馬頭琴と猫と音楽の日々

シンガーソングバトキ(馬頭琴)ニストとして、ライブ活動をしているフルハシユミコです。馬頭琴やオルティンドー(モンゴル長唄)などのモンゴル音楽やメロディーを大切にした日本語のオリジナルを歌ってます。アパラチアン・ダルシマーやピアノの弾き語りも。

2月1日フルハシユミコ、オリジナル曲CD
「Swingin’ in the wind」発売
(全国CDショップ,amazonなど)



通販サイト
http://morinkhuur.thebase.in/items/2474294
amazon 配信、視聴も
http://www.amazon.co.jp/dp/B019RSLGCQ



日本唯一のシンガーソングバトキ(馬頭琴)ニストとして、音楽活動をしているフルハシユミコです。

「聴く人の心にとどく音楽を」との想いから、

モンゴルの民族楽器・馬頭琴やオルティンドー(モンゴル長唄)などのモンゴル音楽と、

「都会に生きる孤独と力強さを表現する」と評された日本語のオリジナル曲を演奏してます。

アメリカの楽器アパラチアン・ダルシマーもお気に入り。

作詞・作曲・Vo・P・オカリナ等を。
ライブはバンド(Vo,ベース竹内武ドブロ小島慎司等)で。(四谷天窓、自由ヶ丘Mardigras等に出演)


演奏はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=LsBP_iNZ4NA


第2回ジャンツアンノロブ日本馬頭琴コンクール3位。
第16回大阪国際音楽コンクール民俗音楽部門入選。
第2、3回国際馬頭琴フェスティバル(モンゴルウランバートル)にて演奏。
猫2匹(黒猫ハル、妹猫ちび)と夫b,娘(東京藝大サクソフォーン専攻卒)と暮らす。

♪スーホの白い馬(アナウンサー・俳優の朗読と馬頭琴)出張演奏や
馬頭琴・オルティンドー体験WS,ダルシマー勉強会も。馬頭琴を弾いてみたい方、ご連絡ください♪

【ライブ・演奏などの予定】

★5月13日(金)高田馬場・四谷天窓18:30 op/19:00 st
★5月22日(日)19:00 北参道GRAPES KITASANDO  18:00op/19:00st

●フルハシユミコHP
https://yumiko-morinhuul.amebaownd.com/
●モンゴルのUBSテレビ出演。
"Төмөрбаатартай хамт Япон орноор"Захи
トゥムルバートルさんの日本を紹介する人気番組
「Tumurbaatar hamt Yapon ornoor -Zahia-」2015年 6月1、3日放送
http://ameblo.jp/yumiko-morinhuul/entry-12037022346.html
●モンゴルのメジャーなニュースサイト↓に「馬頭琴と桜」写真掲載!
http://www.news.mn/content/209895.shtml

●モンゴルUBSテレビ「フフーナムジル」ビデオ出演
http://ameblo.jp/yumiko-morinhuul/entry-12007980749.html
演奏は鳥の歌(カザルス)https://www.youtube.com/watch?v=ILzoOoTjIUQ

●2014年9月21日ソロンゴのSunday Night Rainbow(FM世田谷)出演
http://wwradio.syncl.jp/?p=diary&di=1053545
NEW !
テーマ:



ベースと、馬頭琴・VOのリハ終了。
黒猫ハル君、なぜか参加。最近ハル君のリハ参加率高いで
す(^_^)
本番29日曜日19:20頃からフルハシ出番です。
神田ロックバーイゾルデ。
内モンゴルの馬頭琴を弾くことにしました。
三味線HIROさんのバンドとコラボも!
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:





劇団文化座、友人の為永祐輔さん出演の芝居をみてきました。

文化座に馬頭琴のバトオチル先生とモンゴルの音楽家が出演されたとき、

知り合った、若手のすばらしい役者さんです。



為永さんは、戦時下の若者の複雑で深い心境をきっちりと好演。

他のキャストも皆、真摯に取り組んでいて、

ずしんとくるいい芝居でした。

1958年初演ですが、現在に通じる部分がいくつも感じられました。

台詞のやりとりから作り出される空気は緊張感があり、心にささる台詞が沢山ありました。



宮本研作「反応工程」、

文化座が5.25‐5.29

俳優座が5.13‐22で、たまたま前後して同じ演目が公演されています。

俳優座の公演は見逃し、残念でした。

俳優座は『俳優座「反応工程」を成功させる会』が結成され、

山田洋次さん(映画監督)、奥田愛基さん(SEALDs)なども応援されていたようです。

(観劇後に知りました)




舞台にある「反応工程」をしめす黒板に記入されていく日程と

広島、長崎への原爆の投下、終戦の日に向かう緊迫感とそれぞれの立場や気持ち。

戦後の工場の様子。

若者たち、大人たちの言葉。

とてもよくできた本だと思いました。

宮本研さんの他の作品も読んで(観て)みたいと思いました。



終戦の時に学徒動員で工場にいた主人公や友人たちは、

今いきていたら、90歳くらいでしょうか。

作者の宮本研さんはパンフに1926-1988とあり、生きていらしたら、90歳ですね。

その世代の方たちが生きてらっしゃるうちに、もっと上演されたらいいなと思った芝居でした。



色んな意味で、TVドラマや映画にはなりにくい、演劇ならではの表現に、

劇場で出会える幸せ。



オバマさんは今日広島を訪問されるそうです。
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日のGRAPES KITASANDOライブの時、従姉妹がきてくれて、
昔の写真をもってきてくれた。

