになりました。

高1は、ベートーヴェンショパンに燃え

去年はオペラ出身の 

ジョシュ・グローバン
ライヴ・アット・ザ・グリーク

に、夢中になり…

クリスマスでは彼の曲を2曲アレンジしてあげた。

やっぱり、Jazzを薦めてみたけど好きじゃないみたいだった。

でも、ポップスも好きになってきたのでいいかぁ!

と思っていた。


で、今年は何にする?と訊くと


「スティービー・ワンダー」と即答だった。

K君は、無口な方である。

幼稚園の時からの付き合いだが

彼が、声をたてて笑うのを見たことがない。

なんとか笑かそうとするが、かなり受けているのに

「くすっ…」

この程度である。

無口だから、至って明瞭で的確に発言する。


「え!なんて曲が弾きたいの?」


「Ribbon in the Sky」


「はい。かしこまりました。」


スティービー・ワンダー, ヘンリー・コスビー, シルビア・モイ, ステファニー・アンドリュース
フィール・ザ・ファイア~バラード・コレクション



バラードばかりを集めたアルバムです。

K君が選んだのは、「リボン・イン・ザ・スカイ」

ロマンティックでお洒落なバラードです。


なんと!メジャーセヴンなんですね。

ふっふっふっ…

メジャーセヴンの威力は、ほんとに凄いからね!

きっとこのコードに、ハマったのでしょう。


大学受験も控えていて、大事な時なのに

クリスマスには一応、出る方向で頑張るようだ。




それにしても、コード進行は


Ⅱm7    Ⅲm7  の繰り返しと


Ⅱm7   Ⅴ7   ⅠM7 お決まりのツーファイヴ 


で、半音ずつ転調していくのですが

スティービーはこの感じの進行が結構あるね。

パターン化しているのかもね。


さて、アドリブをスコアにするのが


!!!!あん? です。


まぁ…仕方がないけどね。。。。

スケールを教えて自分でアドリブも少し作ってもらおうと思ってます。

今年で、出演が最後になるかもしれないK君。

大人になりかけのK君。

クリスマスが、とっても楽しみになりました。










いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-10-10 18:32:05

ただいまぁ~

テーマ:日記

現実空間に帰ってきてしまった。。。


山はもうすっかり、秋でした。

2・3日前に霜が降りたそうで、朝晩の冷え込みは冬でした。


急に行く事になり、仕事を持ち込んだので

なんだか、休んだような、いないような…

MP3録音は、無事に出来ました。

結構、広い場所なんです。

天井が高くって、床はリノリュウムなので

音が転がり過ぎます。

でも、その空気感がとってもよい効果なのです。

聞いた話では、来年にはそこの管理者が変わるようなので

もしかしたら今年で行けなくなるかも…

う~ん。。。年内にあと何回いけるでしょうか?

ちょっと、音響効果に合う曲を練習して

本気でMP3に入れて来よ!と思ったのでした~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。