2008年02月25日

不思議のメダイ教会

テーマ:フランス聖母と天使の旅

パリの一般の家としか思えない門をはいると、

通路の奥にすばらしい礼拝堂がありました。







パリの最終日、

二度目に訪れたこの不思議のメダイ教会

(サン・バンサン・ド・ポール教会)

日本人のシスターがいらっしゃってお話を聴くことができました。

昨年の4月からいらしているとのことでした。

ご年配の素敵な女性です。


この礼拝堂に祭られている

聖カタリナ・ラブレーはいまも眠っているかのような姿で

ご遺体が安置されています。









ルルドの聖ベルナデッタの少しまえに

彼女のもとに聖母マリアはおとずれ、

メダイ(メダル)をつくるようにおつげをしました。



信頼をもって、それを身に着ける人は大きな恵を受けるでしょう。








両手を広げているマリアのメダルです。

昔から私が大好きな聖母マリアのおメダイです。


聖母マリアはここを訪れなかなか話がすすまなかったので

ベルナデッタのもとへご出現したとのこと。

ルルドとこんな関係があったとはしりませんでした。


このおメダイは、「お守り」にするのではなく、

お願いごとを真剣に唱えてくださいね。

カトリックの信者とかそうではないとかは

関係はありません。

自分のお願いを、日々もつことはとても大切です。


心の中でいのります。

自分の言葉で、こんなことが解決しますように・・。

こんなことが叶いますように・・

具体的にお願いします。


苦しみがあるなら、マリア様に話をします。


願い事は、いわなければいけない。



わたしは毎日ここでこうやって色々な人にであえて

とても幸せです。


パリにこなくてもあなたの近くに祈りの場はあります。


常々そう思っていたわたし。

そういうシスターのお話に、とてもはげまされました。

またまた涙・・・。


シスターは私たちにお話されながらも、片時も手を休めず

メダイを袋につめてお仕事されていました。

泣きながらも、しっかりと見るわたし・・。



気がつくと、おメダイの販売時間は終了し、

お掃除の時間がはじまっていました。


ずっとお話をしてくださって、ありがとうございます。


おメダイは人にプレゼントするのが良いと聞き、

みんなでギフトをしあいました。


メダイ・・それは、人類の母マリアが、

私たち一人ひとりにくださるもの・・です。





チエからもらったおメダイとルルドで買ったアンティークの「ご絵」

いらっしゃいと手を広げ、私たちのところへきています。


母のようなマリアは、小さなひと、弱いひと、マリアに向かって祈る人すべてを

たすけてくれます。

両手から放たれる光線がそれをあらわしています。


マリアには罪がなく(無原罪)、マリアは蛇の頭を砕きます。



宗教的な観念は一切わたしもはなく、

すべては愛の女神となるわたし達のためにあることと

思っております。



ありがとう。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

森山祐美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。