披露宴

テーマ:



歴史ある立派な明治記念館さんでの
披露宴






今年93歳になるおばあちゃんも


孫の晴れ姿をみに
駆けつけてくれました




(o´д`)人(´д`o)






photo:01






最高にHAPPYな
可愛い笑顔のおばあちゃん[みんな:01]




四女の妹がお嫁に行くまで
ずっと元気で、長生きしてね[みんな:02]






photo:02







そう、隣に写ってるのは


末っ子の25歳の妹です( ´ ▽ ` )ノ






お着物着てると
私より貫禄のある

しっかりした、おねぇさんみたいです

(。-∀-。)






photo:03






ちなみに、SEやってます

システムエンジニア??
横文字、かっけぇ~[みんな:03]


( ´艸`) 笑




そんなことは、さておき。




本日の主役!!





妹のお色直しの登場です


ヽ( ´3`)ノ









photo:04







きゃー

きゃー



キレーーーキラキラキラキラキラキラ


。・゜・(ノД`)・゜・。





一緒に入場した、
お父さんの


照れくさそうにしながらも
寂しそうな表情に





photo:05






じーんと、きちゃったよ。。


・゚・(。>Д<。)・゚・





身内の結婚式は

新郎新婦の幸せを祝福するのは
もちろんですが



どうしても、両親の気持ちにたって
みてしまいます




三女の妹は、

子どものころから
愛嬌があって、可愛くて



父の一番の
お気に入りの子でした…



親からしてみたら
みんな、平等に可愛いがっていた
つもりだと思いますが


明らかに、


私は、四姉妹のなかで
いじられキャラで


やれ、
「ゆみは橋の下から拾ってきた子だ。」
とか

「一番、生意気だ。」

と、なじられたものです



「その点、恵美は、
誰からも好かれるイイコだ。」

と、
妹ばかり褒めていました


私は、幼少のころ


父から、褒めてもらった記憶が
これっぽっちもありません



一度でいいから

「ゆみも、やればできる子だ。」


と、頭を撫でて欲しくて



必死で勉強を頑張ったし
学級委員長にもなったし


古風な剣道部にも
入部して、部長になりました




でも、
やはり、言葉で褒めてもらったことは



デビューして16年経って
仕事をどんなに頑張った今でも



一度もありません。





父は、そういう漢なのです







そんな父が、



かわいい
かわいい


と、幼少のころから連呼していた
三女が


釈家から嫁いで
お嫁に行くことになりました






ようやく、妹も

幸せになって落ち着くのかという
安堵感と



やはり、娘が嫁ぐ寂しさとで


複雑そうな父の表情を



ずっと隣でみてました





最後の両親への手紙や花束贈呈は


妹も母も
泣き崩れていました






photo:06







が、父は泣きませんでした



photo:07








父は、そういう漢なのです



(*´ー`)ノ







そんな父が、


たまらなく大好きなんです






photo:09










私は、お嫁に行く夢を叶えられなくて

もう諦められてるみたいだけど 笑

( ´△`;)





嫁いでも
いきおくれでも



いつまでも
釈家四姉妹の絆の深さは


永遠に変わりません







photo:08










私の大切な妹、恵美へ。



結婚おめでとう[みんな:04]



あなたの幸せを
これからも、ずっと祈っているよ。。











(*´ー`)ノ








photo:10






ゆみ













iPhoneからの投稿
AD

コメント(137)