昨年なくなった、優しかった伯父の遺品を整理。
写真の箱が2つあったそう。
従姉妹はその中から皆にあてて、
「これは○○ちゃんの赤ちゃんの時?」
と一枚一枚、数十年の時をこえて、
気持ちをよせて、
丁寧にもってきてくれた。

私の母のお嫁入りの写真、
亡くなった伯母や従兄弟、
日産ブルーバードの横で写る写真、
三角の窓の車が好きだった、
子供の頃の記憶が
呼び起される。

それは確実に今日につながっている。
その不思議。

弟といっしょに写っているのは5歳くらいの私。
2歳違いの弟は昨年夏に熱中症でなくなった。
私の田舎では一周忌は少し早めにするとかで、
6月に日程調整をした。

また、先週末には病床にあった知人が旅立ち、
今週末にお別れの会がある。

静かで、心にずしんとくる悲しみ。
喪失感。

歳を重ねて、見送る機会が増えるのは道理だが、
なかなか気持ちの置き所がみつからない。

これまではいつも、昔を懐かしむ余裕もなく、
家族の今日や明日、自分の次の演奏や本番のために、
ひとつでも何かと思い、
全力で前を向く。
恰好つけるわけじゃないけど、とにかく次の心配をする、
そんな風に過ごしてきた。


今回のこの写真は、見返してしまう。

「思い出」という言葉が苦手だった、
その言葉の深さをしらなかったのかもしれない。

これまでに感じたことがない悲しみを抱えるのも、
年をとってよかったことのひとつかとも思う。

合掌。











AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フルハシユミコ CD「Swingin' in the wind」英語名つけました(スイレンはフランス語♪)

海外配信をするために、英語名つけました。
日本語と英語でニュアンスが違うので、
少し考えました(笑)


1曲目の「スイレン」は、

ボリスビアンの「うたかたの日々」、
モネの「睡蓮」などのイメージとつながる曲なので、
フランス語にしてみました。
モネの絵画のタイトルです。




1.Les Nymphéas (Suiren)

2.Winter Song

3.Morin Khuur Interlude 'Durvun oirdiin uria'

4.Far away (Tooku no anata e)

5.Swingin' in the wind (Kusa no umi)

6.Wind of the sea (Umi wo mini ikou)

7.Prayer (Kamisama)

<収録曲>

1. スイレン 

2. Winter Song 

3. 馬頭琴 Interlude ~オイラト族の旋律(モンゴル伝統曲)より~

4. 遠くのあなたへ

5. 草の海

6. 海を見に行こう

7. 神さま

(bonus trackは配信なし。CDのみです)

8. 星のうた

9. 港の唄





いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




フルハシユミコ CD「Swingin' in the wind」ご好評につき、海外配信開始しました!

日本も追加ありです。

気軽に試聴してみてね。






【日本】

<Google Play>

https://play.google.com/store/music/album/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%82%B7%E3%83%A6%E3%83%9F%E3%82%B3_Swingin_in_the_wind?id=Bknb5oxje4p3we5rewtfnz36f2u

<iTunes>

https://itun.es/jp/j8Zjbb


https://itunes.apple.com/jp/album/swingin-in-the-wind/id1093091081

<amazon.co.jp>
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01BCMPOA0?ie=UTF8&keywords=%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%82%B7%E3%83%A6%E3%83%9F%E3%82%B3&qid=1464146094&ref_=sr_1_1_twi_mus_2&sr=8-1





【海外】

<amazon.com>

https://www.amazon.com/Swingin-wind-YUMIKO-FURUHASHI/dp/B01FXZRN1A/ref=sr_1_1?s=dmusic&ie=UTF8&qid=1464142062&sr=1-1-mp3-albums-bar-strip-0&keywords=YUMIKO+FURUHASHI

<kkbox Tiwan>

http://www.kkbox.com/tw/tc/album/w9rW1N6gyUIIpZ0FwLyV0091-index.html

<Spotufy>
(URL調査中)



ご協力してくださった音楽家の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございます!

<参加ミュージシャン>

フルハシユミコ:作詞・作曲

Vo・馬頭琴・アパラチアンダルシマー

KEMO SABE Saxophone Quartet

山﨑憂佳:S.sax、中井伶:A.sax、竹内理恵:T.sax、中島諒:B.sax

わかめ:A.Sax

こんぶ:T.Sax

めかぶ:Andes25f

(わかめ、こんぶ、めかぶ from 海藻姉妹)

三入梨沙:Keyboards

TAK-YAMADA:Keyboards

小島慎司:Resophonic guitar

奥野裕介:A.guitar

平野透山:尺八

竹内武:E.Bass

竹内理恵:S.Sax,A.Sax

Bonus track「星のうた」「港の唄」参加musicianの皆さま

<STAFF>

Engineer:奥野裕介、竹内武、三入梨沙M-4

Art Direction:ゆん・ゆんぐふらうよっほ

Title & liner notes寄稿:菅野直子(劇作家・演出家・99roll)

liner notes comments:山口タケモ(ブラウスブラザーズ)、竹内利雄(やきとりたけうち)




いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。