1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-03-29 09:36:30

オムニバスCD & 楽譜

テーマ:Pops
最近、当たり前に出ているオムニバスのCD。
ジャンルも様々だけれど、ピアノが効いてる曲を集めたこれは楽譜も対応しているのがいい!

懐かしい曲、CMの曲、なぜか?日本だけで流行っちゃった曲…etc…
ジャンルもPOPSにとどまらずソフトRock・JAZZ。
年代も広範囲なので、どれかは必ずHITします。

エルトン・ジョン/ カーリー・サイモン/ シカゴ 
ドゥービー・ブラザーズ/  ビリー・ジョエル/ ベン・フォールズ・ファイヴ 
ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ/ アリシア・キーズ


知られた曲ばかりなので、受け狙いにもいいです。
全部弾けなくても、触りだけでも弾いて涼しい顔をすると

「あの人ピアノ弾けるんだ!」と思われます。



アーティスト: オムニバス, エルトン・ジョン, シカゴ, ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ, ニルソン, キャット・スティーヴンス, ヴァネッサ・カールトン
タイトル: ピアノ・ソングス



著者: NoData
タイトル: ピアノソロ 「ピアノソングス」 セレクション



アーティスト: オムニバス, シカゴ, ビリー・ジョエル, シャーリーン, ベン・フォールズ・ファイヴ, アリシア・キーズ, ブライアン・マックナイト
タイトル: ピアノ・ソングス(2)



著者: NoData
タイトル: 「ピアノ・ソングス2」セレクション
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-28 22:48:51

さよならベーアン

テーマ:日記
縁あって、廻り回って私のところにたどり着いたベースアンプ。
私の手元で25年は軽く遊んでくれました。(その前は知らん!知り合いから譲ってもらった) 本当にご苦労さん。

YAMAHAのJ45-B 君は充分、働いてくれた。
初めは高校生の男の子と、
それからは私の友が遊びに来たとき用に、
近年では自宅Myスタジオでのバンド練習の時にも大いに活躍してくれましたね。
最近はかなりお疲れで、バン練の時に眠ってしまいそうな君を、頑張れ!と応援するつもりで、軽くポンポン叩いて起こしていましたが、ここ何回かはかなり応答がなく、結構ボカスカしないと起きなくなっていた君でしたね。

遠い北国まで、君と一緒に旅もしたことあったよね。
私をおいて、君は結構一人旅にも出ていたよね。
雨の野外で、君と一緒にびしょ濡れになったこともあった。
懐かしい思い出…ありがとう。
修理に出しても、もうだめだろうな…

ほんとうにありがとう。昇天してください。
だけど、粗大ごみとして君を出す勇気がまだありません。
君は、私の部屋では結構なスペースを使っていたので寂しくなりそう。
それに、君の上に今でも乗っかってるポータブルデッキと最近よく聴くCDは今度から何処に置けばいいのか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-25 23:54:01

木の名前のピアノ曲

テーマ:Classic
札幌はちょっと暖かいなぁ…
なんて思っていたら今日は冬に逆戻り、外は吹雪いています。が~ん

先日、買い物&さんぽに出た時、何となぁく街路樹も見えてきて(冬は雪に半分は埋まっている)春を感じていたのにな。
葉っぱの無い木を木肌だけで、これは何の木?と見ながら歩くお散歩でした。

しかし植物って、強い!
今はこんな丸裸でも、春になるとちゃんと立派な姿になるんだからね。

リストの作品に「エステ荘の糸杉」なんてのがあります。素敵です。

北欧の作曲家、シベリウスの作品にも、木の名前がついた曲が沢山あります。
中でも「樅ノ木」は私も大好きな曲。
その他にも「白樺」や「孤独な松の木」「はこ柳」などがあります。

木の名前の曲でも弾いて、北国の遅い春を待ちましょう。



著者: シベリウス, 舘野 泉
タイトル: シベリウスピアノアルバム 全音ピアノライブラリー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-23 23:30:05

ピアノでロック

テーマ:70S Rock
Liveが近づいてきました。
只今、10日前です。

さて、毎回のLiveで必ずと言っていいほどやるメンバー紹介!
その時、各楽器をちょっこっと弾いてご挨拶ってパターンがあるでしょ。
今回は、いつもの(手持ち5つくらいかなぁ)を辞めて、テクニックを出すと言うより 「を!これは!」 と受け狙いにしようと思っています。

今回は40代中心のLiveBarなので、懐かしい曲にしました。
今日から練習です。

曲はピンクフロイドの「マネー」ピアノバージョンです。
この外にもロックがピアノアレンジされている楽譜です。
なんと!元筋肉少女帯のKey 三柴 理さんがアレンジしているので完璧です。

