撮ってその場でスマホに送れるデジカメ。
これが最低条件でした。

あとは、見た目が好みのもの(見た目大事)


私が2年前からネイル撮影に使っているカメラカメラ


{90DBC501-D7E2-4A4E-B4E3-F2AA490E973A}


『OLYMPUS PEN E-PL7』

一眼レフを買うつもりじゃなかったんですが見た目で1番気に入ったのがpenでしたお願い

とりあえず何も知らないので、撮り方を店員さんに教えてもらいました。
ネイルの撮り方、とは聞けないので、笑。
近くのものをアップで撮るにはどうしたらいいですか?とニコ

お店で試してめちゃめちゃ良かったので高かったけど買っちゃったんです。



◇レンズの付け替えなし、オートモードでネイルの撮影をしてみる!



・ズームを最大にした状態。
・ピントが合うギリギリまで近づいて、撮影。


{AA8571B8-B649-49ED-A322-6F1A2D291864}


一番上は遠くにピントを合わせたもの。
手前の多肉と爪はボケボケ。

一番下は多肉にピントを合わせたもの。




ピント合わせは、シャッターボタンを半押しするとできます。
ピピッ!となってカメラのなかの機械がうぃーんうぃーんと動いて自動でピントが合います。
基本、カメラを向けたものにピントが合うようになっているみたい。




そして真ん中の写真、手にピントが合っているもの。


{B69D13B6-83CD-4768-A9D6-4747E1AE3D44}


背景が程よくボケて、主役のネイルが引き立っています。
これが一眼の面白いところ!!

加工じゃなかなかこうはいかない味のあるボケキラキラ
少しの距離でも背景がボケてくれて大した事ないネイルでも、肉眼で見るよりよく撮れたりします〜ニコ



私はいつもこのカメラを使って、このやり方でネイルの撮影をしています。

オートで、明るさを3段階くらいあげる。
ピントは親指と中指と薬指の爪あたりに合わせて、撮ると…


{A639A4D2-7070-4192-88D9-5D887DC2310E}


手前の爪にはしっかりピントが合って、手のひらや背景はボケボケに。
これもピントが合うギリギリの距離まで近づいて撮影しています。

あとはインスタの加工で影を消したりシャープにしたり…いろいろ少しずついじります。



◇一眼レフでネイルを撮る時の弱点。


重たいので利き手じゃない方ではシャッターが切れないガーン
シャッターボタンってカメラの右側にあるしねアセアセ
左手では届かないのです。
なのでいつも右手の写真がないんです〜〜ガーン

あとはわたしの撮り方だと明度高い色は飛びやすい。
赤が強くでる。
それくらいニコ



一眼レフ、楽しいです〜キラキラ
2年経ってもオート以外使っていない私でも、笑。楽しいです。

ネイル以外もたくさん写真撮っていて、最近では紫陽花とか、、


{A1A0F413-F6D7-4DDF-B887-5D75E79094B5}


紅額(べにがく)という紫陽花。


ケーキを撮ってみたりショートケーキ


{5B524672-B1CB-4C87-9E1C-B9D1C65F629D}


ボケが楽しくて、たくさん写真撮りたくなる音符
ちゃんとカメラのお勉強をしたいなーとも、思っているけど何もしないままでいます。。アセアセ
 
うまくまとまらない終わり方ですが、こんなカメラを使って撮ってるよというお話でしたニコニコバイバイバイバイ


AD

コメント(4)