その他、EL&Pの「タルカス」やキング・クリムゾンの「風に語りて」等の名曲もあります。
CDもついているのです。
これ、全曲弾けたら凄いわ~


著者: 三柴 理
タイトル: ピアノで弾き倒す華麗なるロック・クラシックス
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-03-22 23:58:38

顔で弾く Ⅱ

テーマ:ピアノ

そう云えば、おもしろいピアニストで肝心な人を忘れていた!
何年か前のキムタクがピアニストになったドラマがあったでしょう。
主人公のお気に入りピアニストは、グレン・グールドだ。という事で結構話題になりました。
私は、前からマニアックなほど好きなのでした。
かなり昔に、国営放送教育チャンネルで特集をやっていたので

シッカとビデオに撮ってあります。
それが、N○Kらしくない構成になっていて何とも面白い!
グールドの魅力が炸裂しています。

彼の映像と共にこんなテロップが流れます。

先ず彼は自分で歌いながら弾く…

CDなどにも謎の唸り声がよく入っています。
ピアノより大きな声の時もある。
Classic界のキース・ジャレットです。

ピアノを弾きながら指揮もする…

それは、オーケストラや室内楽の為ではなく

自分のピアノ演奏のために…
空いてる手があると歌いながら指揮もする。

極端に低い椅子に座る…   

勿論、Myチェアです。 

毛皮が敷かれていて何処にでもこれを持って行く。
彼は小柄の為だけではなく、とにかく異常に低い椅子が好みだった。

曲のリズムに合わない揺れ…  

myチェアは何故か?

1本の足を浮かせた状態でグラグラになるように座る。
そしてリズムとは何の関係もない、貧乏ゆすりな感じで

常に椅子を揺らしながら演奏する。

我慢していてもここで、何度観てもふきだしちゃいます!

ぷぷぷ~っ!
夏でも冬でも関係なく帽子、コート、マスクは外出の必需品。
そして、その出で立ちで動物園に行き、象に歌って聞かせる。

なんてプリティなの!

ところが彼の演奏は素晴らしい!バッハなんて最高!

モーツァルトだってね。


モーツァルトを弾くグールド ではなく
グールドが弾くモーツァルト なのだ!
作曲家を食ってしまうピアニスト!グレン・グールド


アーティスト: グールド(グレン), ベートーヴェン
タイトル: ベートーヴェン:「悲愴」「月光

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-22 02:07:00

顔で弾く

テーマ:ピアノ
楽器する人のテクニックを観るのもいいけど、顔で演奏している人いるよね。
つい、見とれちゃうんだよね。
テクニックは盗めませんが
面白くって顔は真似したくなります。
何人か、顔弾きが気になるピアニストがいます。

国際的にも著名な内田光子さん=モーツァルト弾きの光子さんの演奏は
惹き込まれます。
しっとりとして、情熱的で。
でも、5時33分の泣き顔にやられます。
観ていて、自分もたぶん3時40分頃になってしまいます。


アーティスト: 内田光子, イギリス室内管弦楽団, モーツァルト, テイト(ジェフリー)
タイトル: モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番/同第21番








海外ピアニストは、アンドラーシュ・シフ
その音色と同じく柔らかで光に満ちた至福の時。
殆どが目を閉じているブラインドタッチ!開けてるのかも?わかりづらい。
なが~いトリルの時なんか、あーた!
小首をかしげ目を閉じて、首が抜けるほど伸ばしちゃうです。
たぶん、観ている自分も首が5センチは伸びているはず!


アーティスト: シフ(アンドラーシュ), バルトーク
タイトル: バルトーク:舞踏組曲



ショパンコンクール最年少優勝者、ユンディ・リ 
Classicピアノ界のキムタクと言われています。
実物も見たことありますが、彼の演奏には華がある。
若い躍動感!ストイックな精神!魅力的です。
でも、あ~あぅ…そんなに瞼をそっくり返らせるとベロンとひっくり返っちゃうよ~。ハラハラ
眉毛をMAXに上げすぎて、白目を剥いちゃってるです。


アーティスト: ユンディ・リ, ショパン, シューマン, 林尓耀
タイトル: トロイメライ~ロマンティック・ピアノ名曲集
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-21 23:39:26

Kiss

テーマ:70S Rock
かっわいいね~このCM

さっきTVで初めて観たです。前からやってたのかな?

Kissの歌を替え歌にしているでございます。

ラヴィン・ユー・ベイベー ♪懐かしい!

70年代も後半のこの頃は、R&Bを聴いていたのであまりロックを聴いていないんだけどね。
でも、Kissの人気は下々まで浸透していたなぁ。
コスプレも凄かったよね。
緑の絵の具なんか口から流したりしてね。
なんか、プロレス界なのかロック界なのか?区別がつかない状態だったっけ…



アーティスト: KISS
タイトル: Destroyer (Rmst)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-21 00:26:45

ヴィヴァルディでお掃除

テーマ:Classic
ピアノ以外のClassic音楽でよく聴きたくなるのは…

ヴィバルディのグローリアRV589 「いと高きところには神の栄光」

私の中では唯一の合唱曲です。
これを、クサクサする時に音量を上げて聴く!
なぜか、生きる喜びが感じられる。
歌詞なんて知らん!意味もわからん!無神論者だし…
でもなんだか好きだ。

「シャイン」と言う実在するピアニストの半生を描いた映画がある。
父と子の人間模様がkeyポイントの映画で、泣ける。
劇中に沢山のClassicやピアノ曲が流れ音楽好きには楽しい。
そして、このグローリアもとっても効果的に使われている。

主人公は実在するピアニスト デビット・ヘルフ・ゴット 日本にも度々来日しているようです。

グローリアをかけながら、掃除機をかける。

掃除機の音が大きいから負けない大きさにして聴く。

曲が終わってもその後に掃除は続く…でも

気持ちが高揚しているので、掃除の手が早い!

動きが機敏になりサッサと済ますことが出来る。




タイトル: シャイン
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-18 23:14:32

女性JAZZシンガー

テーマ:Jazz
ここ何年かの、1押しはやっぱりダイアナ・クラールですね。

声がいい。
力むことなくすんなり聴ける。
ピアノもいい。
めちゃ上手いってわけでもないけれど、歌って弾くって事が素敵だ。
そして、いい女なのだ。
女から見てもいい女。

レイ・チャールズのあのアルバム でも歌っている。
こんないい女を嫁にしたのは…
「SHE」を歌ったエルヴィス・コステロなのだよ。いいのか!ダイアナ!
いいんだよね。そんなこと…

そんで、もって結婚しちまった彼女の音楽性が大きく変わった。
スタンダードナンバーを主に歌ってきたStyleをこのアルバムで変えた。
オリジナルなんです。???
スタンダードをサラリと粋に切なく、そして優しく歌うだけじゃない。
オリジナルなんです。???
買う時、悩みました。どうなの?
聴いてダイアナの心の中が覗けちゃうのかい?(おやじ化してますな。)
でも、聴いてショックだったりして、でも覗いて見たい。

これがね~私、結構お気に入りなんです。
お父さんの影響で、子供の頃から音楽聴いていただけあって、彼女の中には色んな音楽が溢れていたんだな。と今更に思いました。
そして、コステロしゃんの影響もあるのでしょうか?
オリジナルでもいけるダイアナ・クラールなのでした~。


アーティスト: ダイアナ・クラール, アンソニー・ウィルソン, クリスチャン・マクブライド, ピーター・アースキン, ジョン・クレイトン, ジェフ・ハミルトン, ニール・ラーセン, テリ・リン・キャリントン
タイトル: The Girl In The Other Room
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-03-17 03:26:24

JAZZピアノ

テーマ:Jazz
classicピアノ専門の人がJazzに慣れ親しんでもらおうと、昨今はたくさんの教則本らしきものが出ています。
昔に比べりゃ~なんてこったい!アンビリバボ!
考えられないこってス。
親切丁寧な、薀蓄とアドリブまでしっかりスコアになっている。
時代は変わったなぁ…

そんなんで、お薦めの楽譜!


この、イン・ジャズシリーズはclassicの有名な作曲家、モーツァルト、バッハ、チャイコ、バイエル等の曲をJazzにアレンジしてあります。



著者: 藤井 英一
タイトル: ピアノソロ ショパンインジャズ

あと、音楽之友社 斉藤友子編の「バック・トゥ・バッハ」vol.1と vol.2もclassicから移行したい人には馴染み易いです。








しっかり、練習したい人は、リー・エヴァンスのこの2冊。



著者: リー・エヴァンス
タイトル: ジャズピアノ96のエチュード リーエヴァンス著



著者: NoData
タイトル: モードのすべて[東亜]



classicからの人って大抵ビル・エヴァンスが好きだったりする。で、お薦め!



著者: NoData
タイトル: ビル・エヴァンス・ジャズ・ピアノ奏法 Vol.2









やっぱ!Cメロ弾けなきゃね!ってことでアドリブレッスンも出来るCD付。



著者: NoData
タイトル: はじめてのジャズピアノトリオ with CD



著者: NoData
タイトル: はじめてのジャズピアノトリオ カラオケCD強化編
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。